« ジブチでお世話になったクルマ。 | トップページ | ビバ・マカオ航空営業停止! »

2010年3月28日 (日)

今更ですが、Windows Mobile「X05HT」導入。

以前、インドネシア語の電子辞書が欲しくて、古いPDAのZaurusを中古で買ってみて色々試みたんだけれど、結局ネットで手に入れた18,000語程度の「インドネシア語→日本語」の辞書までは使えるようになったんだけれど、肝心の「日本語→インドネシア語」については、お目当ての「尾崎辞書(14万語)」をZaurus対応のデータ形式(PDIC→EPWING)への変換が上手くなかったためにインストールできず、不満足な状態が続いていました。
で、Zaurus自体、ネット接続は一応できるのだけれど、使い続けるとホンの2,3時間と電池の持ちが大変悪いという事情もあり、あまり手間暇かけるのも諦め、ツール自体を変更してみることにしました。

即ち、尾崎辞書のデータは「英辞郎」と同じPDIC形式なので、WindowsのPCや、Windows CEのPDAでは使用できるということはわかっていたので、通常いつも持ち歩くモノ、携帯電話をWindows Mobileの、所謂スマートフォンに買い替え(買い増し)てみることにしました。

今後在外勤務になった際、最近ではどうせ私用の携帯電話を買わなきゃいけない(職場からは貸与されない)ので、在外でも使える奴・・・SIMロックがかかってない(もしくは解除できる)ものにするのがいいな。辞書として使うためには、Qwertyキーボードがついてる奴がいい。今の番号と携帯アドレスを維持する以上、MNPは取り敢えず考えずにSoftbankだろう、というわけで、選んだのは、X05HTこと台湾HTC社のToucn Pro。もう既に1年以上前のモデルで、Softbankショップに行っても在庫はないので、今回は所謂白ロム機をネットで買うか・・・と暫く探していたのだけれど、概ね3万円程度と結構なお値段。結局、ヤフオクで中古品を購入することにしました。
X06htsim1

で、やってきたこの携帯。取り敢えずこんな状態です。尾崎辞書も無事にインストール。初めてのスマートフォンということで、相当使い勝手が悪い、というか、逆に日本の携帯電話の方が、巷ではガラパゴス携帯などと言われながらも、使用性については相当に改善を重ねてきているというのを実感。相当な違いに戸惑ってますが、これから色々インストールして、自分で使い勝手を良くしていかなきゃならないんだよね。
暫くは楽しんでみることにします。

|

« ジブチでお世話になったクルマ。 | トップページ | ビバ・マカオ航空営業停止! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/47997815

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ですが、Windows Mobile「X05HT」導入。:

« ジブチでお世話になったクルマ。 | トップページ | ビバ・マカオ航空営業停止! »