« スマトラに煙再び! | トップページ | 良い任地ですね。 »

2009年8月 3日 (月)

高原のリゾートへ。

 今日は午前中はフライトの都合で休養日。のんびり朝食をとったあと、11時頃にホテルの無料サービスで空港へ。タクシーで行くと10万Rpはする遠距離にあり、無料空港送迎つきなら大分お得感高い。
 パダンから次の目的地メダン迄は、13:10発のスリウィジャヤ航空SJ020便。ほぼ定刻に現れた機体は、(インドネシアでも最早滅多にないぞ)B737-200。機内も相当くたびれてましたが、1時間程で無事パダン着。空港の観光案内所の英語を話すおばちゃんに聞いてみると、隣のWARTEL(要は電話屋さん。似たような存在の新顔でWARNET(ネット屋)というのもあります。)から2、3の旅行会社に電話してくれた上、今日はもうトバ湖行きのトラフェルはない、と結論。
Sj737p1100218
スリウィジャヤ航空のB737-200。流石に古さが目立つ。

 ガイドブックやネット情報から想定の範囲内なので、ここは借上車を利用。贅沢になったもんだね、私も。空港リムジンは120万Rpとお話にならないのでおばちゃんに紹介して貰った55万Rpで手を打つ。いそいそとおばちゃんは店じまいをしてクルマに乗り込んで自宅近くまで送らされた辺りは、計画的犯行と思われる。
まあともあれ、スズキのAPVは如何にも箱バン的な乗り心地ながら、時折100Km/hを超えながら椰子のプランテーションの中を快走、3時間半ほどでシアンタールに到着。この街まではメダンから鉄道があるので帰りに乗って見ようかとシアンタール駅まで行ってみると、既に駅は閉まっていたが、隣の貨物扱い事務所で話を伺うことが出来、列車は朝7時発のメダン行きと、夕方17時メダン発シアンタール行きの一往復だけで、あてにしていたメダン朝発、シアンタール午後発は廃止されたそう。あーらら。それじゃあ仕方がないなぁ・・・
 ついでに市内のパダン料理屋で夕食をとり、最後ひと頑張りして、トバ湖畔の街パラパット(Prapat)に着いたのは陽もトップリと暮れた20時半過ぎ。サモシール島のホテルの船着場を廻る連絡船は終わっちゃったけど、Prapatの町外れアジバタ(Ajibata)から島のトモク(Tomok)行きのフェリーの最終は21時発、まだある(4,000Rp)。
 ちょっと遅れて出発したフェリーでは何人かに声をかけられたが、最後の一人がゲストハウスのオーナーだとかで、目の前のメダンでの買い出し荷物でいっぱいのキジャンで送ってやるよ、だそうで。これは渡りに船、の上のクルマ。いざトモク港に着いてみると、周りにはホテルはおろか、バス、オジェックもいない。途方に暮れてたかもしれないな。その、サモシール・コテージ、18万 でホットシャワー付。十分清潔。
Mskpdgp1100232
夕食はパダン料理。向かいのオッちゃんは運転手。

|

« スマトラに煙再び! | トップページ | 良い任地ですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/45919356

この記事へのトラックバック一覧です: 高原のリゾートへ。:

« スマトラに煙再び! | トップページ | 良い任地ですね。 »