« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

築地もサッカー。

パラグアイ戦の当日、職場の同僚達もなんとなく浮足立った雰囲気だったが、一緒に仕事をしている班長が、今週は奥さんが不在なんで晩御飯付き合え、とのこと。
まあ試合開始の23時には帰宅できるように、と申し合わせた上で、築地に繰り出した。
普段だったらそれなりの人出があるこの一帯だが、今日は心なしか閑散。
それでも中にはこんなメニューを出して頑張ってる店も…
100629_2030471

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

久しぶりのドライブ@那須&佐野へ。

諸般の事情で近くクルマを手放さなくなりそうになって来たため、当分の間はお名残りドライブかな、ということで遠出してみることにしました。

友人ら4人で目指したのは会津の大内宿+喜多方ラーメン。なのだけれど、ちょっと出発が遅かったのと、意外と交通量が多かったこともあり、途中のSAで方針変更。降り立ったのは那須高原。
小奇麗な洋食屋さんで昼食後、いかにも高原!という感じの自然満載の癒し系の庭でお茶して、ホントはりんどう湖ファミリー牧場のアプト式列車に乗りたかったのだけれど多数決で却下されたため、鉄道模型が料理を運んで来るという「蒸気機関車」なるお店の前のEF58カットモデル(本物)の前でを記念撮影。
100626_1428441
レストラン「蒸気機関車」の前で。入ってみたかったが、多数決で却下。

せっかく牧場迄来たんで、アイスクリームとソーセージ迄味わってから、次に目指すは小雨降りだした佐野。
と言えば佐野ラーメンなのだけれど、以前行った佐野市内のラーメン屋が集まっている一帯ではなく、一行の一人が自信を持って連れて行ってくれたのは、市内から随分北に外れた出流原というエリアにある、「おぐら屋」さんというお店。さっぱりとした魚介系のスープと太く縮れた麺は、今までになかった味わい。
巨大な餃子と共にお腹一杯に頂き、無事に帰ってまいりました。
あと何回このクルマでドライブできるかな…
100626_1736561
「おぐら屋」さんのチャーシューメンと餃子。相当なボリュームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

伸びる東京スカイツリー。

この週末からみで出張の可能性があったのだけれど、結局上司の課長代理が出掛けることになってフリーとなった。こんなことなら誘われていた仲間内の島根県温泉旅行でも行っとけばよかったな。

そんな中、今日は竹ノ塚に行く用事があったので、帰りは同じ経路で帰るのも芸がないので、ちょっと趣向を変えて「あれ」を見に行くことにして、東武線の各停で業平橋へ。ここは昔東武線の上り列車の容量が限界に近づいてきた頃、ここ業平橋終着(ただし浅草行きの本線ホームではなく、地平の専用ホーム)の列車が設定され、都営浅草線との乗換が可能となってました。半蔵門線との乗入れが開始されてこの業平橋どまりの列車はなくなり、この地平ホームも消滅したのだけれど、この地平ホームの跡地付近が大規模に再開発され、そこに建てられたのが、今下町で一番ホットなスポット(?)、東京スカイツリーの建設現場です。
本日の高さは389m、東京タワーを遥かに凌駕しているんですね。ホームには多くの人たちがカメラを持って途中下車(?)、特に週末の今日は臨時運転の快速急行1800系なんかも入ってくるということもあって、「鉄」な方々もちらほら。しかし、高いなぁ。携帯で一枚の画面で納めるのはなかなか難しいです。
完成したら、一度は来てみたいですね。
100612_1732041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

倉見新駅だそうです。

6月3日付報道によれば、JR東海は2027年を目標としている中央リニア新幹線の開業後、東海道新幹線の新横浜~小田原間の寒川町内に新駅を設けることを検討している由。

上越新幹線の本庄早稲田駅のように、通勤・通学客をメインターゲットとした駅で、東名・東阪客がリニアに流れて線路容量に余裕が出た後の措置ということなのだろうが、確かに遠距離通勤客がどんどん増えている世の中でもあり、そのような問題さえなければリニアの開業を待たずに今からでも開業したって十分需要はあるだろう。

この駅は寒川町、おそらく新幹線と交差する相模線倉見駅のあたりに設置されるのがよいのだろう。倉見なんて無人駅(今でもそうかな?)を筆者なんかが知っているのは、まさにこの倉見新駅の設置を提案している本を読んだことがあるから。それも随分昔だ。故宮脇俊三氏が著作「時刻表一人旅」にてこの話を書いていた。以来30年近くを経て実際に動き出したわけだ。のかな。リニア新幹線計画なんて随分遅れ遅れになってきているわけで、どんなに早くても今から17年後。出来た頃には宮脇さんはどんな顔して倉見新駅を眺めているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

エアアジア、羽田へ!?

 世間は鳩山総理辞任関係一色ですが、そんな中の報道によれば、あのエアアジアが羽田に乗入れを検討中だとのこと。以前から日本就航の希望を有し、茨城空港乗入れの話も持ち上がったりしつつも、マレーシア人の訪日査証の非容易性もあって中々実現して来なかった。そこにいきなり羽田ですか。確かに沖合拡大は一つのチャンスではありますが、高い離着陸料との関係とか、大丈夫なのかな。

 他方で茨城空港には、中国の独立系LCCの春秋航空就航との話もあり、都内から格安バスを運行するなど、集客には引き続き努力している模様。

 この手の話、続報が続かず、いつの間にか沙汰止みになってたってのがよくある話。報道機関は(通信社を除く)、ちゃんと取材続けて、第二報、もし話がポシャったらその旨を、責任もって伝えてほしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »