« 今年もお世話になりました。 | トップページ | ベトナム最後の蒸機。 »

2008年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

このブログ、元々スタアラ50回を目指す過程を書き綴っていくつもりで書いたのですが、せっかくなので続けていくことにします。これからも宜しくお願いします。

というわけで、上海市内のビジネスホテルチェーン「錦江之星」で迎えた新年、元旦とはいえ中国は基本的に旧正月を祝うので元旦といっても多少の新年テレビ番組がやっている程度で、それほど大騒ぎをしている風でもなく、切符が取れづらいという状況にもないようだ。

今朝のフライトは朝07:30発のスターアライアンスにようやく正式加盟した去年だったら1フライトに数えられた筈の、上海航空FM9339便南寧行。上海到着時に浦東空港で購入したのだけれど、定価1,660元のところを税・燃油税込みで僅か650元だった。

Yougikanbusp1060329

憑祥から友誼関へ向かう乗合ワゴン車。6元。

市郊外の果てしなく遠い南寧のバスターミナル(タクシーで30元もかかった)から、高速バスで中越国境の友誼関へ向かうべく、国境の街。随分と飛ばし、国境の街憑祥まで2時間半ほど。30分前の1本前のバスに追いついてしまった。

今度は乗合ワゴン車に乗り換え国境の友誼関へ。国境越えはスムーズだったが、ベトナム側検疫でいきなり2,000ドンの手数料を取られる。南寧のバスターミナルで発車街の間に寄ってきた客引きから両替しておいて良かった。

Yougikanp1060389

友誼関国境。とてもスムーズな越境でなにより。

ベトナム側国境から、偶々客を国境まで乗せてきたタクシーでランソンへ向かう際、運転手に「これからタイングェンに行くんだ」と話をしていたら、ちょうど前方から向かってきたバスを手を振って止めてくれた。この辺りの融通の効き方は日本じゃ考えられないねぇ。

予想外に時間がかかり、接続が良すぎて食事をする暇が無く、お腹がすいたなぁ、と思っていたら運転手がミカンを分けてくれたりしながら、3時間少々で真っ暗になった頃にようやくタイングェン着。  

|

« 今年もお世話になりました。 | トップページ | ベトナム最後の蒸機。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/17666388

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます。:

« 今年もお世話になりました。 | トップページ | ベトナム最後の蒸機。 »