« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

インドネシア好きな皆さんと。

 今日は以前インドネシア語を教えて貰っていたことのある日本語ペラペラのインドネシア人Aルビーに誘われ、突然の大雨に降られながら、以前彼の結婚披露宴もやったことのある、渋谷のインドネシア料理店「モンキーフォレスト」に出掛けていった。

 エカラサと称するこの交流会?、あちこちの語学サークルやSNSなどを中心に知り合った インドネシア好きな皆さん(と今回は数名の在日インドネシア人の方)が50人ほど集まり、留学体験、インドネシア人看護士・介護士問題のプレゼンや、インドネシア国内数カ所の踊りの披露などがあったのですが、インドネシア好きと言っても語学のレベルは勿論様々、バリ島が好きな人、色んな分野でのNGO活動や文化活動をされてる方々や、論文を書いてる学生さん、職務命令で語学等勉強しているウチに誘われてきてしまった某当局の方など多種多様な人達が集まっており、面白かったのはその多くが友人連れではなく単独でやってきてたということ。この場で知り合って今回2回目です、とか。
090531_1632221
色鮮やかな民族衣装で踊りを披露してくださった皆さん。by933SH

 落花生。の周りには、仕事でこの国と深く付き合ってる人は居ても、あんまり普段から旅行したり料理を食べに行ったりというつき合い方の出来る友人が居ないので、今回は友達の輪を広げられて良かったのではないかと。Aルビーさん、誘ってくれてテリマカシ。

 メインのイベントのあと、10人ほどが残ってそのままレストランで二次会へ。ビンタン・バリハイの二大ビールとアラックで気分良くなって帰ってきました。あぁ、今週も4日連続で飲んでるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

携帯買い換えました(^-^)

発売されたばかりの2009年夏モデルに買い換えてきました。
って書くと、すごくミーハーなITヲタ的な印象を与えてしまうかもしれませんが、待ちかねていたんです。かつて4年半前に日本に帰国した直後に、当時カメラ機能は最高峰といってもよい、光学ズーム・320万画素のSHARP製903SHというモデルを自慢にしていたのですが、旅行先の中国でスラれてしまい、セーフティリレーで再度手にした同型機は、今度は地下鉄の桜田門駅で階段を駆け下りて駆け込み乗車をしようとした際に、腰のフォルダーから飛び出してホームから線路に落下、そこに電車からのエアコンの水が直撃して水没してしまわれたのでした。で、その後は同級機種がないということで廉価版のモデルでもう2年近くの長いこと我慢してました。

別にその間それなりの性能を持った機械はあったんで、買い換えても良かったのですが、今ひとつ食指が伸びなかったんです。というのも、落花生。的な使い方は、休暇旅行中も職場から電話が入ってくることも多いので、GSMローミングは必須(できればSIMロックなしがいいのだけれど、日本の現状では全く期待できない)、これに光学ズームの着いた高性能カメラがあれば結構それで十分で、ワンセグは不要(通勤は地下鉄なので)、おさいふケータイも(落としたときのリスクを考えると)不要、スタイルとしては2軸スイーベルが好み、ということで、実際の所、欲しい!と思えるモデルがなかったというのが正直なところ。

で、今回のSHARP・933SHです。光学ズームこそついてないものの、1,000万画素という高性能CCDカメラを搭載しており、これならデジタルズームで多少画質が悪化しても、320万画素光学ズームと比べても遜色ないだろう。何せ4年分のアドバンテージがあるのだし。他の色んな機能は正直勿体ないくらい。クルマみたいに、機能をオプション・レスオプションで選べるようにしてくれればいいのだけれどね。
 だって、これだけの高性能を全部盛り込んだ機体、お値段も相当なモノになるんですよ。本体をそのまま購入した場合の価格は95,520円!ってもう10万円ですよ。買える人居るのかよ・・・というわけで、昔から携帯の本体は安い・使用料は高いと言われている文化の日本ですから、殆どの顧客は当日支払ゼロ円で持ち帰れる新スーパーボーナス割賦販売を利用するわけです。新宿西口のSoftbankショップとヨドバシカメラのいずれもこれを当然の前提としており、受付では当然「実質のご負担額は~」というところから話が始まる。「一括購入の場合は、」との質問には、焦ってアワアワ・・・という感じ。
 落花生。も勿論お金持ちな訳ではないのですが、色々検討してみました。Softbankのポイントが15,000円分ほどあり、一括払いにすればこれがそのまま値引きされ、ヨドバシのポイントもパソコン買った時のなどで結構な残額が残ってました。普通に割賦販売にするとこれは生かせないし、残額をEdyで支払えば、現金払いと同じ10%のポイントもつくから、充電ホルダーやマイクロSD等の付属品はこの分で買える。スーパーボーナス24ヶ月間の月々割×2,000円=48,000円分の実質値引きは割賦も一括でも同じだ。

というわけで、一括払いして買って来ちゃいました。電車の中からセッティング色々弄って遊んでますけど、初めてのタッチパネルを含め、慣れるまでには相当かかりそうです。でも楽しいですね。暫くは自慢のタネになります。
今度はスラれたり落としたりしないように気をつけないと。
090531_1124461
携帯カメラで実機を撮るのは難しいので、パンフの写真で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

今日も飲んでます。

 今日は大雨。なのですが、仕事も20時頃には一段落したので、職場の同僚・後輩ら4人で大久保に焼き肉を食べに行くことに。なんだかんだ言って2ヶ月に1回くらい来てるような気がするな。
 このところ暫くの間、豚インフルエンザに振り回されてきてた経緯もあり、(で、先日はメキシコ料理で克服を目指し、)今日は豚縛りで豚克服!というわけで、今日の炭火焼き肉メニューはサムキョプサル、テジカルビ、豚トロなど。で、そのうち飲み物がマッコリに変わる頃、後輩の女の子2人は「マッコリ飲めませーん」って、注文する前に言ってくれ。
おかげで勿体ないお化けが出ちゃうので、必死で飲んでたら、もう帰りの電車の中では結構フラフラ(またかよ)。お見苦しいところを見せかかってました。明日も仕事あるのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

最近続いてます。

 今日も10年来の後輩に誘われ、3人で晩ご飯。しかもインドネシア料理、って、最近この分野、多いな。新宿というご指定だったので、手持ちから選んだのは、西新宿・野村ビルの地下のレストラン街にあるバリラックスさん。
 日曜の夜、しかも若干早い時間から食べ始めたので予約無しでも問題なく、ちょっと屋外のオープンスペースに面した(夏だったらエアコンが効かないかもしれない)席を問題なくとれたのだけれど、ふと気づいて店内を見渡してみると、例によってバリ風の内装・調度品で揃えた店内は殆ど満席だ。
 という訳で立地(所場代)を考えればそれ相応、一昨日のラキラキに比べれば遙かに洗練され、悪く言えば日本人向け(量も少な目)のお店だったのだけれど、沢山飲み食いしなかったこともあって適当なお値段、味もマアマア、特に久しぶりのソトアヤムがお気に召しましたが、メニューにパインセオ(ベトナム料理)だのトムヤムクン(タイ料理)だのがあるのはちょっと戴けませんなぁ。
Balilux0581
途中で気づいたんで、食べかけでスミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

久しぶりのインドネシアご飯♪

 昨日は金曜で週末を前に例のインフルエンザ対応ある程度目処をつけてないと帰れないのだけれど、なんだかんだ言いつつも先週も22時くらいには職場を出て有楽町のメキシコ料理(笑)バーで同僚と飲んで帰るくらいの余裕もあったので、この日も前々から「アジアご飯行こう」って約束してた後輩とインドネシア料理に。先週はタイ料理だったけど、二人ともパクチー苦手だから、こっちの方がいい。
 で、今回は以前怪しい日本語ペラペラのインドネシア人Aルビーに連れて行ってもらった、神田のラキラキ(Lakilaki)へ。インドネシア語では、「男性」を意味するのだけれど、店名としてはどうだろう。どうせなら「女性(特にカワイイ)」とかにしておかないと、男色家が集まっちゃいそう??

 いずれにしてもこのお店、週末の夜には在京インドネシア人が集まるお店らしく、お味の方は現地流。量も多めで安い。店員はインドネシア人とインドネシアが好きな日本人のバイトさん。定番のビンタンにバリハイの両ビール、蒸留酒アラックを割ったカクテルを2,3杯飲んだら、もう結構来ちゃいました。自宅がTX線の流山だという後輩の終電にあわせて店を出て中央線に乗り込んでみるともうフラフラ、無事に家まで帰れて何よりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

旅行気分で。

GWの旅行が中止になってからというもの、脳が求めているからか、普段の昼ご飯や週末など、所謂エスニック料理を食べに行く機会が増えているような気がしてます。職場のすぐ近くの霞ヶ関ビルの地下のレストラン街が改装され、タイ料理店がオープンしたのが輪をかけているのかな。

で、この週末。横浜みなとみらいのレンガ倉庫街では「アフリカンフェスタ」が、そして代々木公園では「タイフェスティバル」が開かれているという情報を入手。昨年は1週間くらいずれていたんじゃなかったかな。今年は同じ週末土日かけて行ってみようかな・・・、一応新型インフルエンザの関係で待機の指示は出ていて、何かあったら呼び出されて職場に出向かなければ行けないことにはなってるんだけど、横浜からなら1時間で行けるし、まあいいだろう。自宅に居ろと言われてるわけぢゃないし。
090516affesp1090579

で、出掛けてみたアフリカンフェスタ会場。以前日比谷公園で開催されていた頃に比べて随分と人出も多く、幾つかのNGOのブースには列も出来てる。アドゴニーや紺野美佐子さんらが出演しているトークショー会場の席は埋まり、近くのアフリカ料理の屋台も幾つかの店の前にはかなりの行列。懐かしのナイジェリアのスタービールも売ってるじゃないか。聞いてみると、自ら輸入ルートを開拓し、六本木のレストランで提供しているんだとか。
 お目当てのアフリカ料理の方は、最初に在勤時代によく食べたシャワルマを一つ、続いて一番列の長かった、看板の写真で見て美味しそうだったリベリア料理の屋台に並んでビーフケバブと炒めサフランライスの定食(600円)を注文してみると、出てきたのは只白米を炊いたのに肉と千切りキャベツを乗せてケチャップをかけただけのもの。聞いてみると、保健所の指導で現場で調理してのサフランライスが出せないのだとか。だったらそう表示してくれないと、看板に偽り有りぢゃないか。

で、その足で今度は代々木公園のタイフェスティバルへ移動。こちらも10年目を迎え、相当な数のレストラン、食料品店、大使館関係やNGO等が店舗を出してる。もう、自由に歩けないほどの、横浜とは比べものにならないほどの人並み。スゲぇ。あちこちからいつものタイ料理の匂い、そしてドリアンの匂いも。一緒にいた某A省勤務の友人が、在京タイ大使館に友人が居るというので、そちらのブースで並んでガイヤーン、別の店ではガッパオ、そしてデザートと食べるともうお腹一杯。もう今日は晩ご飯要らないです・・・
 いいですねぇ、たまにこういう催しがあると。・・・なにも同じ日にやらなくてもいいのにね。
090516thaip1090581
二つのイベントの大きな違いなんですが、NGOの方々が純粋にそれぞれの国を好きで~殆ど無給のボランティアでしょうね~で取り組んでいる、姿の目立ったアフリカに比べて、タイの方は、殆どがレストランや輸入業者さん。言うなれば商業ベースでやってるという事で、商売が成り立っているということは、タイはもうすっかり我々の社会にとけ込んでるっていうことですよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

いつもと違うアジアご飯。

この週末も引き続き自宅待機。といってもまあ職場に1時間くらいで行ける場所にいれば問題ないのだろうから、ということで、GWの南の風に吹かれるプランが吹き飛んでしまってからというもの、ずっと頭の中では、というかお腹の方から、アジアご飯を食べに行きたくて仕方がないモードに入ってしまっていた。

通常落花生。的にアジアご飯と言えば、インドネシア料理・・・はどちらかというとマイナーなので、タイ料理やベトナム料理、台湾屋台料理などを指すのだけれど(勝手な決めつけでスミマセン(笑))、先日読んだ開店奮闘記的な漫画、以前バックパッカー向けの雑誌「旅行人」に連載を載せていた漫画家さんのご主人がやっているという、練馬にある南インド・ケララ州の料理をメインとしている、インド料理屋さんに出掛けてみることに。ちなみに2,3人の友人に声をかけてみたのだけれど、夜の飲みならともかく、日曜の昼間っからそんなもの食べに行こうという物好きな奴も捕まらず、仕方なく一人で。

というわけで、自宅最寄りのバス停から(なぜか関東バスのエリアなのに、これ1本だけ)京王バスに乗って練馬区役所までは直通。ランチタイムも終わりつつある14時頃にこのお店「ケララバワン」に着いたのだけれど、店の前には2組ほどのお客さんが待っているという盛況ぶり。
ちょっと待って入れて貰った、(時々行く職場近くの地下のインド料理屋と違って)明るく小綺麗な店内は5人ほどの(多分)インド人の従業員と、若者から近所のおばさん?、外人さんまで多様なお客さんで一杯。

今日選んだのは、カレーではなく、ミールと呼ばれる定食。量的にはちょっと少な目な感じだけれど、焼きたてのパパダンやナン、ちょっと変わったカレー風味のおかず3品、それに別注文でラッシーをつけて1,350円。安いカレー定食は700円~というお手ごろ価格。忙しそうだったので、有名なサッシーさんに声をかけるのは憚られましたが、なかなか美味しかったです。地元にもこの手のお店があれば、週末のお昼とかに行くんだけどなぁ。。。

Keralabhavan0551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

自宅待機中。。。

 GWが始まっているらしい。そうさ、落花生。も今頃はラオスからスマトラへ向かって南の風に吹かれているはずだった。

 が、自宅で待機中・・・というか、職場から頻繁に入る電話の対応や、関係者への取り次ぎに負われている次第です。案件は、もう世界中で今一番ホットなというか、懸案となっている話題、豚・・・名前変わったんだな。新型インフルエンザ。ウチの職場はメキシコにも事務所がある。在外の事務所のバックアップオフィスで働いている立場である身としては、上司から言われるまでもなく、海外に出掛けてる場合じゃない。
 金曜夜に豚インフルエンザ発生の報道があってから、週末出勤、月曜・火曜は早朝出勤、午前様帰宅、本来は休日の水曜日も当然出勤だ。

 でも、あと2週間遅く発生してくれてたら・・・などという個人的な悪態は勿論つきたくなるけれど、在外の事務所では、感染の危険に晒されながら働いている(会ったことはないけど)同僚達もいる以上、そんなこと言ってられない。
 ともかく、このGWは全部待機か出勤となることは確定した。とばっちりを受けたのは自分だけじゃない。厚生省、検疫や空港職員の人達も不眠不休で頑張ってるはず。

 現実問題として、29日発の航空券を月曜27日にキャンセルしたし、他に現地で使う予定だったエアアジアやキャンセル不可の国内線航空券など、損害額は結構な額に上るが、言葉は悪いが、交通事故にでも遭ったと思って諦めなければならないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »