« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

また一つ・・・

年度末のこの日、また2つのローカル線が廃線となることとなった。一つは去年の秋にも訪れた、茨城県の鹿島鉄道、もう一つは宮城県北部の“くりでん”こと、くりはら田園鉄道、元の栗原電鉄である。今更モータリゼーションなどという言葉を持ち出すまでもなく、一家に1台所か一人1台クルマを所有するのが当たり前の地方部において、1時間に1本もやって来ないローカル鉄道の利用者など、通学の高校生かお年寄りしかいないというのは残念ながら事実で、所謂ローカル線鉄道がビジネスとして成立するのは困難なのだろう。

でもそれは日本に限らず先進国といわれる高所得国ではいずこも同じ筈。違うのは、政府の考え方。ローカル交通を提供するのは、交通弱者に対する政府の義務であって、税金を使って運営すべきものであり、それはそもそもビジネスとして成立しなければならないものではないと考えるかどうかなんでしょうね。まあ、それが「鉄道」でなければならないかというとそれは趣味性をさしおいても疑問ではありますが。

いくら鉄道は環境に優しい交通機関だとはいえ、新車で買えば1両数千万はするディーゼルカーが、大量の軽油を消費しながら殆ど空気輸送をし、それに保線だの信号だの駅員だのといった費用がかかることを考えれば、ハイブリッドのバスでも走らせておけばそれで十分だといわれても仕方がないかも。

というわけで、今日90年の歴史に幕を下ろす“くりでん”の最終日に合わせ、前々から約束していた、今は仙台勤務の同僚と飲むこととし、朝成田10:30発のIBEXエアライン運航のANA3131便で仙台へ。2週間前に開通したばかりの空港アクセス鉄道から久しぶりの東北新幹線でくりこま高原へ。バスに乗り継いで“くりでん”の沢辺駅へ向かい、尻押しまで出る大混雑のディーゼルカーで若柳、栗駒と周り、日暮れと共に小雨がぱらついてきたので最終列車を待たずに再度新幹線で仙台へ。

夜は現在は当地勤務の元同僚と駅前近くの地元の居酒屋で痛飲し、すっかり盛り上がり、次の旅行の計画に合意。最終1本前の電車で小牛田駅前のビジネスホテル泊。

Pict2492kurikoma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

新米はツラいよ。

3月もそろそろ終わり、GWまであと1ヶ月余りとなった今日この頃、落花生。の職場でも5月1,2日に関する攻防に火花が散らされつつありました。今度の直属の上司(T田さんとしよう)は、結構旅行好きで休暇もソコソコ取る人で、「こりゃあ休み取り易いんじゃないかな?」と思ったのが甘かった。自分が旅行する人って事は、こういう機会には自分も旅行したがるって事だ。

で、そのT田さんはその上司(課長代理)が休みをとったら自分は取れないとブツブツ言っていたのだが、今朝、課長代理はお子さんとの関係で、1,2両日は休まずに、連休明けに2日ほど休むことにしたらしく、T田さんは満面の笑み。で、裏担当の関係にある落花生。は、玉突きというか将棋倒しというか、1,2は出勤せざるを得ないことに。あーあ。落花生。はまだこの課に来たばっかりだから、強く出られないしなぁ。これなら旅行に全く関心がなく、「旅行?関心ない。休み?僕は取らないけど、君は勝手にとれば。」と言ってくれた前の班長の方がナンボ良かったことか。休暇と旅行に理解のある上司はイカン。敵だ。

さあ、もう半年も前から抑えていたGW初日28日~6日のマイル特典航空券、勿体ないけど日程変更だ。まあアワード券は1年有効・日程変更可能だから、夏休みにでも使うことにするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

まだ、お得意さまではない?

さて、今年の初めからANAのSFC目指して飛び始めた落花生。、今月の頭の八丈島ぐるぐるで既に20フライト(約6,400プラチナポイント)を達成し、年間50フライト&15,000P.Pに向けて順調な滑り出しをしたところです。

ところで、同好の修行僧の方々のブログを覗いてみると、年初早々に20フライトを達成したあたりから、本来だったら獲得するには30フライトしなければならないブロンズのステイタスを、事前にというか、お試しということで付与して貰えたという方がいるみたい。ありゃ?

確かに落花生。はもう20フライトしてるけど、最初の2,3カ月に20フライトしたら、自動的にくれる、というものではなさそうだ。なにせ落花生。のフライトの多くは、ANAグループではなくて、SQ、TG、OZといったスタアラ他社さんで稼いだもの。全日空さんにとってはどちらかというと他社さんのお客で、自分のところにそれほど乗ってくれてる訳ではない、お得意さんではないということなのかな。それでも30フライトすれば確実にトップページの表記も「Bronze」になるのだろうけど、それ以前に出てくるかどうか。楽しみにしときます。

Anatop070329_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

祝!(友人の)転勤

以前落花生。の課で仕事をしていた、元同僚(今はすぐ近くの親元に戻って仕事中)が、遠く九州の長崎に転勤になることになったと連絡があった。なんでも内示から4月1日の実際の転勤まで僅か2週間しかなく、その間に引越準備や引継など慌ただしくこなさなければならないという中、せっかくなので他の友人も交えて飲んで来た。

長崎のような市電が走る街というのは、落花生。も老後住んでみたいと思っているので、国内転勤の可能性が殆どない落花生。にとっては羨ましいことこの上なく、更には今年は修行中のみであることに鑑みれば、合法的な理由を付けて遊びに行くANA就航都市に行ってくれるなんて、なんて素晴らしいことなのだろう。しかも長崎といえば大好物の福砂屋のカステラがあるじゃないか!

今年は来週の仙台、大学で教えている学生時代の友人の居る沖縄、そして長崎と行かなければならないところが一杯だ。よくよく調整して超割・旅割など活用しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

異動になりました。

今日3月19日付で落花生。は異動になってしまいました。今の部署に来てから2年半以上経つので、ウチの職場的にはなんら不思議なことではないのですが、今まで在外事務所を含めて8年ほど経済協力関係の実務業務に携わってきており、このまま当分はこの路線で行くのだろうな。。。と思ってたら、今度は全然関係のない、在外事務所のバックアップ(予算、経理など)を担当することになり、青天の霹靂とは言わないまでも、全くの門外漢がこれからその道のプロの人達の中で渡り合っていけるだろうか、と若干不安です。

まあ、人事というものですから、これまでの仕事ぶりとか評判を見聞きして判断しているのでしょうから、きっと何とかなるのでしょう。そう思ってまた頑張ってみることにします。一つ心配なのは、休暇がとても取りづらい、ということです。あと当然のことながら、出張も少なそうかな・・・ (--#) ウーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

SUICAとPASMO

落花生。は通勤用の定期券を持っていないのです。というのも、地下鉄の定期券って結構高いのと、仕事の帰りに学校とか色々と寄り道する(たまには飲み会なども)と、案外元取れないのではないかとおもって。なので通勤は普段はパスネットだったのですが、今日3月18日から、首都圏の民鉄・バスの殆ど全てで、JRのSUICAと同じシステムの非接触型SFカードである、「PASMO」が導入されることになりました。

じゃあ、PASMO早速買ってみよー、とはならないんだな、残念ながら。だってSUICA持ってれば済む話でしょ。ただ、落花生。のSUICAは、ごく初期の、まだペンギンマークのついてない、コンビニとかで使えない奴なんです。それは不便だし、せっかくだからカードからのチャージでマイルを貯めたりしたいので、航空会社のカードとくっついてる奴にしようと思い、暫く待ってたんです。ところが最近のPASMO開始にあたっての広告などを眺めてみたのだけれど、残念ながら、PASMOと全日空AMCとが上手く繋がらないようなので、仕方ないのでJALカードとくっつけることにしました。こうやってドンドン航空会社やカード会社の戦略に飲み込まれて行くんだねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

お見事ではありました。

もうすぐお昼休みということで職場のデスクのネットでニュースサイトに目をやると、「全日空機、胴体着陸」という見出しが飛び込んできた。大阪伊丹空港から高知に向かっていた、全日空1603便ボンバルディアDHC8-Q400型機(エアーセントラル運航)が、着陸時に前輪が出なくなり、高知龍馬空港に胴体着陸したとのこと。NHKのサイトでは動画も掲載され、お昼のニュースでは当然トップ扱いだった。

このDHC8型というカナダ製のプロペラ機、静粛性を売り物に、退役した国産YS-11型機に替わって国内プロペラ路線の主力となっている50人乗りクラスの機体なのだが、以前より故障が多いというのは聞いていた。だから準備が出来ていたというわけでは勿論ないのだろうけど、何遍も繰り返して見た着陸時の画像には全く「お見事」というしかないというのは皆さん同意いただけることだろう。機内ではCAの方が乗客を危険性の低い位置に移動させ、機長は正常に機能している後輪をまず接地させ、可能な限り機体を水平に保ったままスピードを落とし、ギリギリになってから機種を丁寧に真正面を向いたまま接地させ、結果として乗客にはけが人の一人も出なかったという。

「ボ」社や国交省による事故原因調査がなされているようだが、勿論こんな事故なんか起こらない方がいいのに決まっている。でも人間が作ったもの、人間がすることなのだから、100%完全なんてあり得ない。という前提の元で大事なのは、いざ何か起こったとき被害を最小限に食い止めるための補完措置ではないのかと思います。今回の事故でも、機長や乗務員の落ち着いた行動、恐らくは緊急時を想定した訓練を積んできた結果、一人の犠牲者も出さずに済んだのでした。

その点を好感したのか、この日、全日空の株価は午後なんと上昇して引けたようです。

Q84pict2319_1

伊丹~高知線の同型機。先月落花生。も乗ったばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

日帰り色々。

特段予定のない日曜日。クルマも当分帰って来なさそうな見込みだし、お昼からは雨もやむとの予報でもあり、久しぶりに汽車でも乗ってみるか、と、今更ながら実は未乗だった房総の久留里線に出かけることにした。

目覚めたのが9時過ぎだったので、取り敢えず中央線で東京駅に出て、小雨降る八重洲口の向かいのバス停から、アクアライン経由君津製鉄所行きの日東交通バスに乗り込む。浜崎橋の手前で事故の影響で多少渋滞したが、東京湾を横断して木更津駅まではおよそ1時間、1,300円。早いし安い。毎時何本も走ってるようだけど、日曜だというのに半分ほどの着席率でソコソコの乗りなのもよくわかる。

Kururisen070311_11371

11:50分発の久留里線の2両編成のディーゼルカーは、この路線ではSUICAが使えないというので、久々に券売機で切符を買って乗り込む。首都圏では数少ないディーゼルカー&タブレット交換も残っており、更には全国でもここだけの珍形式となるキハ38型も走っているということで、最近では“鉄子”始めメディアへの露出もソコソコ増えてる。せっかくだから、変に無理して新しさを強調するような塗装じゃなくて、レトロチックな落ち着いた塗装にしてローカル線を売りにすればいいのにね。

終点の上総亀山まではおよそ1時間。駅前には一軒の食堂もなく、1時間後の折り返しで帰るか、13:55発の外房の鴨川行きのバスに乗るか。 他の下車客は、鉄とハイカー数名(地元の人はゼロ)、何となくみんな観光案内図を見て、自然と亀山湖の方に足が向く。15分ほど歩いた湖畔には亀山温泉と称する温泉ホテルがあり、日帰り入浴も受け付けているようなので、ちょっと高めの1,000円を払って茶色の温泉でひと浴びすることにした。ちょうど体育大学の野球部の学生が合宿できているようで、結構な混雑でした。

温泉ホテルの前からの鴨川行きのマイクロバスは旅行者風1名のみ。それでも途中のフリー乗降区間で数名の乗客の乗り降りがあったが、完全な赤字路線であることは明らか。鴨川日東バス、こんな路線ばかりでは経営キツかろう。東京とを結ぶアクアライン高速路線だけが頼りの大黒柱なのだろうな。

鴨川駅到着、その瞬間東京行きの特急がちょうど出発してしまった。次まで1時間待ち。それじゃあ、せっかくなので魚でも食べて帰るかな・・・。駅前に大きな看板の出ていた、徒歩5分ほどの「地魚の回転寿司」屋さんは結構な混雑で待たされつつも、この辺の郷土料理である“なめろう(小魚のたたきのような酒の肴)”を含め地魚の握りセットなど手頃な値段で美味しく頂きました。 帰りは新宿直通の臨時特急「新宿わかしお」号。週末臨ということで出発時はガラガラだったが、途中大原、上総一宮、落花生。の故郷茂原とドンドン乗り込んできて、結局ほぼ満席に。

Kameyama070311_1337

亀山温泉ホテル。昔ながらの造りで魅力的には見えないが、週末ともあって思ったより入っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 4日 (日)

もう1回来るかな?

4日。今日は11:55発、1日1本の大島行きに乗るので時間があんまりないので早起き。

朝食後チェックアウトして今度は昨日とは逆に島の南側を時計回りに進むことに。登龍峠からの眺めはまあいいとして、こんな一台もすれ違わないどころか沿道に家の一軒もない道沿いで休日だというのに盛んに土木工事をしてるのに呆れる。公共工事でもってる建設会社さんには申し訳ないが、職場の国交省から出向の人を小一時間問い詰めてみたい。

さておき、朝から海辺の無料の公衆浴場でひと浴び、続いて地元の爺さん婆さんの憩いの場となってる公営っぽい温泉でもう一回。最後にクルマを返す前にガソリン満タンにしようとスタンドに行けば、レギュラーなのにリッターなんと169円にビックリ。さすが離島価格。 いや~正直なところ、魚料理は美味しかったけど、マリンスポーツのシーズンではないと、実に何もない島でした。もう一回来るつもりになるかしら?

帰路のフライトは例によって20人以上のスタアラG会員優先搭乗も含めてほぼ満席のNH850便。大島から乗り継ぎの844便ではANA今月のスペシャルドリンク、“デコポン”を持ってきて貰い、八丈島空港で最後の一個を入手した島寿司に舌鼓。昨晩も美味しく頂いたこの島寿司、季節の魚(この時期はカジキ、メダイ、飛び魚など。)や岩海苔などをネタに使ったにぎり寿司なのだけど、ワサビのかわりにカラシを使ってるのがポイント。元々は漁師の保存食で、その方が日持ちがするんだって。

Shimazushi2385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

初ぐるぐる。

クルマも当分帰ってこないし、暫くは修行に勤しむことに。きっと修理代の見積が出てきたら怖くてお金使えなくなっちゃうだろうから、今のうちに。

というわけで、“八丈島乗継きっぷ”なる割引航空券を使って八丈島に行くことにしました。ここ羽田(HND)~大島(OIM)~八丈島(HAC)路線は、その航空券の路線単価本数から、西の対馬路線と並んで、航空会社の上級会員を目指す、所謂“修行僧”の方々が、一日に何回も同じ区間を飛んでフライト回数を稼ぐ、聖地みたいな所とされており、それを“八丈島ぐるぐる”と称したりしているようです。確かに、HND=OIM=HACとその日のうちに乗り継ぐ場合(OIM-HAC間は1日1往復しかないので、パターンは限られるのだけれど)に適用されるこの運賃だと、前日まで購入可能な11,300円で2フライト稼げるのだから、確かにコストパフォーマンスは高い。まあ落花生。は一日中飛び続けるつもりはないので、八丈島で一泊することにし、到着時に空港からレンタカーを1日予約して出発。

羽田13:25発の大島行きNH843便はエアーネクスト機材のB737-500。初乗りかも。大島で一旦全員降ろされ、同じ機材で運航の八丈島行きNH849便に再搭乗となるのだけれど、スタアラGの優先搭乗にやたらと大勢が集まる。数えてみると25人以上、たかだか130人も乗れないような便の1/5ほどがエリート会員ってどうよ。なんでも全日空は、この春の2カ月ほどの間に(現在上級会員資格のある場合、)20フライトするだけで来年度のダイヤモンド・ステータスを付与するとのキャンペーンをやってるのだとかで、この路線にそれを目指す方々が集中しているらしい。会社にとっては、空席で飛ばすよりは乗ってくれれば遙かに良いのだろうけど、こうやってドンドンエリート会員を乱発すると、上級ステータスの有難味がなくなっていっちゃうよね。

八丈島到着後は、そのまま東京行きに乗り継ぐ修行僧の皆様を横目に、空港に迎えに来てくれたレンタカーのToyota・Vitzで島内を一回り。無料の温泉露天風呂に入って、さあ泊まるところを・・・と思ったら、ビジネスホテルなんてものがこの島には全くないらしく、困ったぁ! オフシーズンということで民宿は人気がないし、男一人でペンションでもないし、段々日が暮れてきて心配になって来た頃、ようやく一軒の洋室のある宿を見つけてセーフ。 夜は島寿司、シイラ、岩海苔、島焼酎などでいい気分。帰りはタクシーの流しがない・・・。

B737500oimpict2371

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »