« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

ちょっと遅いお花見。

 ホントだったら今日からGW休暇の予定だったのだけれど、仕事の都合で5/1からに急遽変更。1日空いた今日は友人4人で日帰り旅行に。元々はお花見に…と言ってたのだけれど、流石に今この時期にお花見するには北東北の方まで出かけなきゃならないので、それはちょっと断念し、まずは池袋から結構な混雑の西武特急レッドアロー号で秩父へ。東急のお下がりの秩父鉄道の電車に乗り換えて、目指したのは終点の三峰口。
 まあご想像のとおりお目当ては秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」なわけです。随分久しぶりだな。前は予備校生の時だったか。当時は客車がまだ旧客だった記憶があるが、今は12系・・・って今となってはこちらも相当レアなわけですが。
C58p1120998
転車台の周りには多くの観光客。鉄子さんの姿も見えるようですね。

今回はノンべさんも居るということで、出発したSL列車の車内では、早速缶ビールが開けられ、次に目指すは秩父の羊山公園。芝桜で有名なところで、今はまさに真っ盛りの時期。さっきのSL列車にも「芝桜号」のヘッドマークが付けられてたな。お花見は時期的にかなわなかったけれど、こちらで勘弁してくださいな。

 最後は寄居から八高線のディーゼルカー(こちらも久しぶり)で高麗川、川越から事故で大混乱の東上線で池袋に帰り、タイ料理で打ち上げして帰りました。高速道路は大混雑だったみたいだけれど、こういう時期は列車で出掛けるのが良いですね。
Shibazakurap1130009
秩父羊山公園の芝桜。よく見ると所々禿げかかってますけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

GW近づく。

今年のGW、5連休を核にその前後の飛び石連休を上司と取り分けることになるので、早くから(6,7の2日間ではなく)4月29日を休ませていただいて出掛けるつもりで、航空券のとっても高い時期でもあり、去年の年末から取り敢えず日本往復のマイレージ・アワード券を抑えてきていたのです。行き先としては、未訪のカザフ・キルギスを念頭に、(査証免除のキルギスは置いといて)カザフのビザまで取得して、準備万端!だった筈だったのですが、暫く前にキルギスで政変が発生、とてもそんな遊びに行けるような状況ではなくなってきてしまった。それに加えて上司がどうしても「自分は6,7日に出勤する仕事が出てきてしまったので、29日に休ませて貰いたい」とのこと。
仕方ないですね。業務上の都合ですから。お休みとらせて頂けるだけでも有難いと思わなければ。

で、やり直し。幾つか腹案を検討した結果、(先日酔っぱらって「遊びにおいて~」と電話をかけて来た)元の上司と同期が誘ってくれたハノイにでも行こうかということに。ベトナム・ラオスの国境地帯はずっと行ってみたいと思ってたし、日本製中古電車ではないけれど、ソウル地下鉄2号線の電車がなぜか(電鉄線の全くない)ベトナムに輸出されたなんで情報もあったんで確認してみたかった。ともかく、ハノイをベースにどこか廻ってくることにしよう。というわけで、取り敢えず久々にJALのホームページで往復の航空券を予約。やっぱり高いですね~、この時期で、しかも直前なんですから。さあ、どこに行くことにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

メルパティがまた事故だそうで。

報道によれば、13日、西パプワ州マノクワリ空港で、雨をついて着陸しようとしたメルパティ・ヌサンタラ航空B737-300型機が滑走路をオーバーラン、密林に突っ込んで大破したとのこと。マノクワリなんてあんまり聞かない地名なんで思わずググってみましたが、インドネシアでの航空機事故は、もう今更驚かないですね。ナショナルフラッグキャリアのガルーダ迄もが整備状況に問題有りとしてEUからバンを喰らってるような状況なわけで、インドネシアの国内線の事故ってホントに多いと思います。メルパティだけでも、この2月のフォッカー100@クパン、昨年8月のツインオッター@ジャヤプラ、と事故ってるし。
勿論東ティモール在勤時代に散々お世話になったメルパティですが、このPK-MDEという番号の機体に乗ったことがあるかどうかについては、記録を取っているわけじゃないんでわかりませんが、最近も毎年結構国内線のお世話になっている落花生。としては、ちょっと他人事ではない気が。
今回は機体が結構壊れてる割には死者が出なかったのが不幸中の幸いでした。経営状況も決して楽ではないのでしょうが、くれぐれも機体整備には投資を惜しまず、悪天候の時の無理な運航は避けていただければ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

ようやくSIMロック解除だそうで>>総務省

SIMロック解除がようやく実現するみたいですね。
 あらためて解説するつもりはありませんが、GSM方式という、日本以外の殆どの国で主流のこの携帯電話の方式では、その国のSIMカードを入れればその国の携帯として安い電話料金で利用でき、第三国でもいざという時にはローミングで利用できる。なんだけど、Softbankが先鞭をつけ、最近ではNTTdocomoも追随してますが、我が国のGSM互換機では、Softbank等購入キャリア以外のSIMを認識しないようにロックされるわけです。なので外国では、ある程度長期滞在する場合でも、高額なローミングでしか電話を使用できず(受信にも1分100円以上という高額な料金が受信側に発生する)、とっても腹ただしい思いをしてきました。

これは、我が国国内では、高額高性能な端末を当初(見せ掛けは)安く(「0円携帯」なんてのもありましたね)、割賦で販売し、2年間の契約の“縛り”をかけて、その間の支払料金に含めて端末代金を実質的に回収するのを、とりっぱぐれないようにするという、独特の販売モデルによるもので、それが実態としてメーカー或いはキャリア側が“元をとる”前に、中途解約して中国辺りに大量に輸出されたりしていたという状況があったからな訳で。
それなら、ちゃんと中途解約しても支払義務を法的におわせればいいんであって、少なくとも割賦ではなく一括で買った場合や、縛り期間が終わった機体については、当然自由に使えて然るべきだよね。そうはいかない大人の事情もあるのかもしれませんが。

そんなわけで、海外と日本の双方で日本語携帯を使いたい筆者などにとっては、歓迎すべき今回の動き。まあ当面は最近買ったばかりのシムフリーX05HTがあるのでこれでいいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

週末は温泉で。

 絶好の花見日和の週末、昨日3日(週末にしては)早起きし、東京駅に着いたのは朝10時過ぎ。遅れの特急「踊り子」107号がちょうど発車するところだったので飛び乗るが、東京駅から東海道線の特急に乗るのなんか何年振りだろうか。1981年デビューの185系電車も、座席こそ当時の転換クロスシートからリクライニングシートに換装されてはいるものの、隙間風や走行音の等、最近の特急車両に比べると相当にくたびれた感は否めず、週末は指定席からほぼ満席となる観光路線なのだから、そろそろ新型に置き換えた方が良いんじゃないかな。

 で、目指したのは熱海の次の来宮。古くからの友人6人での温泉宴会(といっても別にコンパニオンを呼ぶような類のものではない)で、今回のお宿は「芳泉閣」というところ。送迎のワゴン車から館内に一歩入って驚いたのは、ロビーに新幹線の座席が設置されており、娯楽室にはSLの写真。よく見れば襖はダークブルーで枠や柱などの木の部分は金色とまるでブルートレインを彷彿とさせているじゃないか。
 ひょっとしたらご主人が相当な好き者なのか?と尋ねてみると、なんでもこの宿、元は国鉄の施設だったようで、新幹線の新丹那トンネル掘削工事の際には関係者が宿泊、その後も白紙改正の際のダイヤ引きの関係者が泊まり込んで作業をしたりとかしていた時代があり、その後民間に払い下げられた宿なんだそう。そんな訳で豪華さのかけらもなく、週末なのに我々一行の貸切という状況でしたが、そんな経緯を全く認識せずに偶然この宿を選んだ今回の幹事さんは拍手もので、結局2時半過ぎまで大いに飲み、語り、温泉に浸かり、中国文化に親しんで過ごしましたとさ。
Imag0001
最近の伊豆急はジャカルタみたいな電車が走ってます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

モンゴルが査証免除だそうです。

今日から新年度ですね。

駐日在京モンゴル大使館のホームページによれば、この4月1日から日本人の短期滞在(30日以内)観光客に対して査証免除となったとのこと。エープリル・フールじゃないだろうな。

モンゴルは以前、円借款関係の仕事をしてた時に出張でウランバートルに1回行ったっきりで、ずっと(ちゃんと)行ってみたいと思ってたところだ。このGWも、取り敢えず北京往復のアワード券を抑えており、モンゴルか、(前の上司から誘われてる)ベトナムか、はたまた新彊か九賽溝か中央アジアか、なんて迷ってたところ。モンゴルだったら北京から夜行列車で1泊2日。これでグッとモンゴルに傾いた、かな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »