« 激しく変貌するフエ。 | トップページ | 今度は7000ですか。 »

2010年5月 8日 (土)

Thai Nguyenの工建型、健在です。

 さあ今日は最終日。上司A星さんは早朝から社内コンペ、同期K谷さんは休日出勤ということで、夕食まではフリー。ということでいそいそと起き出し、近くのカフェで朝食のサンドイッチを仕入れてロンビェン行きの市内バスで出発。途中バスの行き先を間違えて反対側に行ってしまったりしながらも、9時過ぎにBenXe Gialam(ザーラム・バスターミナル)着。09:30に出発したThaiNguyen行きのバスは、最初ノロノロと客引きを続け苛ついたものの、お昼前には無事到着。
 このBlogをよく読み返すと、もう2年半近く前の正月に1回来てることがお分かり頂けると思いますが、今日の目的地ここThaiNguyenには大きな製鉄所があって、恐らくベトナム国内唯一、ひょっとすると東南アジア唯一ではないかと思われる標準軌のタンク式蒸機が現役で働いているところでして、欧米鉄の情報では今年末には終焉を迎える可能性ありということだったので、覗いてみることにした次第です。 

 前回は、市内のホテルに宿泊し、ホテルのレセプションの人に「製鉄所」をベトナム語で書いて貰って、それをタクシーに見せてたどり着いたのだけれど、今回はベトナム語の堪能な同期に同じように書いて貰ってきた。が、それをタクシーの運ちゃんに見せてもピンと来てないようで、なにやら無線で営業所に聞いてるようだ。じゃあこうか。「GangThep」市内の道路標識にこんなのがあった。これで「鋼鉄」の意味になり、これで地元では通じるようだ。
 走ること10分ほどか、市内南方のLuuXa地区にある製鉄所、前回は早朝の通勤時間だということで門は開けっぱなしだったんでそのまま入ってしまったのだが、今回は門は閉まっている。タクシーを止めて守衛所に来意を告げると、英語が通じたのかよくわからないうちに「OK, Welcome, come in」とあっさりと門を開けて通してくれた。鉄道事務所の位置はわかっているのでそのままタクシーで乗り付けると、やあやあ、今日も無事に1台の030型こと工建型SLが煙を上げている。
Gk1045 
推進運転でズリ捨て場へ向かう1045号機。

 事務所に顔を出すと、ちょうどお昼御飯が終って13時から作業再開前のお茶の時間中。勧められるがまま席に座り、お茶を頂き煙草を勧められ(スイマセン筆者は吸いません)ガイドブック末尾の会話集でコミュニケーションを試みるに、栞代わりに挟んでいたビールのラベルが目につき、「そうかおまえは酒が好きなのか」と奥から持ち出されたのは、清涼飲料のボトルに入れられた怪しいお酒。密造酒ではないのだろうけれど、乾杯して口を付けるとこれがまた強いこと。無理やり飲み干すと喝采。流石に運転士は酒は飲まなかったようで、13時過ぎ、作業再開。走りの写真を撮るつもりが、機関車次位の控車と思しき無蓋車というか平車にタクシーの運ちゃん共々乗せられ、製鉄所の中心部で入替作業。こんな国家機能的に重要なところに簡単に入れてしまっていいのかね?お偉いさんに見つかったらきっと叱られるぞ~、と余計な不安を抱きつつも、十数分の楽しい体験は無事終了。
Stsp1130555
蒸機に引かれた控車の上で製鉄所内を行ったり来たり♪

 唯一つ宿題が果たせなかったのは、戦時中に日本から送られてきた、131型ことC12型蒸機の在り処を聞き出せなかったこと。言葉が通じなかったのは、ホントにもどかしい…  長いこと拘束した運ちゃんには、メーターに加えてチップを弾み、今度はハノイ・ミディンターミナル行きのバスでハノイに戻る。ノイバイ空港からの大きな橋を渡ったところで下して貰い、夕食は3人で市内中心部のフエ料理店。空港バスの最終が出てしまったということで、エアポート・タクシーを呼んで貰い(23万ドン)、23:30発のJAL752便で帰国。

|

« 激しく変貌するフエ。 | トップページ | 今度は7000ですか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/48372126

この記事へのトラックバック一覧です: Thai Nguyenの工建型、健在です。:

« 激しく変貌するフエ。 | トップページ | 今度は7000ですか。 »