« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

まだまだ元気です 鶏西。

鶏西駅前の一泊100元の賓館で目覚めた朝。やっぱり寝床は動いてない方が疲れはとれるな。宿で朝食を出してくれなかったので、そのまま宿の前に停まってたタクシーで、市街地北方の城子河地区へ。

ここ鶏西の炭鉱鉄道は、街のあちこちに点在する炭鉱毎に国鉄との連絡線や発電所への引き込み線等、独自の路線網を広げており、その殆どでまだ蒸機が健在だ。
最初に訪れたのは城子河地区の砿洗煤鉱。いきなり踏み切りを横切る蒸機を目の当たりにしてテンションが上がる中、事務所正門前でクルマを下り、犬走りを下っていくと、北站と称する積み込み用のヤードが現れた。地元の人が生活道路に使ってるらしく、そのまま立ち入っても誰も不審がるでもなく、一台煙を上げるSY1545を先ずはゲットぉ。
暫くの後に炭車を引いて出発して行ったのを契機にデルタ線を南西に歩き、街を東西に横断する南站に向かう。途中築堤に上がると、遠方の車庫の中に、4両ほどの撫順の奴によく似た電機が見える。あぁ、ここももうすぐ陥落か!イヤ待てよ。この辺の線路には全然架線がないぞ。DLならともかく、ELはないだろ。何処か一カ所集中して電化されてるエリアがあるのかな。

暫く待ってみるが、残念ながら列車が現れる気配がないので、目標修正。デポがあるらしい東站まで歩くと、現れましたぁ! 出発を待つ蒸機が1,2,・・・全部で5台、一堂に会してます。こんな光景、今世界のどこにあるだろう。

Jixip1090008
5台の蒸機が1枚の画面の中に!

この日は続いて鶏西市内西方の滴道地区、午後は南の恒山地区を訪問。滴道はこちらも活発で数台のSYが走り回り、給水中の機関車の機関士がキャブに招き入れてくれたりととってもフレンドリー。残念ながら午後の恒山は、大晦日の午後という事もあってか動き無し。

それでも十分満足し、今宵の寝床は17:51発のチチハル行き快速N56次の硬臥中舗。車内売りのお弁当(10元)を夕食とし(東北だけあって、好物のトマト+卵の炒め物入り)、気づいたら0時を廻って2009年の新年を迎えていましたとさ。

今年も1年間お世話になりました。来年も宜しくお願いします。

Jixicab1090029_2
鶏西のSY1213のキャブに乗せて貰いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

ある森林鉄道の終焉。

朝5時半、吉林省延辺朝鮮族自治州汪清駅の朝は当然ながらやっぱり寒かった。
この街に来るのは二度目で、この駅が街から離れてるのは知ってるので、今この駅前に一日一往復の快速から降りた客を待ってたむろしているタクシー連中を逃すと、街への足がなくなる。慣れた地元の人達は次々と交渉してタクシーや軽ワゴン車に乗り込んで去っていく中、落花生。に声をかけてきた一人のタクシーの運転手。既に女性が二人乗車しており、市内中心部のバスターミナルまでは5元で良いというのですぐ了承。二人を市内のホテルと住宅街で先におろし、「バスターミナルは6時に開くからね」とちょうど6時直前くらいにバスターミナル着。お気遣い多謝です。

こんな所まで二度もやってきた目的は、前回確認できなかったここ汪清のナローの森林鉄道が、厳寒期だけ伐採木の運送のために運転している筈だという、ネットの情報を確認するため。7時になってノンビリ出勤してきた行季寄存のおばちゃんに荷物を預け、タクシーで森林鉄道・小火車の駅へ向かう。最初は話が全く通じなかった運ちゃんだが、どうやら朝鮮族の人らしいので朝鮮(韓国)語に切り替え(・・・落花生。はかつてソウルに2年ほど住んでいたことがあり、韓国語をまだ少し覚えているのです)、話を聞くことに。
が、駅に向かう途中の踏切で、愕然。そこにあったはずの線路が、綺麗さっぱり剥ぎ取られ、完全に無くなって居るではないか。去年来たときは、まだレールは走行可能な状況だった。駅構内には貨車も並んでいたし、車庫はキチンと閉鎖され、中には機関車が大切に保管されている事が伺えた。
だったのに、運転手氏によれば、レールは今年の5月頃に撤去されてしまったのだという。ネットで調べてみると、2008年4月15日付の競売広告が出されていた。1990~93年石家庄製の380馬力の機関車6台、平板車152両、守車(車掌車)4両、客車2両、そして支線や側線も合わせ138km分のレールが鋼鉄として売却対象となっていた。そして売られていったのだろう。何処か別の働き場を見つけることが出来ただろうか。そして、もうここに二度とナローの森林鉄道が走ることはないのだ・・・。

Wqnp1080985
レールの剥がされた踏切跡。また一つ細い線路が消えた。

寂しい気分のまま、昼過ぎのバスで所々凍った山越えを二回、寧安、乗り換えて牡丹江へ。そして夕刻17:55発の快速N71次の硬座で鶏西へ。駅前の賓館泊。夜、近くの羊肉しゃぶしゃぶ鍋屋で苦労して注文し美味しく戴くが、店長の女性とバイトの女の子、「日中友好のため」といって25元ほどの料理代(ビール1本含む)をどうしても受け取ろうとしなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

梅河口のSYは生きていた!

小雪舞う朝6時前の梅河口駅はまだ暗かった。
とりあえず出発待合室で夜明けを待ち、朝7時頃、明るくなった頃合いを見計らって駅前左手のバスターミナルへ移動、午後の長春行きの時刻を確認し、行季寄存窓口で荷物を預け身軽になって、さあ出発。

今日の目的地は、ここ吉林省梅河口(Meihekou)市の南西、紅梅鎮にある、遼源煤砿の専用線。紅梅鎭の中心、一砿でバスを降りて暫く歩くと、線路を跨ぐ橋が現れ、右手には炭車が並ぶ駅が現れた。が、一台だけ見えた機関車は、オレンジ色のGK型DL! あぁ、ここも落ちたか…
とりあえず市場の中の小径を下り、通勤列車用のホームに下りると、待ち人もいるので(手元の情報どおり)程なく列車が来る筈だ…、客レを待ってダメだったら退散しよう、と待つ事およそ40分あまり、炭鉱の通勤客を満載した列車は、なんとSYに引かれて現れた! マイナス10℃の冷え込んだ空気の中に、真っ白な煙を吐き出し、惜しむらくはテンダーファーストながら、何故か一日4往復の客レは蒸機の牽引で運行されていたのだあ。

Mhkp1080960
梅河口の四砿站にて、SY牽引の通勤用の客レ。

バスで3時間、長春に出て、夜7時時の普快2167次が今晩の宿。晩ご飯は餐車(食堂車)で20元の定食。
昨日は大連と瀋陽でこの列車の異地票の購入を試し、結果「没有(硬座のみ有)」だったんだけど、こここの列車の始発の長春駅では当日の夕方だというのに上舗ながら硬臥の切符をあっさりと入手。未だに中国の切符の割当制度はよくわかんない。昨日だって、大連では没有だったN175次の臥補が、瀋陽北では同駅からの乗車分の臥補がアッサリとれたりしたし。
さあ、二日続けての寝台車。少々シンドいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

さぁ、冬休み。

さあ、そんなわけで、今日から冬休み。
船橋から京成スカイライナーで成田に向かうことにして、東西線で西船橋に着いてみれば、信号機故障とやらで総武緩行線が停まっている。オッとヤバイぞ。すぐに東葉高速線に転進、勝田台から京成線の一般特急で成田入り。余裕を見て出発しておいて良かったよ。

で、大連行きNH903便にチェックインしてみると、今回はマイレージの特典航空券(しかもキャンペーンで14,000マイル)なのにも関わらず(それでも燃油サーチャージで\24,000以上払ってるけどね)、本日はエコノミークラスが満員だそうで、ビジネスにアップグレードして貰っちゃいました。やぁ、幸先良いね。さすがはPLT強い。
ところがこのフライト、出発の時点で25分ほどの遅れ。定刻12:10着の予定が12時半を廻ってしまい、直前に到着した関空からのJL便からの降機客の後塵を拝することになってしまい、入国審査は結構な列。まずは両替と、出発ロビーにあがって国内線の航空券を1区間分購入。

こっちも結構待たされたタクシーで大連駅に駆け込み、切符売り場にたどり着いたのは14時少し前。まずは今晩の宿第一候補、19:36発の吉林行き快速N175次の臥舗(寝台)の購入を試みるが、答えは「没有」。まあこれは想定の範囲内。替わりに14:35発の長春行き特快T531次の軟座を瀋陽迄確保。おっと、もう出発の10分前だ。中国の列車改札は、大体5分前には「停止検票」になってしまうので、急がなくちゃ。荷物を抱えて改札口に息を切らせて駆け込みセーフ。あぁ、普段の運動不足。

今回の最初の列車は、以前友人Y中と乗ったことがある奴だな。あの時は軟臥の“ヒルネ”使用したっけ。が、今回は寝台車は連結されてない模様。で4時間半ほどは実は初乗車となる「軟座」にしてみました。あ、CRH(和諧号:新幹線)は全車軟座(一等軟座、二等軟座と呼ばれる)だったな。あれは除きます。4人掛けと6人掛けのボックス席が並ぶ硬座に比べ、4人がけのボックス席が通路の左右に並ぶため、座席幅はゆったり。間隔も結構ゆったりして、落花生。の短い足では持て余すほどなのだけれど、クッションはゆったりしているとはいえ、所詮固定直角のボックス席。2人掛けのロマンスシート(昔はこう呼ばれていたのだよ)にすればよいのに。プライバシー重視の日本人といつ何時お喋り好きな中国人との性格の違いかな。

大連出発当初は各ボックス1人掛けくらいのゆったりペースだったが、途中の大石橋で半分ほどの座席が埋まり、次の鞍山ではほぼ満席に。ドンドン降りてゆくのかと思ったら、一仕事終えて省都瀋陽へ帰る人々が乗り込んでくるんだね。で、軟座が満席になるってことは、皆さん多少高い料金を払っても、結構ゆったりとした旅行空間を望んでいるっていうニーズがあるって事だね。

Nanzap1080917
お初の軟座の車内。ゆったりしては居るんだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

今年も無事終わりました。。。

 今日は最終日、仕事納めの日です。実は夏頃まで、29日(月)は当然出勤するものだとばっかり思い込んでたんだけど、周りに確認すると、今年は有給とらずして9連休という、とても良いカレンダーの並びなんですね。お出かけにはとてもいいのだけれど、まあその分出発・帰国日が集中して大変なんだけど、今やってる仕事の関係で、年末あるいは年始に1,2日くらいの有給をつけるのが難しいという事情もあって、まあ結論から言うと、まあいいかな。

 で、この日。案の定、年末の駆け込みで他課からの依頼事項がドタバタと押し寄せ、課内の調整と決裁、何回も突っ返されては再検討に時間を要し、結局職場を出られたのは23時過ぎ。夕食取り損ねたんで夜食を買って家に帰ったのはもう午前様。周りは忘年会帰りか楽しそうな酔客多数。
 まあ、それでも無事に今年中にしなければならない仕事は片づけられたんだから、良しとしなければなりません。自分にお疲れさま。来年も頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

宿直室のメリークリスマス。。。

年に1回くらいまわってくる宿直。ここ数年、GWだの3連休の真ん中だの、どうも巡り合わせは良くないし、前回は日直の人から引き継いだら1時間後にタイで飛行機が落ちて、安否確認の対応に追いまくられた悪夢が思い出された。

今回は、だ。クリスマス・イブをこの地下の宿直室で迎えるわけだ・・・ まあ、仕方がない。各課の持ち回りで宿直やってるんだけど、年末年始は当課の人達が当たってるんで、そっちに当たって旅行日程組み直しになるよりは遙かにマシだ。

で、案の定というのもなんですが、今回は、ギニアでクーデター。それからシンガポールで観覧車が止まって大勢が閉じこめられた。どっちも邦人の安否確認を要する話だ。そして夜中の3時半頃まで、時折かかってくる電話の対応でろくすっぽ寝られず、とっても体調よくない状態でメリークリスマス。もう、さっさと帰って寝たい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

時代の流れとはいえ・・・

寝台特急「富士・はやぶさ」、来年3月のダイヤ改正で廃止・・・
先日の0系新幹線引退の時もそうでしたが、最近では鉄系のニュースが結構一般紙の紙面を飾ることが多くなってるような気がします。そういえば、EF55引退なんてのも一般紙に載ってたな。

物心ついた頃から、毎晩東京駅から西へ向かって多くの寝台特急「ブルートレイン」が出発していました。長崎・佐世保行「さくら」、熊本・長崎行「みずほ」、博多行「あさかぜ」、山陰線の「出雲」、四国連絡の「瀬戸」、大阪行の急行「銀河」、そして鹿児島線経由の「はやぶさ」と日豊線経由の「富士」西鹿児島行き。「走るホテル」と称され、高度成長期には昼夜を問わず全国を飛び回るビジネスマンを運び、鉄道少年達の憧れだったブルートレインも、飛行機の相対価格の低下による大衆化、新幹線の延長、等様々な時代の変化を受け、とうとう終焉の時を迎えようとしている訳です。

両親の実家が福岡県内ということもあり、落花生。も小中学生時代に何回かこのブルートレインというものに胸躍らせつつ乗り込んだことがありました。盆正月の切符は相当にとりづらく、やっととれたスハネフの中段寝台、それでも嬉しかったっけなぁ。そのブルートレインの中でも「はやぶさ」と「富士」は、食堂車の皿洗い&車内販売のアルバイトで仕事で乗り込んだこともあるだけに、想い出はひとしおです。

確かに、今はサラリーマンとなり、時間の有効活用ということを考えると、東京発は終業時間前と早く、目的地には始発の飛行機の方が早く着いてしまい、更には早割や株主優待などの手段を活用すれば、実際金額的にも飛行機の方が有利なケースも多くなってしまうと、もう寝台特急なんて、敢えて趣味で乗るしか機会はなくなってしまっていたというのが正直なところです。

来年春迄の間は、さよならブームでそれなりの乗客が集まるのでしょう。最後にもう一回乗ってみたい気持ちはあるのですが、そんな機会もあるでしょうか。ブルートレイン自体は、今後上野発金沢行の「北陸」、羽越線周りの「あけぼの」、そして北海道行の「北斗星」のような観光列車が残るだけになるそうです。勿論お隣中国など外国に行けば寝台列車はまだまだ乗ることは出来るのですが、時代が変わったとはいえ、寂しいもんです・・・。

Fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

とれましたぁ!

さあ、あと2週間ほどで冬休み。今年はカレンダーの並びが良くて9連休です。で、最近の落花生。の仕事は、1月1日から開ける事務所の準備なんてのがあって、これはどこの職場でも同じだと思いますが、12月年末ギリギリまでドタバタして、1月2最初の営業日からはまた色々不具合が発生したりしてやっぱりドタバタするのは目に見えてるんで、年末年始のお休みには「前に1日」「後ろに1日」ずらしたりするのがとっても難しかったりします。
んなわけで、有給とらずして9連休で旅行できるというのはとても嬉しいのだけれど、そうするとこの一年で1番航空券の高い時期の一つである年末年始に、多くの競争相手と少ないチケットを奪い合わなければならないわけです。

そんな時期にマイレージの特典無料航空券なんて、甘いですかね。。。ただ、今回の行き先は冬の中国。観光客も激減する時期、中国線の主要顧客のビジネスマンの流動も少ない冬休み。で、全日空も所要マイルの減額キャンペーンをやってるとうことで、ダメ元で申し込んでみました、キャンセル待ちを。

で、とれましたよ。無事に。第一希望は冬休み初日の12/27発でしたが、これはさすがに難しく、第二希望の翌12/28(日)発の成田→大連、帰りは1/4の青島→成田。プラチナの威力かな。行きはホントは瀋陽の方が便利なんだけど、毎日飛んでないし。帰りは上海浦東発や杭州発なら取りやすかったのだけれど、青島で同僚と会う事にしてるので。

というわけで、行って参ります。今回は冬の中国、いよいよ残り少なくなってきた煙を求めて、吉林、黒竜江、内蒙古方面に行って来ます。零下20ン℃の世界らしいです。とりあえずユニクロのヒートテック買ってきますた。要はモモヒキの類なんで、格好いいもんじゃないですが、必需品でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

お疲れさまでした、0系新幹線。

今日は日本中の一定年齢以上の「鉄」の方々にとって、特別な日でした。
1964年、東京オリンピックの年に開業以来、半世紀近くの長い間走り続けてきた初代新幹線「0系」がとうとう引退することになり、山陽新幹線新大阪~博多間でさよなら運転が行われたのは皆さんご承知のとおり。

落花生。は、両親が福岡出身と言うこともあり、小さい頃から年に1回ほどの帰省の際には、随分この0系新幹線「ひかり」号で東海道・山陽新幹線を行き来した記憶があります。あのころは、シートがシルバーと青の、リクライニングしない転換シートだったっけ。
1980年代後半まで新造を続けられた0系新幹線の輝かしい経歴やその日本経済発展に尽くした役割は改めて述べるまでもないのですが、改めて最後の日を迎え、もう乗れないんだ・・・と思うと、感慨無量という気分です。

まあ、最近では最高速度300km/hで走行可能な新型車両も続々増えている中、最高速度210km/hの0系は、ダイヤ設定上の障害になるのだろうし、寧ろ今までよく残っていたな、というのが正直なところ。去年山陽新幹線「こだま」に乗ったのが、結果的に最後になってしまいました。車両が車両だけに、地方私鉄に中古で売却というわけにも行かないだろうし・・・ 今日の所は、素直にお疲れさまでした、と言ってあげたいと思います。
そういえば、今日の「Google」検索サイトのトップページは、こんなデザインになっていました。ちょっと気が利いてて嬉しかったですね。

0shinkansengoogletop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

やっと直った。。。

実はこの2週間、家でネットに繋げず、とっても困っていました。
先々週の週末、友人から電話があり「君の家のIP電話が繋がらないぞ」と言われ、調べてみると、突然NiftyのADSLでやっているネットも繋がらなくなっており、機械の表示が混乱して点滅している。
早速Niftyのサービスセンターに電話連絡したいところなのだけれど、夜中はやっていない、平日はそれなりに仕事が忙しく、サービス時間中に家に帰って状況を説明留守事も出来ず、やっと繋がって「故障ですね」認定を受けられたのが先週末。それから代替機を送ってくれたのだけれど、小包を受け取れる時間に家に帰れず、ようやくこの週末に郵便局(本局)に出掛けて受け取ってきたのが今日でした。

というわけで、このブログ、全然更新できてませんでした。ここ2週間の日記は、後から日付です。スミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

電車の走るお店 @新宿3丁目

金曜日、古い友人から誘われていた飲み会には出遅れて参加できず、それでも21時頃には仕事が一通り落ち着いたので「帰ろうかな?」と思っていたら、課内の先輩に軽く飲んでいかないか、と誘われた。方向が同じだったので、自然と足は新宿へ。特段店のあてがあるわけではないそうなので、前に友人から聞いて気になっていた店へ行ってみることにして、新宿3丁目で下車。

 今日のお目当ては、LAF Barという名前で、店名に「The Midnight Express」とのサブタイトルがついていることから判るとおり、お店の方が所謂鉄道好きな方。なのですが、店に入って出迎えてくれたお二人の・・・女性?いや最近市民権を得てきた、所謂ニューハーフの方が二人で切り盛りしているお店。この方々も「鉄子」さんなのかな?

 細長い店内、ガラス張りのテーブルの中にはNゲージの鉄道模型と、鉄道模型の走るお店としては最近東新宿にも支店を開店した銀座「パノラマ」が有名だけれど、こちらは、お酒を注いでくれた目の前には歴代の日産スカイラインGT-Rの模型。いろんな意味で両刀遣い(笑)
 話しかけてみれば、自作のご自慢のレイアウトの話もクルマの話も色々してくれるし、こちらが職場の話をしているとそこは静かに放っておいてくれる。まだパノラマさんほど有名でないのか、後から入ってきたお客さんは、女性の二人連れとサラリーマン風の2組だけで、あちらのように若い頃からの鉄なオッちゃん達が気炎を上げている風でもない。
 ちょっとお腹がすいていたので、今日のまかない生姜焼き定食(\1,000)とおつまみ、ハーフボトルのワインを2本空けて1万円少々。パノラマよりは多少リーズナブルかな。

Lafcavh1ago2
テーブルの下には線路が走る店内。車両の持ち込みもOKの由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »