« エアポート・エクスプレス in トビリシ! | トップページ | ご近所で大騒ぎ。 »

2008年11月13日 (木)

小休止。

 トビリシを早朝5時に出発したLH3215便、エアバスA319型機は、ほぼ定刻にミュンヘン空港到着。5Cをアサインされていたのだけれど、チェックインの際、この日は5列目はビジネスクラスだから、といってエコノミーの落花生。は6Cに変更された。欧州域内線のナローボディのエアバス機のフライトは、ビジネスといっても一時期のClub ANA Asiaみたいに、3列シートの真ん中の席をブロックして簡易テーブルを置いただけ、席の幅も前後間隔もエコノミーと一緒、予約数によってCとYとの境の仕切を前後に移動させるだけ、食事はちょっとだけ良いけど、なんて自分でお金出して乗ったらガッカリものが多いようで、このフライトもその類だ。
 なのだけれど、知らなかったです。そうやって使うことを前提に設計されているA320系列の機材の前方の席(=C扱いになり得る、前方10列目くらいまで)は、両側のシート(AとC、DとF)の内側の肘掛けの裏のスイッチを押すと、肘掛けが5cmほど、内側に横移動して、座席幅がその分広くなるんですね。勿論B・Dの席が空いていることが前提なんですが、お得感高いです。☆Gで前方席をアサインして貰えると、こういう特典もあるのね。

 で、ミュンヘンでの乗り継ぎ待ち時間は9時間半ほど。実はフランクフルトに飛んで乗り継げば、2時間ほど早く成田に戻れるのだけれど、単純往復の方が安いので、ということで経費節減の折、このMUC=NRT便のLH714便を待つことになり、せっかくなので市内に出てみることにしました。最初出発前は、レンタカー借りてザルツブルグあたりまで行って来ようかな?なんて考えなくもなかったんだけれど、ちょっと体力的に疲れ果てていたので、これはパス。
 結局Sバーン(近郊電車)で市内に出て朝食、小雨降る中、ドイツ博物館の交通分館の開館を待ちかねて見学し、Hbf(中央駅)で次々発着するICE等の列車を眺めながらビールとソーセージでお昼御飯。最後は空港に戻って☆ラウンジで一休み。
 さあ、成田に戻ったら職場に直行か・・・

Museump1080887
ドイツ博物館交通分館の館内。古いSLやICE試作編成などが並ぶ。

|

« エアポート・エクスプレス in トビリシ! | トップページ | ご近所で大騒ぎ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/43261443

この記事へのトラックバック一覧です: 小休止。:

« エアポート・エクスプレス in トビリシ! | トップページ | ご近所で大騒ぎ。 »