« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月19日 (日)

もうちょっとでした。

秋晴れの日曜日、紅葉を見に行こうと誘われ、新宿から小淵沢行のホリデー快速で日帰り小旅行。やってきた電車は、215系というのかな、普段は湘南ライナーとして通勤快速的に使われている車両なので、座席は全然豪華じゃないけど、2階建ての普通車なんて、あんまり乗る機会ないからね。
 大月で乗り換えたのは、こちらも初乗りの「フジサン特急」。元はJRの165系急行車両ということで、これも久々。車内販売では「富士急行煎」と称する富士山を象った(雪の部分にはザラメや青海苔など)お煎餅やキャンデーなど、職場へのお土産にもってこいのものが。
 今日は10月14日の鉄道記念日が過ぎたばかりだという事もあり、河口湖の駅では「富士急電車まつり」という催しで、駅構内には鉄な方々、駅前広場には出店や踊りを見せる子供達など、結構なにぎわい。車内販売から貰ったスタンプ用紙にスタンプを押したら、ボールペンと手拭いのプレゼントに。

Ca6dfawp
河口湖駅前「モ1型」の前では地元の子供達の踊りが。

 駅前からレトロ調のマイクロバスに乗って目指したのは、西湖の畔のコウモリ穴。ここ富士五湖一帯はご存じのとおり青木ヶ原樹海が広がっているのだけれど、この樹海の中を、自然観察をしながら歩いて廻る“ネイチャーウォーク”というのがあって、これに参加してみることに。N口さんという駄洒落オヤジ(?)に連れて行って貰った1時間ほどの樹海歩きはなかなか興味深いものでした。エコだね。

 次に目指したのは、車内で貰ったパンフレットに載っていた、西湖いやしの村根場というミニ・テーマパーク的な施設。ここは、以前土石流災害で集落ごと壊滅状態となったところを、藁葺屋根の集落を復元し、地元の風俗や食べ物、手工芸品売り場、博物館などを設けている施設で、こんなの全然知りませんでした。地元の蒟蒻料理のセットや、デザートは手作り感満載のワラビ餅、子供達に混じって竹馬に乗ってみたり、外国人観光客もチラホラ居る中、鎧甲を着せて貰える(自分のカメラ写真を撮れる。勿論タダ。)施設など、入場料200円では十分満足な施設でした。

Ca7wvmmb
富士山を望む、西湖近くの「西湖 いやしの村 根場(ねんば)」

 最後は閉店間際の富岳風穴をちょっと覗いた後、日帰り温泉に浸かって、普通電車と大月からは「スーパーあずさ」で帰京。中央道経由の高速バスは満員お断りというのはびっくりでした。続行便出したり、しないんだね。
 あ、肝心の紅葉は、当然の事ながら、まだまだでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 9日 (木)

冬休みは。。。ですね。

帰宅して寝る前、メールチェックした後ふと徒然なるままにネットを眺めていたところ、全日空のサイトでAMCのキャンペーンが目に入った。年末の12月~来年の2月(国内線)あるいは3月末(国際線)迄の間、普段より少ないマイル数で特典航空券を貰えるというキャンペーンで、これまでも客足の落ちる時期には何度か行われているものだ。

で、中身をよく見てみると、これがなかなかいいかもしれない。というのも、落花生。、全日空の特典航空券を多用していたのは中国線。というのも、最近中国の炭坑あたりの蒸機を追っかけてしばしば訪中しているのだけれど、東南アジア線に比べると、中国線のPEXは往復で焼く15万円以上とやたら高く、格安券もなかなか安くならないんで、20,000マイルでゲットでき、格安券に比べると変更もし易い特典券はお得感高いんです。

で、今回のキャンペーン。中国国内への東京成田からの単純往復が通常20,000マイルが14,000マイル、場所によっては11,000マイルで往復できるそうで、日系はサーチャージが高いのはやむを得ないにしても、これは更にお得としか言いようがないですね。単に値段だけだったらCAやCZ等の中国系は遙かに安いんだけれど、こちらは時間が悪い(だから日系が強気なんだろうけど)。冬の中国線は、特に大連や北京などの寒い地域は、観光需要が大幅に落ち込むんでしょうね。

というわけで、冬休み、決まりですね。また去年と同じように、仕事納めの打ち上げを何処かの温泉でやって、それから飛んでいくのかな。森林鉄道も動く、炭坑の蒸機の煙豊かな満州か、ハノイに転勤した元上司が誘ってくれてるから、南の広州あたりから国境越えてベトナムも併せて行くのか。いずれにしても、2009年の正月は中国の何処かで迎えることになるんでしょう。いつまでも、それでいいのか、俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

ヘリコプター

朝から職場の窓の外では、訓練なのか、某役所のヘリコプターの離発着音がうるさい。
エアコンもつかないので窓開けっ放しのこの時期、部屋の中で仕事の話が出来ず、ある種殺意を覚えますね。タリバーンじゃなくても、撃ち落としたくなってくるね(笑)。
飛行機は、離発着空港側の規制の甲斐もあってか、時代と共に低騒音化が図られているといいますが、ヘリについても、これは焦眉の急ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »