« ディリでリゾートする日。 | トップページ | 珍しい駅弁。 »

2009年2月 7日 (土)

中華街にお散歩。

 金曜日、職場で後輩と「フカヒレを食べに行こう」という話になり、その後仕事が終わらずお流れになってしまっていたのだけれど、頭のなかはすっかり中華モードにスイッチが切り替わってしまった。
 で、今日。いつもお世話になっている川崎のストリーフライフさんにクルマを車検に出し、そのまま東横線で横浜に直行。みなとみらいに寄り道した後、市営バスで中華街へ。
 例の中国食材問題で客足が遠のいているのかと思いきや、寒空の下、結構な客足。
あちこちから呼び込みの声がかかるので見ていくと、中国にないはずの天津甘栗や、各種の饅頭、タピオカ入りのドリンクや腸詰めの串焼きなど、どれも結構魅力的。幾つかつまんで満足して帰りました。
 あ、予想どおり、またどこか出掛けたくなっちゃった(笑)
Chikagaiimage0631

|

« ディリでリゾートする日。 | トップページ | 珍しい駅弁。 »

コメント

尾崎俊史さま、
いつもコメントありがとうございます。
 中国食材は、そうですね。旅行に行った時にお土産を買って帰ってもあまり食べて貰えないという副作用があったくらいでしょうか。他の先進国でも中国産食材は沢山入っているのでしょうが、そういった諸国でのメディアの取り上げ方を、日本国内のメディアは伝えて欲しいものです。あれだけセンセーショナルに煽ったのが、世界標準に照らしてどうなのか、という視点から。
 昨今の不況と円高により、外国人観光客が減少しているというのは、スキー場やゴルフ場、温泉などの話を伺うに確かにそうなのでしょうね。ただ東京にいる限り、(秋葉原に行く機会は殆どないのですが)新宿あたりでは相変わらず町中で道行く人は外国語を喋っている人が数多くいて、実感としては・・・よく判らないというのが正直なところでしょうか。
 

投稿: 落花生。 | 2009年2月22日 (日) 11時52分

実は私も夕方に中華街に行っていました。
今回上京した目的は、7日に東京国際フォーラムで公演していた「タイタニックthe musical」を見に行くのと、8日にサンシャインシティで開催していた「サンシャイン・クリエイション」という同人誌イベントに行くのが目的だったので、横浜中華街はランドマークタワーでの鉄道模型のイベントを見た次いでに行こうと思ったからです。

週末と旧正月の時期も重なったせいか、人出は多かったですね。私はお昼と夕食を兼ねて「へいちんろう」の飲茶コーナーで食べたのですが、夕方5時過ぎにも関わらず、大盛況でした。久々に食べて美味しかったです。お粥の美味しい「謝甜記」も好きなお店です。
あの人出を見ると、「結局、中国産食品問題は何だったのか?」何て考えてしまいます。

その一方、午前中に模型店巡りに立ち寄った秋葉原では、円高と世界的不況のせいか、外国人観光客の姿が少なくなったと思いました。ちょっと前まで、免税店の前に観光バスが停車し、とりわけ韓国人や中国人等のアジア系外国人が買い物していたのが、印象的でした。欧米人はアニメやゲーム系に関心が高かったです。これらの買い物目当ての外国人が少なくなりました。
まぁ、日本人も不況と記憶に新しい昨年の無差別殺傷事件以降、あんなに盛り上がったアキバブームも沈静化し、買い物客はやや減少傾向だそうです。ただ、事件以降メイド喫茶に一見さんの客が多く訪れたそうです。あの事件でアキバに興味を持った人がいたという事でしょうか・・・
それでも、秋葉原は何とか頑張っています。この前「おもいっきりイイTV」で「みのもんた」がついにアキバデビューしましたし。(笑い)

街並み一つでも、場所によって、違うものですね。
落下生さんはどう思いますか?

投稿: 尾崎俊史 | 2009年2月12日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/43996932

この記事へのトラックバック一覧です: 中華街にお散歩。:

« ディリでリゾートする日。 | トップページ | 珍しい駅弁。 »