« エチオピア航空。 | トップページ | 初日なんて久々。 »

2010年2月 4日 (木)

横綱 朝青竜の引退にあたって。

 横綱朝青龍関が引退を発表した。
 以前から随分と叩かれてきた訳ですが、先般の場所中の暴力沙汰を受けてとうとう引導を渡されたといったところでしょうか。

 この事件単体では、まあ暴行という刑事事件なわけで、ある程度の処分は仕方ないという感じは受けますが、これまでの朝青竜叩きの報道には若干疑問に感じる部分もなくはないんです。水に落ちた犬を叩くというか、ちょっと大衆世論を煽り過ぎだった数年間ではなかったでしょうか。

 おそらく、モンゴルの田舎のちょっと腕自慢の少年を、「日本に行けば稼げるよ」とか言って(誑かせて)連れてきたんでしょう。恐らくはその時点では、日本のこの世界では「やっていいこと」「やってはいけないこと」なんて何にも説明せずに。
 そして、両親に楽させてあげたいと、故郷に錦を飾ろうと頑張ってみたら、順当に昇進していったらいつの間にかグランドチャンピオン(横綱)の地位にまで昇り詰めていったら、いつの間にか「品格」だとかで叩かれ出し、勝負師・スポーツ選手が勝利を手にした瞬間世界中どこでも至極自然にみられるガッツポーズだとかまで「怪しからん」なんて言われて、本人にしてみれば「そんなこと、聞いてないよ」ってとこじゃないのかな。
 しかも、もしそれが本当にケシカランのならば、横審はなんでそんな力士を横綱にすることを認めたのでしょうか?

 政治の世界では、大臣が不祥事で辞任したら、総理は「任命責任」とかいって叩かれます。「任命した時は知らなかった。」じゃあ許されないような雰囲気なわけですけど、朝青竜が横綱として相応しくないのだったら、そんな力士を横綱にすることをOKした横審メンバー、理事会のOBの皆さん、一緒になって朝青竜叩きしてないで、彼らも一緒に非難されて然るべきなんじゃないかと思うんですが。

 それはともかく、モンゴル国内では、日本相撲界、ひいては日本自体に対する批判の世論が高まっていると聞きます。彼らにしてみれば、外国人叩き極まれり、という印象なんでしょうね。我々だって、イチローや松井が彼の地であんな叩かれ方をしてみたら、決して気分のいいもんじゃないですよね。
 これがアジアでは数少ない親日国モンゴルの日本・日本人に対するイメージの悪化に繋がらなければいいんですが。

|

« エチオピア航空。 | トップページ | 初日なんて久々。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/47504140

この記事へのトラックバック一覧です: 横綱 朝青竜の引退にあたって。:

« エチオピア航空。 | トップページ | 初日なんて久々。 »