« トルキスタンへ。 | トップページ | アルマティの休日。 »

2010年7月15日 (木)

アルマティ

アルマティ市内のアルマティ2駅に着いたのはおよそ1時間遅れの12時頃。朝車窓を眺めていたら運転停車していた小駅で猛スピードでやたら背の低い後続の旅客列車に抜かれていった。これはひょっとして、カザフスタン国鉄の誇るタルゴじゃないか。
タルゴってのは、スペイン製の、あのクネクネ曲がる高速列車なのだが、カザフスタンにこれが導入されているというのは、旅行計画を立てるときに国鉄のホームページを見て初めて知った情報。だが、運転区間はアルマティと首都のアスタナ間(北西方向)ということで、シムケント(西南西方向)とは無縁だと思ってた。が、こっち方面にも走ってるんだったら、これに乗っておきたかったな。アルマティ2駅に着いたときには、もう回送になってどこかへ行ってしまったようで、写真も撮れなかった。悔しいので、カザフみたいな平原の中をまっすぐ走れる国で、曲線高速走行用のタルゴなんて意味あるのかい!と文句を言っておこう。
Ata2stap1130773
アルマティ2駅に到着。

まずはホテル(これも旧ソ連型の品質。がカザフはホテル代が高く、こんなんでも12,000テンゲもする)に荷を下ろし、今日のお仕事は明日の計画。ここから200kmほど離れたところにある世界遺産、平原に昔の岩絵なんかがあるという  「タムガル」に行きたいのだが、ここが公共交通機関がなくとっても行きづらいところなようだ。なので、旅行会社の日帰りツアーに参加してしまうか、どうしようもなければハイヤーをチャーターしてでも行きたい。
なので、ホテル内の旅行会社を皮切りに、業界誌に広告出している街中の主要な旅行会社や、中には親切に「○○社さんが扱ってたはず」と電話で聞いて場所を教えてくれたりしたところを廻ってみたが、結論は×。扱っているところも、観光ツアーは週末のみ、平日は個人アレンジになります→クルマとガイドで400ドルね、なんてのしかなかった。いくらなんでも日帰りツアーに400ドルは出せない。

そんな訳で結論から言ってこのタムガル行きは断念せざるを得ず、夕方、市内南東部にあるコクトベ山に登るロープウェイの中から傷心のまま市内を眺めることとなったのでした。
Ataropewayp1130792
ロープウェイから眺めるアルマティ市内。昔エレバンでもこんな感じだったな。

|

« トルキスタンへ。 | トップページ | アルマティの休日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/49036791

この記事へのトラックバック一覧です: アルマティ:

« トルキスタンへ。 | トップページ | アルマティの休日。 »