« 案の定。 | トップページ | 下がってますね。 »

2008年3月30日 (日)

新線開業のハシゴ。

年度末も押し迫ったこの週末、東京近郊では2つの新路線が開業する事になっており、少し(週末の割には)早起きして、出掛けてみることにしました。

一つは、横浜市営地下鉄のグリーンライン。落花生。も帰国直後にホンのちょっとだけ住んでいたことのある東横線の日吉から、港北ニュータウン中心部で既存の市営地下鉄線とクロスし、横浜線の中山駅までのおよそ13kmを結ぶリニアモーター運行の小型地下鉄。東京の大江戸線と似たようなタイプで、規格が違うので、既存の市営地下鉄線(ブルーライン)や、もうすぐ日吉まで乗り入れてくる南北線=目黒線との直通運転は出来ない。

Image122green2

グリーンラインの車体には、「祝開業」のデコレーション。

この“はまりん”って、“みんくる”とビミョーに似て違うね。

10時半頃に日吉に着いた時点で既に開業記念切符(なんて久しぶりに聞く言葉だね。)は既に売り切れ、通勤新線ということもあり定期券売り場には結構な列が出来るのを後目に4両編成の小型電車に乗り込んでみると、まあ地下鉄の新線開業なんで景色を眺める楽しみがあるわけじゃない。港北ニュータウン中央のセンター北・南両駅では既存のブルーラインと乗り換えできるのだけれど、ホームの反対側で乗り換えられるような便利な造りにはなっていないのが少々先見の明無しか。新線区間では唯一の地上駅となる川和町と、まだ記念切符を売っていたセンター南で降りてみた後、中山から横浜線で町田へ。

発券窓口の列の捌きが拙かったので一緒に並んでいたオヤジと副駅長との肩書きをつけた駅員に文句を言う羽目になった町田からは、初めての地下鉄乗り入れとなった新型ロマンスカーMRE60000系でお昼御飯を食べながら北千住へ。毎日通っている霞ヶ関あたりの眺めも、リクライニングシートから眺めると、それなりに新鮮(か?)。

北千住からは久しぶりの常磐線で日暮里へ向かい、こちらも本日開業のゆりかもめ型の新交通システム、日暮里・舎人ライナー。こちらも夕方近いこともあって開業記念一日乗車券は売り切れ。妙なクロスシートの並んだ5分間隔の電車・・・といっていいのかな。ゴムタイヤ式だけど。はそれなりの乗りで先ずは終点見沼代親水公園駅へ。そういえばまだ建設中の頃にこの下の道通ったことあったな。

帰りは駅で配っていたパンフレットを見るまで全然知らなかった、途中の熊野前でクロスしている、これまた久々の都電荒川線の荒川車庫で保存されているPCCカーという昔の都電を眺めに寄り道。途中から雨になり、満開だった飛鳥山公園の桜を眺めていた人達が慌てて都電乗り場に押し寄せ、停留所は長蛇の列。あらら。

|

« 案の定。 | トップページ | 下がってますね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/40778424

この記事へのトラックバック一覧です: 新線開業のハシゴ。:

« 案の定。 | トップページ | 下がってますね。 »