« ティモールのコーヒー、如何ですか? | トップページ | 有給無しでも・・・、旅先の夜。 »

2009年1月16日 (金)

「ハドソン川の奇跡」と呼ばれるみたいです。

いやぁ、出勤前に朝のニュースを見てびっくり。
NYのハドソン川にエアバス機が墜落したとのこと。
出勤してから次第により詳しい状況が報道されるようになってきて、犠牲者が出てないというのは驚き。
最初は誰もが一瞬9.11の再来かと思ったけど、どうやらエンジンに鳥が入ったのが原因じゃないか、ということで、テロの心配はなさそうでヤレヤレ。

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200901160001.html

恐らく機長は、出発地のラガーディア空港に戻れないと判った時点で、先ずはニューアーク空港に行こうとしたんだろう。で、途中でそれすらも無理だと判った時点で、乗客の命を助けつつ、かつ地上の人々にも犠牲を出さないようにとの考えから選択したのが、この河の中への不時着という手段だったのだろうけれど、それを100%の結果を出したのだから大したものだ。
今報道番組ではこの機長を最大限称えるような報道ぶりになっているが、正にそのとおりで、一部パニックになった乗客が我先に逃げ出そうとしたり、機内で救命胴衣をふくらましたりしたらしいけれど、この機長は最後にキャビンに乗客が残っていないことを確認した上で最後に脱出したとのことで、いかにもアメリカ人が喜びそうな英雄ストーリーだ。

バードストライクといえば、先日全日空の機内で見た映画「ハッピーフライト」。
あれも原因は、羽田で(取材を装った)愛鳥団体の妨害で滑走路付近からの野鳥の排除が適切に行われず、鳥が機体に当たってセンサーを破壊したのが原因だったっけ。

いずれにしても、仮に原因が鳥だったとしても、もし万が一どこかのビルにでもぶつかっていたら、世界中が凍った事だっただろう。
仕事で飛行機に乗ることもそれなりにある落花生。、飛行機事故は避けようと思って避けられるものではないけれど、いざという時に冷静沈着でいられる機長さんに恵まれたいもんです。

|

« ティモールのコーヒー、如何ですか? | トップページ | 有給無しでも・・・、旅先の夜。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/43771070

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハドソン川の奇跡」と呼ばれるみたいです。:

« ティモールのコーヒー、如何ですか? | トップページ | 有給無しでも・・・、旅先の夜。 »