« あの名曲が! | トップページ | 三岐から三木へ。 »

2008年3月 1日 (土)

格安高速バスとは。

土曜日の午後、珍しく昼間っから電話かけてきた友人と話をしてるうちに、何処かに行きたくなってきた。そういえば最近、正式な路線バスではなく、ツアー会社がやっているやたらと安い高速バスが気になっていた。ネットでいくつか検索してみると、ハーベストツアーというところの今晩の名古屋行きが2,800円でまだ空席があるという。帰りの足をどうしようか・・・と1枚だけ手元にあった株主優待券を眺めながらグズグズ航空会社のサイトを見てるうちに、高速バスの方の残席が2席になったので、思わず申し込んでしまった午後3時。

出発集合は新宿に23:10だというので、22時過ぎに家を出て、近くのコンビニで支払いを済ませ、新宿西口へ向かうと、すごい人だかり。各社の格安高速バスがみんなこの辺りの路上で受付・出発するのだ。路上でこういうことやるのって、厳密に言ったら道交法との関係で問題あるんじゃないだろうかね。ともあれ、関西圏に向かう一番のボリュームゾーンの時間帯は既に過ぎているため、これでも多少落ち着いているのか。出発するのは名古屋・東海方面や仙台行きなど、比較的短距離便が多いようだ。

現れたのは、土浦ナンバーの青木観光という聞いたこともない観光バス会社の少々古めの三菱エアロクイーン。満席なのだが、一番最後に申し込んだからか、席は運転席直後の最前列。多少足元は窮屈で前方カーテンもないので多少まぶしくはあるも、後ろに押し込められるよりはいいな。ほぼ定刻に発車し、首都高速料金ケチって用賀まで下道で行くのかと思いきや、キチンと新宿インターから環状線をまわって東名へ。普通の夜行高速バスは3列シートが標準で、4人がけはさすがに窮屈だったのだけれど、出発直前にドタキャンが出て2人並びの空席があり、最初の休憩の海老名で運転手が落花生。の隣のおばさんに席の移動を勧めたため、そこからは2人分使ってゆったりになった。これなら楽楽だね。

しかし、2,800円が45席満席になったとして126,000円。高速料金にガソリン代、運転手さんの日当と受付のバイトさんの給料、旅行会社のマージンを引いたら、バス会社さん一体幾らの儲けになるのだろうね。

|

« あの名曲が! | トップページ | 三岐から三木へ。 »

コメント

尾崎俊史さん、
こんばんわ。コメントありがとうございます。
格安高速バス、乗務員の勤務環境とか、(ひょっとしたら整備状況も?)問題は色々あるらしいですね。まあ我々も途上国でもっとヤバイ交通機関随分乗ってるんで、今更なんですが・・・
そう考えると、夜行列車がやっぱり安心できるんですけれど、自分が最近どれだけ使っているか、と顧みると、「残せ!」と偉そうに言えるほど貢献してませんし、ねぇ。

投稿: 落花生。 | 2008年3月11日 (火) 23時40分

お久しぶりです。
私の住んでいる新潟でも格安高速バスはあります。新潟~東京新宿で往復7000円です。正規の高速バスは新潟~東京池袋で往復で9450円ですので、そんなに大差はありませんが・・
(新潟限定のムーンライトえちごの往復割引切符は7000円です。)
ただ、安全とかを考えるとどうしても正規の方が安心感があります。もし、大阪~東京を夜行で移動するとしたら、格安よりは高くてもしっかり休めそうな、JRバスのプレミアムシートにしようかなぁ?と思うのですが・・(夜行銀河の廃止はある意味困ります。座席車でも良いから残せなかったのでしょうか?)

投稿: 尾崎俊史 | 2008年3月11日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/40424241

この記事へのトラックバック一覧です: 格安高速バスとは。:

« あの名曲が! | トップページ | 三岐から三木へ。 »