« 格安高速バスとは。 | トップページ | 汽車の走るお店。 »

2008年3月 2日 (日)

三岐から三木へ。

名古屋駅太閤口へは定刻5時半の少し前に到着。05:30発の近鉄急行、伊勢の鳥羽行きに駆け込むと、4両編成ながら転換クロスシートの豪華仕様。これはいいね。関東圏はちょっとした中距離列車も新型は全部ロングシート化されつつあるというのに。

富田で三岐鉄道の西武線の中古車に乗り継ぐと、次の信号所で最近珍しくなった貨物列車とすれ違い。終点近くの藤原町・・・今は平成の大合併でいなべ市というところに大きなセメント工場があり、ここのセメントや石灰石などを運ぶ貨物輸送がここのメインで、旅客輸送は殆どおまけみたいな会社なのだが、最近この会社と地元のいなべ市が色々面白いことを始めつつあるので、気になっていたところ。

Nishifujiwarap1060634

三岐鉄道本線の元西武電車と保存SL。西藤原駅で。

終点の西藤原駅には、昔の蒸気機関車や電気機関車を綺麗に整備して保存、駅前には週末にはライブスチームが運転され、近辺からの家族連れが訪れてくる。駅も汽車を模した形に改造。また、途中の丹生川駅の近くには、国内でも例のない「貨物鉄道博物館」なるものが設けられたという。調べてみると、開館は毎月第1日曜日、って今日じゃない(^-^)//

終点の西藤原で一本落として駅前の保存機を眺めて折り返してきても、まだ朝8時。少々早くまだ博物館自体は開いてないのだけれど、目玉となる旧東武鉄道の1898年製のSLや蒲原鉄道や名鉄などの貨車、千葉から持ってきたシキ(長大車)などの屋外保存機、レストア中の貨車は眺めることが出来た。丹生川駅の駅員さん~正確には鉄道のOBに委託している方~は結構話好きかつ汽車好きで、自分の撮影した貨物列車の写真を駅舎内に飾り、貨物輸送の今昔話などを色々と聞かせて貰えました。

伊勢治田に一駅戻り、ほぼ並行して走る北勢線の阿下喜行きのいなべ市コミュニティバスを待つが、直前になって「日曜休日運休」に気づき、タクシーで移動。一旦街中の喫茶店でモーニングを食べて駅に戻ると、ちょうど駅の脇の辺りで動きがある頃合いだ。

Sangiminip1060669

三岐鉄道のナローゲージの小さな列車(右)と、そのミニ列車(左)

ここ三岐鉄道・・・皆さんご存じの北勢線は最近近鉄が廃止しようとしたところを、三岐鉄道が引き取ったローカル線。全国でも数少ないナローゲージで、幅の狭い小さな電車が走っている。この終点阿下喜駅の横では、最近四日市市内の公園に静態保存されていた昔の電車が里帰りし、有志のボランティアの方々のグループ「ASITA」の手によりレストア作業が進められる一方、同じグループが手作りのミニ列車を走らせたりと、なかなか楽しいことになっているようだ。こちらも今日が運良く月2回の活動日の由。

続々とクルマで現れてくるグループの皆さん、筆者ともう一組の来訪者は快く見学を許され、シートをかけられていた古い電車の補修作業が開始された。そんな中の一人、初老の男性は、なんとこの三岐鉄道の社長さんだそう(笑)。そんな人が社長さんでしたら、博物館作ってみたり、廃線になりそうなナローゲージ引き取ったりするわな。。。

Sangishachop1060676

古い電車をレストア中。梯子の上で覗き込んでいるのが三岐鉄道の社長さん。

北勢線自体は、特に末端区間の山越え区間、吊掛モーターを響かせながら登り詰めていく辺り、とってもいい雰囲気です。近くにあったらもっと頻繁に行くのに(^-^)

さて桑名からは近鉄特急で大阪の難波へ向かい、友人を呼びだしてお昼御飯。その後尼崎で途中下車の後、新快速で加古川、そして廃線まで後1カ月となった三木鉄道へ。もう夕暮れ間近と言うことでそれほどの混雑ではなく、各ボックス1グループくらいの乗りで、ほぼ全員がお名残乗車の家族連れやカップル、鉄っちゃんの方々など。地元の用務客は皆無で、これじゃあ、まあ経営成り立たないでしょうね。同じ市内からは一日中15分間隔で神戸電鉄の電車が神戸市内中心部に直通しているわけだし。

Mikifp1060706_2

あと1カ月となった三木鉄道。またローカル線が一つ消えてゆきます・・・

帰りは神戸空港からの全日空の最終便。この空港、せっかくプラチナになったのに、ラウンジ無しとのこと、あら残念。少々お腹が空いたので、空港二階の讃岐うどんで晩御飯。

|

« 格安高速バスとは。 | トップページ | 汽車の走るお店。 »

コメント

秋さん、
あ、ご無沙汰してます。奥様ご実家は、あちら方面でしたか。あの線も、営業係数などを見ると、今まで残っていたのが不思議なようなところでしたものね。寂しいですが、仕方ないといえば・・・
神戸空港は、伊丹の最終が速いので、仕方がないですが、あまりいい印象を持ちませんよね。なんか損した気分です。


投稿: 落花生。 | 2008年3月11日 (火) 23時37分

私が昨年末に乗った時も、全てその筋の方で、一般客は皆無でした…(^^;

妻実家に行く時は、行きは伊丹便・帰りは神戸便が多いので、神戸空港にラウンジが無いのは残念です。

投稿: 秋 | 2008年3月 9日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/40424525

この記事へのトラックバック一覧です: 三岐から三木へ。:

» 地球 特急 についてー 地球の旅… [地球 特急 のお話]
地球の旅・・・ [続きを読む]

受信: 2008年3月21日 (金) 16時51分

« 格安高速バスとは。 | トップページ | 汽車の走るお店。 »