« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

今年もお世話になりました。

さあ今年も最後、年末31日になりました。今日は名古屋からの友人M澤さんと待ち合わせ、日帰りで近郊に出掛けたあと、年越しで飲みましょう!という事にしていたのだが、そのM澤さんのフライトが、なんと強風で欠航に。他社は離陸していっているのに、どうやらJALだけは基準が厳しいらしい。というわけで、仕方がないので今日は一人で年越しすることに。

というわけで、目指すのは近郊の水郷の街。上海駅を昼過ぎに出発する動車組・・・日本で言うところの、“電車”特急(中国では、大半の列車が、機関車が客車を牽引する形態で、(地下鉄以外の)電車やディーゼルカーは多くないのです)で小旅行に出発。今年春の6提速(ダイヤ大改正)で導入された動車組(CRH)のうち、日本製(東北新幹線E2系“はやて”型がベース)のCRH2は前回春に乗車済なので今回は他社製(独、仏、加の各社が競作した)でも良かったのだけれど、今回も現れたのはCRH2こと日本型車輌。M澤さんのお目当てはこちらなので、携帯メールで教えてあげる。

Crh2p1060289

CRH2和諧号。前回は仮営業中の160km/h運転だったけど、今回は250km/h運転!

定刻に出発した南京行D426次列車は、上海・蘇州と汽車に乗り~♪という名曲を口ずさむ落花生。を乗せ(といっても“汽車”というのは中国語では自動車のことで、落花生。が好きな奴は“火車”と書きます)、車内の電光掲示では249km/hを記録しながら快走し、30分ほどであっという間に蘇州着。

駅から川を挟んだところからバスに乗って、水郷の街の一つ、同里へ。大好きな雲南省の麗江の様な雰囲気を期待していったのだけれど、バスは開発された工業団地のような所を抜けて走り、1時間弱ほどでついたそこは、見事な観光地。まあ上海から2時間の所にそんな雰囲気など期待しちゃあいけないよね。上海近郊には有名な周荘などいくつかの水郷古鎮があるようですが、まあ、何処も同じような感じなのでしょう(別に批判してるわけじゃないです)。一カ所行けば十分かな。カメラマンの方の腕前に脱帽します。

Suigoup1060308

水郷古鎮「同里」。雰囲気は悪くないけど、中国の観光地はどこも人大杉。

帰りは蘇州からの動車組の切符が4時間近く後まで取れないというので、発売できる一番最初の列車だという1時間半後の普通快車の硬座の無座の切符を購入、駅の並びの食堂で一応地元の料理という「蘇州麺」と「周荘阿婆菜煎蛋」なるものを頂戴し、今年最後の晩餐に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

祝・50回!!

さあ、今日はこの1年間の集大成、スタアラ50回目のフライトは鹿児島→伊丹間のNH546便。ほぼ同じ時間帯に関空行もあったのだけれど、記念すべきフライトということで、スーパーシートプレミアム(SSP)を奢ってしまうことにして(関空行は73Kなので、SSP設定無し)ちょっとした贅沢。昼食提供便だし。

Sspgohan50thp1060273

SSPのお弁当。来年からはプレミアムクラスってのになるんですよね。

というわけで、日奈久温泉から高速をひとっ走り(天気予報では山の方では雪ということで、途中霙のような天気になってヒヤッとしたものの)、鹿児島空港へ。お初のSSPのお弁当も美味しく頂き、これで50フライト、来年度プラチナ確定!(の筈。)

伊丹空港からは、こちらもお初の大阪モノレールで千里中央、北急で新大阪へ向かい、関空特急“はるか”で関西空港へ。前々日になって突然取れた(ために、当初は廃止の決まった“なは”で大阪に向かうはずだったのを急遽変更し)夕方のNH153便の特典航空券で上海へ。ブロンズになってから、キャンセル待ちがやたらと取れ易くなったのを実感する。これでプラチナになったら、更に凄いのだろうな、と密かに期待。

Shanghai1231yakeip1060320_2

上海の夜景。途上国とか言う言葉とは無縁の、経済成長を象徴してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

さぁ冬休み。

年末、仕事納め・最終日の昨日は、最後の一人になるまで仕事続けて、これで心おきなく冬休み突入!というわけで、朝は早起き。少し早すぎるかな?と思いつつも、最近多い6:30発のリムジンバスで羽田へ。ところが帰省ラッシュの初日かつピークのこの日は朝の7時だというのに羽田空港は大混雑。今日は株主優待なので発券して貰わなければならず、延々40分以上も並んでようやく支払いを終え、搭乗券を入手。こういう時は、前もって旅行会社あたりで発券しておくべきだったね。

というわけで、49フライト目はスカイネットアジア航空との共同運航便、NH3771便で鹿児島へひとっ飛び。レンタカーを借りると、当初予約の1000ccクラスから1500ccの新型インプレッサ(福岡ナンバー)にアップグレード。例のキャンペーンの時にたくさん導入しすぎたのかな?

Kareigawap1060256

嘉例川駅↑と「かれい川」駅弁↓。

Kareigawabentoup1060263

先ず目指すは、築100年以上を数える、有形文化財にも指定されているという肥薩線の嘉例川駅。昨今のブームにのって綺麗に整備された駅には、週末には地元隼人町の駅弁屋さんが店を出し、地元の食材を豊富に使った駅弁が結構人気なのだとか。せっかくなので、ガネというサツマイモの天麩羅とあわせて頂戴することに。

今晩のお泊まりは、旅行仲間4人で、熊本県八代近郊の日奈久温泉。温泉自体はそれほど大した泉質・温泉街ではないのだけれど、今日のお目当てはこちらも明治43年創業と100年近い歴史を誇る建物の金波楼さん。最近この手の古いものとか産業遺産的なものにやたらと惹かれている落花生。、食事も質・量共に大満足。一つだけ苦言を呈しておくと、若い従業員さん、「こちらは○○になります」「こちらでよろしかったでしょうか」と見事に教科書どおりの今時の言葉遣いで、それはそれで酒宴のネタを提供していただき良かったのだけれど、老舗旅館としては、まぁ教育しておいた方が宜しかろうかと。

Kinparoup1060267

歴史を感じる金波楼さん。温泉街の名物は竹輪でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

ジャワ島のSLが能登へ?

若干旧聞になってしまうが、12日付ネット報道(北国新聞)に拠れば、石川県立大学の教授を中心としたグループが、衰退傾向にあるジャワ島のサトウキビ工場で使用されていたSL(のうちトラック化やDL化等で不要になったもの)を輸入し、既に廃線となったものの一部分がそのまま残されている同県内ののと鉄道の旧線路を活用してこれを走らせ、体験乗車や体験運転!等を通じ、地域活性化に繋げたいとの構想を持っているとのこと。

実現すれば、オランダなどの海外から輸入されたジャワ島のSLが海外に再輸出される発のケースとなり、注目すべき事例で、北陸信越運輸局もそれなりに前向きな姿勢を示しているとのことで期待されるところなのだけれど、幾つか気になる点があります。

例えば、以前台湾の製糖工場から輸入された蒸機が野辺山高原のSLランドで使われているのだけれど、元々のボイラーが危険だということで新たに不格好なボイラーを背負うことになってしまった事例や、

ジャワ島のナローSLは600mmや762mmといった狭軌なのだけれど、これを旧国鉄から引き継いだのと鉄道で走らせようとすれば、SL側か線路かどちらかを改軌しなければならないこと、

そしてそもそも、真っ青な空、常夏の太陽の下のジャワ島のサトウキビ畑と、(地元の方には失礼ながら)寒々とした灰色のイメージの奥能登がどうもマッチしないこと、

などです。。。

どうせなら、中国の炭鉱や林鉄のC2だったら、どうでしょう>>って、更に地味か。今後に注目してみたいですね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

PG.Kanigoroガイド

今回訪問した7つのサトウキビ工場のウチ、最後はやはりマディウン近郊のPG.Kanigoroです。今回は中部ジャワ州が中心だったので、ここカニゴロも含めて工場の入換用が殆どだったのですが、次回はスラバヤから先、バリ島方面の東部ジャワ、フィールドに出る線路が生きている工場を訪問したいと思っています。時期は8月下旬かな。また情報もないし、公共交通機関も不便なところ、さぁどうやって行きましょうかね。

Kanigoro_2 

【参考】PG.Kanigoro
 Madiun市内よりKanigoro行きのアンコッ有り。本数はあまり多くはない模様(といっても毎時何本もあるけど)。

Kanigoro6p1030855

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

PG.Pagotanガイド

今日の分は、東ジャワ州に入ったマディウン市の南郊にあるPG.Pagotanです。行き易い所で、事務当局もフレンドリーですが、ここも入れ換えのみでフィールドに出ないのが若干残念。

Pagotan_2

【参考】PG.Pagotan

マディウン市内から、南方面Ponorogo行きの路線バスがそのまま工場前を通る(頻発)。マディウンの市外バスターミナルは市内北方のPG.RejoAgungの東向かいにある。この工場の蒸機は残念ながら引退済だそうです。

Pagottan72

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

PG.Tasikmaduガイド

再びサトウキビ工場。PG.Tasikmaduは観光地ソロから近く、工場外の併用軌道や、名物キューロクもいるので、そんなにディープな旅じゃなくても行き易いと思います。

Tasikmadu

【参考】PG.Tasikmadu
ソロ市内とKaranganyarを結ぶ路線バスに乗る(頻発)。Tasikmaduに行きたいと言っておけば、T字路の入口で下ろしてくれるはずで、そこから北に1kmほど。バスを降りたところにはバイクタクシーが待っている。

Tm696002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

おまけのCepu森林鉄道。

PG.ではないけど、インドネシアに唯一残った森林鉄道、中部ジャワ州東端のCepu森林鉄道も訪問してみました。距離感は滅茶苦茶ですが、ご参考まで・・・

Cepu

Cepushako

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

PG. Sumber Harjoガイド

今回は中部ジャワ州北西部で4カ所のPGを訪問しましたが、最後はPG.Sumber Harjo。ここはフィールドに出る線路が一杯あるのだけれど、勿論全部を見たわけではないし、まともな地図もないので、そちらは無理でした。

Sumberharjo

【参考】 PG.Sumber Harjo  Pemalang市内Pasar Pagi Kotaから直通のアンコッ有り(頻発)。

Semberharjop1030622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

PG.Sragiガイド

3番目に訪問したPG.Sragiです。ここは鉄道でアクセスできます(本数少ないけど)。

Sragi

【参考】PG.Sragi  国鉄Sragi駅から徒歩で行くことは可能。駅西側の踏切を左へ南下、500mほど行ったところで商店街ごと右へ急カーブすると正面に工場の大煙突が見える。Pekalongan市内からアンコッ有り。またはPekalonganから西のPemalang方面行きのローカルバスに乗り、町外れの大きな橋を渡ったところで下車し、南へ分岐するT字路からSragi行のアンコッが発着(頻発)。スラギの街中で、上述の右急カーブのあとすぐに左折して南へ向かってしまうので、その地点で下車し、歩いてすぐ。

Dcsragi

PG.スラギの蒸機はもっと上手な方の写真がネット上には幾らでもあるので、国鉄スラギ駅のローカル列車の写真にしてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

PG.Pangkahガイド

2番目に訪問した、PG.Pangkahです。

Pangkah

【参考】PG.Pangkah 公共交通機関で行くには、前述のSlawiからアンコッ利用、本数は少ない模様。TegalからPangkah北方のBalamoa(Karang Jati)までのアンコッもあったが、BalamoaからPangkah迄の間が確認できず。ないはずはないと思うが・・・

Pangkah01sora

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

PG. Jatibarangガイド

今更ではありますが、昨年夏に訪問した、インドネシアのサトウキビ工場(Pabrik Gula)への行き方、工場の概念地図を作成してみたので、アップしてみることにしました。

ネット上にはインドネシアPGに蒸気機関車の写真を撮りに訪問した人の話や、素敵な画像は結構溢れているのだけれど、皆さん殆どガイド付、運転手付の借上車で廻っておられるようで、実際の所、どこにあって、どこから(最寄り駅は?)どうやって(バス便は?)行けばいいのかという情報が全くなく、公共交通機関利用が基本、タクシー利用・ガイドに大枚支払っての大名旅行は“キライ”という筆者的には困ってしまっていたところでした。

写真の腕のない落花生。、少しでも来年以降こういったサトウキビ工場を訪問する人の参考になればと思って、アップしてみます。仕事でやっているわけではないのであくまでも参考程度に扱ってください。また、間違い、追加情報等ご指摘いただければ嬉しいです。

では、先ずはPG.Jatibarangから。

Jatibarang

【参考】PG.Jatibarangへ公共交通機関で行くには、Tegalの市内から南のSlawi行き(頻発)のAngkot(アンコッと読む。スズキ・キャリー等の軽ワゴン車を使った所謂乗り合いミニバスで、Angkutan Kotaの略。地方によってはベモなどと呼ばれることも)でSlawi市内まで行き、でJatibarang行きのアンコッに乗り換え。

Jatibarangkikanko
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

てっぱく・デビュー!

 今年は少ないな。。。といいつつも、やはり12月、忘年会と称するあちこちの友人達との飲み会が続き、今日はとうとう大宮の先にまで出掛けることとなった。最寄り駅は新交通システム(のクセに運転士が乗務している)ニューシャトルの大成。というと落花生。の友人の過半数はピンとくると思うけど、10月に開館して予想以上の大にぎわいとなっている、「鉄道博物館」絡みです、ご想像どおり。
 飲み会の前にこれを覗いてから行きましょうと言うことだったので、待ち合わせ時間に合わせて新宿から湘南新宿ラインに乗ったのだけれど、赤羽を過ぎたあたりで列車は急制動。暫く停車(高崎線や京浜東北線など現地を通る全ての列車に抑止がかかったらしい)した結果、結局「置き石」があったらしく、15分ほど遅れてしまい、仕方がないので一人で中に入ってみた。
 一時期の大混雑は一段落したとはいえ、結構な人での“てっぱく”、いや、なかなか見応えがあります。展示された資料やビデオをゆっくり眺めていたり、体験型アトラクションの整理券に並んでみたり、展示された電車の中で、駅弁を食べたり(一人だから今回はしなかったけれど)していると、あっという間に丸一日経ってしまいそう。
 そんな中で落花生。が気に入ってしまったのは、博物館のメイキングビデオ。全国各地の車両工場の片隅や、静態保存という名の野ざらしになっていた貴重な車輌をここ大宮まで運んでくる一連の画像。で、その合間にはJR(ここはJRの運営なので)のテレビCM。JR20周年にあたってJR東日本が一時期流していたケツメイシの「トレイン」がBGMに流れるこのCM、雨の日も雪の日も、誰から誉められるわけでもなく(遅れた時には叱られるのに)、日々変わらぬ日常の1シーンとして、僕たちが必要とするときにはいつでも乗れるように、ただひたすら走り続ける鉄道というものの空気のような存在にあらためて思いを馳せる、とっても秀逸な作品だと思います。欲を言えば、落花生。にはない、“ふるさと”というものがあって、それと重ね合わせることができれば、もっと良かったのだけれど、これは鉄道会社の責任ではないからね。

Teppaku25782
 で、夜の飲み会は、この鉄道博物館近くの「大宮 大成 鉄道村」と称するスーパー銭湯+宴会場+ホテルの複合施設。ホテルは寝台特急をイメージした内外装で、朝食付6,000円ということで、話の種に泊まってみても良かったのだけれど、残念ながら今日は満室の由。食事はなんと言うこともなかったのだけれど、11人が「酒早く持ってこーい!」と騒ぐので、手が足りないのか、焼酎など1.8リットルの業務用パックをドンっ!と置いて、飲みたいだけ飲んで、余ったら持って帰っていいよ!という目を丸くするような対応でした(笑)。余らなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月14日 (金)

サラリーマンですから。

久しぶりに元の同僚に「エスニックを食べに行こう」と誘われ、仕事を早めに切り上げ。ずっと行きたいと思っていた神田のアフガニスタン料理、カブール食堂に行こうと思ったら、どうやら閉店してしまった由(ご存じの方、教えてください)。なのでいつもの赤坂見附のインドネシア料理、ジュンバタンメラに変更・・・しようとしたら、こちらは店の前まで行ってみたら、イベントで貸切でこちらも×。仕方がないので赤坂まで歩き、以前目を付けていた、ネパール料理「マンダラ」へ。ちょっと響きがインドネシア語にもあるね。

 羊肉(脳味噌も有)中心にモモやサモサなどのお食事や、ラッシーベースのカクテルなど美味しく頂いたのだが、それはいいとして、衝撃だったのが、実はこれまで5歳くらい年下だと思ってタメ口ききまくっていたその元同僚が、実は自分より年上だったということ。相当驚愕した顔をしたらしく、冷やかされたのだが、

 さて、大人のサラリーマン講座、こんな時貴方ならどうする。

1.ひたすら平身低頭しつつ、これまでの非礼を詫びる。

2.なにも動揺しないふりをしつつ、これまでどおりのタメ口で接する。

3.相手の方が年上なのだから、と次回からは奢って貰うことにする。

4.あぅー・・・誰か助けて下さい。。。 <(-_-)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

ようやくですね。

スタアラ50回の年も大詰めになって、この期に及んで、前々から加盟加盟と言われ続けていながらいつまでもみそっかす扱い(?)だった、中国国際航空(CA)と上海航空(FM)の2社が、スターアライアンスに正式加盟するに至ったようだ。

これまでは準加盟?という扱いだったのか、ANAのAMCでは提携航空会社としてフライトマイルこそ加算されていたものの、フライト回数は1フライトとは数えられず、これだけ中国に行った年でありながら、国内線のフライト分はスタアラ50回に全然貢献させることはできず、歯がゆい思いをしていたところだった(実際はスケジュールの関係で南方航空や東方航空が多かったんだけどね)。落花生。の友人の中にも、ANA上級会員を目指して飛び回っていたけど、中国国内線分が加算されないんだー、って雄叫びをあげていた奴もいたな。

まあこれからは、当然国内線はこの2社を使うことが基本となるだろうし、日中路線はANAやUAのマイルで特典航空券を頂戴できることになるのだろう。が、肝心のサービスはどうだろうか。ネット情報では、ソフト面では今一歩・・・というか、ハッキリ言って芳しくないこの両者、正式加盟が認められたということは、一定基準に達したということなんだろうけど、さあどうだろう。北京五輪を前にしてのご祝儀というか、下駄履かせたのかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »