« 雪に振り回されました。 | トップページ | ディリでリゾートする日。 »

2009年1月29日 (木)

大幅減便ですか・・・

昨日から今日にかけての報道に拠れば、航空2社はこの2009年度から、国内・国際線とも大幅減便・路線廃止なのだそう。昨秋以降の世界的な景気の減速というか大不況に鑑みれば、営利企業としては不採算路線の廃止というのは仕方がないことなのだろうか。

日航では関空-ロンドン線、関空-女満別、帯広、釧路、青森、旭川各国内線の廃止、全日空では中部-天津、広州、関西-大連、瀋陽線の廃止、と特に関空関係路線の廃止が多いようだ。ドル箱であったはずの中国線までガタガタ崩れちゃってる。落花生。の関係では、ここ数年何回も使わせて戴いている大連、瀋陽方面が不便になるのが個人的には痛いかな。それはさておき、今回の不況が特にどのあたりに影響が大きいかがよく判ってきますね。

 

|

« 雪に振り回されました。 | トップページ | ディリでリゾートする日。 »

コメント

尾崎俊史さま、
いつもご覧戴きありがとうございます。落花生。も、関東在住の割には関空便は以外と使っているので、不便を被る利用者の一人かもしれません。関空は特に地方からの乗り継ぎの方があってこそ成り立つみたいな部分があったようですが、伊丹(国内)や中部(国際)との食い合いは酷だったようですね。

韓国ウォンの暴落は、落花生。の在勤していた1998年アジア経済危機の時代を彷彿とさせるものがあります。当時は家賃の敷金が戻ってきたら激減しており涙した記憶があります。最近海外からのインバウンド観光客に依存する部分の大きい国内観光地はキツいでしょうね。他方、不況だといっても、海外旅行に退去して出掛けられる日本人はまだ体力があるということなのでしょうか。

投稿: 落花生。 | 2009年2月 8日 (日) 16時18分

2009年初の書き込みです。

こうして見ると国内国際関係無く、廃止や減便が多いので今後が気になります。特に関空系の路線が無くなっているので、「これからどうなってしまうのだろう?」と不安になります。利用客にとっては辛いでしょうし。

幸いにも成田や羽田は大丈夫とは言え、今後の景気や利用客の減少次第では減便や廃止もありえます。羽田金浦の日韓シャトル便も円高ウォン安の現在では日本人客の方が多くて韓国人客の少ない状態では多少不安な点もあります。現に旧正月の時期に日本を訪れた韓国人は前年より減ったそうです。
新潟ではスキー場を訪れた韓国人観光客は昨年は会社の団体客が多かったのですが、今年は金持ちの少数客になってしましました。この前母が新宿伊勢丹に行ったら、地下の食料品売り場の入口で韓国人観光客が弁当を買って食べていましたそうです。「でも、このウォン安で日本に来る事が出来ただけでも、恵まれている方じゃないか?」と言っていました。
この先どうなるか、不安です。

投稿: 尾崎俊史 | 2009年2月 2日 (月) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/43911578

この記事へのトラックバック一覧です: 大幅減便ですか・・・:

« 雪に振り回されました。 | トップページ | ディリでリゾートする日。 »