« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月25日 (木)

今度はマレーシアへ。

このblogのトップの写真もそうですが、ここ数年、日本で使われていた中古の電車、客車、気動車といった各種の鉄道車両が、おもに東南アジア諸国(タイ、インドネシア、ミャンマーなど)に輸出され、趣味的にも大変面白くなっているのは、落花生。のお友達であればご存知のとおり。

そんな中、今度はマレーシアにも中古車両の輸出という話が伝わってきました。
その関係者の友人によれば、当初はインドネシアの例に触発されたマレーシアKTM当局は中古の“電車”を希望したものの、首都KL近郊の鉄道系交通機関、モノレールや新交通システムに加えて電化された近郊電鉄線もあるのだけれど、こちらは交流25,000vということで、直流1,500vが殆どの日本の電車とは企画が合わないということで諦め、結局JR西日本の中古の寝台車+座席客車を譲り受けることで合意に至った模様。

以前タイに14系寝台車+座席車(その後ミャンマーに「北斗星」用の寝台車が譲渡されたとのことだが、これはまだ現地に渡ったことは確認されていない模様)が譲渡され、夜行列車に活躍しているようですが、マレーシアKTMで活躍し出せば、南のKL=シンガポール間か、北のKL=ペナン・タイ南部のハジャイまで乗り入れることとなるのかな。タイ側では南方線方面(トラン行き)の寝台列車と繋げれば、バンコク=KL=シンガポールと元ブルートレインを乗り継いでの旅が出来ることになるかもしれないわけで、日本では「北陸」の廃止など寝台特急自体が風前の灯となっている寂しい状況に引き換え、こちらはとってもワクワクする話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

不穏な動き…

↓下の方の日記で、3月11日茨城空港開港初日の記念フライトをゲット!した喜びをしたためたところだったが、どうも雲行きが危うくなってきた。3月第1週に予定されていたジブチへの出張が、落花生。以外の出張予定者の都合で多数決で第2週にずれ込むような雰囲気。・・・といっていたら、旅行会社からの日程表、予約確認書、査証取得のための書類などが廻って来てドンドンその方向で周囲の堀を埋められつつあるようだ。
こっちは私用なので、それを理由に日程変更をお願いするわけにもいかず、どうやら久々の初日フライトは飛んでしまいそうな雰囲気。あーぁ。誰か買い取ってくれるかな、これ。記名だから、オークションで売るわけにもいかないだろうし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

初日なんて久々。

 つい先日、エアアジアの就航可能性について書いた茨城空港、今日の報道によれば、ようやく最初の国内定期便、スカイマークの神戸便の就航が決まったとのこと。ヤレヤレですね。

 で、早速スカイマークのサイトを覗いてみると、トップページには何も書いてない。
 おかしいな?と茨城空港のサイトを見ると、こちらにはキチンと、4月16日からスカイマーク神戸便就航!の案内が。それに加えて、3月11日の開港初日には茨城~神戸間に1往復半、そして最後に茨城発羽田行きという、おそらくは今後は設定されることのないであろう“記念フライト”の案内があり、なんとあっさりと「残り5席」の表示があった片道6,000円の神戸便の切符をゲットしてしまった。おやおや。

 あとでスカイマークのサイトを覗いてみると、「プレスリリース」のページにはちゃんと茨城・神戸便就航の案内は出ているし、記念フライトも即日完売したところ、残席調整(旅行会社割り当て分を回したのかな?)して再度販売に回したのを運よく入手できたらしい。

 せっかくなので、1日有給とって行って来ることにしようかな。金曜だったら、週末くっつけて3連休で小旅行になるんだけど、日帰りではちょっと勿体ないけど、せっかくなんで。
 帰りは関空発最終羽田行きの前方C席開放を株主優待でおさえてみた。とすると、午後半日出掛けるとしたら、高野山の「天空」か、和歌山の「たま電車」か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

横綱 朝青竜の引退にあたって。

 横綱朝青龍関が引退を発表した。
 以前から随分と叩かれてきた訳ですが、先般の場所中の暴力沙汰を受けてとうとう引導を渡されたといったところでしょうか。

 この事件単体では、まあ暴行という刑事事件なわけで、ある程度の処分は仕方ないという感じは受けますが、これまでの朝青竜叩きの報道には若干疑問に感じる部分もなくはないんです。水に落ちた犬を叩くというか、ちょっと大衆世論を煽り過ぎだった数年間ではなかったでしょうか。

 おそらく、モンゴルの田舎のちょっと腕自慢の少年を、「日本に行けば稼げるよ」とか言って(誑かせて)連れてきたんでしょう。恐らくはその時点では、日本のこの世界では「やっていいこと」「やってはいけないこと」なんて何にも説明せずに。
 そして、両親に楽させてあげたいと、故郷に錦を飾ろうと頑張ってみたら、順当に昇進していったらいつの間にかグランドチャンピオン(横綱)の地位にまで昇り詰めていったら、いつの間にか「品格」だとかで叩かれ出し、勝負師・スポーツ選手が勝利を手にした瞬間世界中どこでも至極自然にみられるガッツポーズだとかまで「怪しからん」なんて言われて、本人にしてみれば「そんなこと、聞いてないよ」ってとこじゃないのかな。
 しかも、もしそれが本当にケシカランのならば、横審はなんでそんな力士を横綱にすることを認めたのでしょうか?

 政治の世界では、大臣が不祥事で辞任したら、総理は「任命責任」とかいって叩かれます。「任命した時は知らなかった。」じゃあ許されないような雰囲気なわけですけど、朝青竜が横綱として相応しくないのだったら、そんな力士を横綱にすることをOKした横審メンバー、理事会のOBの皆さん、一緒になって朝青竜叩きしてないで、彼らも一緒に非難されて然るべきなんじゃないかと思うんですが。

 それはともかく、モンゴル国内では、日本相撲界、ひいては日本自体に対する批判の世論が高まっていると聞きます。彼らにしてみれば、外国人叩き極まれり、という印象なんでしょうね。我々だって、イチローや松井が彼の地であんな叩かれ方をしてみたら、決して気分のいいもんじゃないですよね。
 これがアジアでは数少ない親日国モンゴルの日本・日本人に対するイメージの悪化に繋がらなければいいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »