« 日帰り色々。 | トップページ | SUICAとPASMO »

2007年3月13日 (火)

お見事ではありました。

もうすぐお昼休みということで職場のデスクのネットでニュースサイトに目をやると、「全日空機、胴体着陸」という見出しが飛び込んできた。大阪伊丹空港から高知に向かっていた、全日空1603便ボンバルディアDHC8-Q400型機(エアーセントラル運航)が、着陸時に前輪が出なくなり、高知龍馬空港に胴体着陸したとのこと。NHKのサイトでは動画も掲載され、お昼のニュースでは当然トップ扱いだった。

このDHC8型というカナダ製のプロペラ機、静粛性を売り物に、退役した国産YS-11型機に替わって国内プロペラ路線の主力となっている50人乗りクラスの機体なのだが、以前より故障が多いというのは聞いていた。だから準備が出来ていたというわけでは勿論ないのだろうけど、何遍も繰り返して見た着陸時の画像には全く「お見事」というしかないというのは皆さん同意いただけることだろう。機内ではCAの方が乗客を危険性の低い位置に移動させ、機長は正常に機能している後輪をまず接地させ、可能な限り機体を水平に保ったままスピードを落とし、ギリギリになってから機種を丁寧に真正面を向いたまま接地させ、結果として乗客にはけが人の一人も出なかったという。

「ボ」社や国交省による事故原因調査がなされているようだが、勿論こんな事故なんか起こらない方がいいのに決まっている。でも人間が作ったもの、人間がすることなのだから、100%完全なんてあり得ない。という前提の元で大事なのは、いざ何か起こったとき被害を最小限に食い止めるための補完措置ではないのかと思います。今回の事故でも、機長や乗務員の落ち着いた行動、恐らくは緊急時を想定した訓練を積んできた結果、一人の犠牲者も出さずに済んだのでした。

その点を好感したのか、この日、全日空の株価は午後なんと上昇して引けたようです。

Q84pict2319_1

伊丹~高知線の同型機。先月落花生。も乗ったばかり。

|

« 日帰り色々。 | トップページ | SUICAとPASMO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/14290443

この記事へのトラックバック一覧です: お見事ではありました。:

« 日帰り色々。 | トップページ | SUICAとPASMO »