« 高原の街、サパ。 | トップページ | ハロン・ローカル »

2010年5月 4日 (火)

ハロン湾へ。

 朝、終着ハノイ・ロンビェン駅に0715着の予定が、少し遅れて一駅手前のザーラム駅に着いたのが既に08:15。ここは次の予定のハイフォン方面行きの路線の分岐駅なのでここで下車。一つの目的は、この駅始発でハロン湾迄の観光列車「ハロン・トレイン」なるものが走っており、これがソウル地下鉄2号線の車輌を使っているらしく、これを確認したかったという事。但し残念ながら、この列車は時刻表には載っているものの、既に運行はない由。車輌がどうなったかも確認出来ず(英語あまり通じず)。
 もう一つ、明晩のハノイから南へ下る寝台券が欲しかったのだが、こちらは停電でコンピュータが動いてないという事で、やはり×。仕方ないのでバス通りに出てハノイ駅に移動、今度は英語それなりにOKのオバちゃん駅員から無事にチケット入手。続いてセオム(バイクタクシー)でロンビェン駅へ移動し、09:20発のこの駅始発のハイフォン行きのACソフトシート券を買って折り返しの列車に乗り込んだのは出発5分前。シート逆向きの集団見合い型だけど、まあ快適。車販から買った餅に挟んだ魚肉ソーセージ?で朝ご飯。
Haiphongtrainp1130233
ハイフォン駅に到着した快速列車。

 ハイフォン到着後、目指すは世界遺産のハロン湾に浮かぶカットバ島。なんとなく活気のない街を抜けて港にたどり着いたのは12:28頃。12:30発の船があるからと慌ててチケットを買って乗り込んでみると、島まで50分の高速船ではなく、2時間半はかかるスローボート。しかもギリギリで飛び乗ってきた他の客は8万ドン(400円)を払っているのに、こちらが払わされたのは20万ドンと倍以上。外国人価格かエージェント手数料かボッタクリ、恐らくその全部なんだろうな。あぁ腹立たしい。

 途中のカットハイ島からは外洋に出て途端に揺れ出し、そういえば船に弱かったっけ・・・と我慢しつつ、無事にカットバ島に到着、宿を決めて荷物を置いてから、セオムで市内近郊のハロン湾の島々が眺められる丘の上や、ベトナム戦争の際のトーチカ、中国人墓地、マングローブの林や中国寺等を回り、夜は「さっき港で私を無視したでしょ」とのたまう客引きのオバちゃんに引かれて海鮮レストランで夕食♪
Catbap1130289
ホテルの窓から眺めるカットバ港。水上生活の船がたくさん見えます。

|

« 高原の街、サパ。 | トップページ | ハロン・ローカル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/48363131

この記事へのトラックバック一覧です: ハロン湾へ。:

« 高原の街、サパ。 | トップページ | ハロン・ローカル »