« 週末は温泉で。 | トップページ | メルパティがまた事故だそうで。 »

2010年4月 6日 (火)

ようやくSIMロック解除だそうで>>総務省

SIMロック解除がようやく実現するみたいですね。
 あらためて解説するつもりはありませんが、GSM方式という、日本以外の殆どの国で主流のこの携帯電話の方式では、その国のSIMカードを入れればその国の携帯として安い電話料金で利用でき、第三国でもいざという時にはローミングで利用できる。なんだけど、Softbankが先鞭をつけ、最近ではNTTdocomoも追随してますが、我が国のGSM互換機では、Softbank等購入キャリア以外のSIMを認識しないようにロックされるわけです。なので外国では、ある程度長期滞在する場合でも、高額なローミングでしか電話を使用できず(受信にも1分100円以上という高額な料金が受信側に発生する)、とっても腹ただしい思いをしてきました。

これは、我が国国内では、高額高性能な端末を当初(見せ掛けは)安く(「0円携帯」なんてのもありましたね)、割賦で販売し、2年間の契約の“縛り”をかけて、その間の支払料金に含めて端末代金を実質的に回収するのを、とりっぱぐれないようにするという、独特の販売モデルによるもので、それが実態としてメーカー或いはキャリア側が“元をとる”前に、中途解約して中国辺りに大量に輸出されたりしていたという状況があったからな訳で。
それなら、ちゃんと中途解約しても支払義務を法的におわせればいいんであって、少なくとも割賦ではなく一括で買った場合や、縛り期間が終わった機体については、当然自由に使えて然るべきだよね。そうはいかない大人の事情もあるのかもしれませんが。

そんなわけで、海外と日本の双方で日本語携帯を使いたい筆者などにとっては、歓迎すべき今回の動き。まあ当面は最近買ったばかりのシムフリーX05HTがあるのでこれでいいんですが。

|

« 週末は温泉で。 | トップページ | メルパティがまた事故だそうで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/48062443

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくSIMロック解除だそうで>>総務省:

« 週末は温泉で。 | トップページ | メルパティがまた事故だそうで。 »