« 夕暮れのタンジュン・プリオクへ。 | トップページ | 体調崩す。 »

2010年8月29日 (日)

日帰りでサトウキビ工場へ。

 家も入れず、クルマもまだない。ゴルフ道具もまだ船便の中。で、仕事もお休みの週末。昨日アンチョールに行く前にガンビル駅に立ち寄ってちょっと聞いてみたら、朝7時半発のアルゴ・ムリアと帰りテガル16時半発のチルボン・エクスプレスの切符が簡単に買えてしまったので、ちょっと日帰りで出掛けてくることにした。このままだと今シーズンは煙に触れずに過ぎてしまう虞(?)もあったんで。いやしかし、このサトウキビ工場に、ふと思い立って日帰りで行けるなんて、夢のようだわ(笑)
Argop1130892
朝7時半発の特急アルゴ・ムリアで出発♪

 さて、往路テガル迄の車中は何の問題もなく快適だったが、エクゼクティブ・クラスでは通常出てくる筈の食事の提供がない。昨今の航空業界での機内サービス削減と同様の合理化かと思いきや、そういえば今はラマダン(断食月)でしたね。昼間の時間帯は食べ物を口にしちゃいけないんでした。
 30分ほど遅れて11時半過ぎに到着した数年ぶりのテガルでは、乗って来た特急と入れ替わりに、4両編成のディーゼル列車が西方向に出発して行った。構内アナウンスは、「カリグン・ビジネス発車します」って、確かテガル~スマラン間のフィーダー列車だったな、と気にも留めなかったんだけれど、次に乗り換える予定の12時半(戴いた情報では)発のSlawi行き支線列車が駅に張り出してある時刻表には掲示されてない。取り敢えず帰りの切符を18:15発のアルゴ・ムリアに変更して貰った際に切符売場で聞いてみると「あら、今出たわよ」とのこと。えぇ、今のカリグンがスラウィに直行することになったんかい。しかも1時間も早まっていたとは。乗継の放送もないし、あまり親切じゃないなあ。
 仕方ないのでアンコッ(ミニバス)を2本乗り継いでスラウィ、更に支線のミニバスに乗り継いで向かったのはPG. Pangka製糖工場。もう2回目なんで勝手知ったるアドミのオフィスに向かい、見学・撮影許可をお願いすると、日曜のお昼休みということでちょっと待たされ、携帯で何処かへ電話したりしながらも、無事に御許可を頂き、入構手数料20万Rpを支払って無事OK。以前来た時は10万Rpだったから、随分高くなったもんだ。
Pangkap1130922_2
お昼休み。機関庫で整備中の機関車たち。

 それでも愛想のいい職員氏は、まずは昼休みのメンテナンス中の機関庫、続いて工場内の蒸気駆動の製造100年は下らない各種の機械を案内して回り、最後は出来たての砂糖の試食(笑)。昼休みが終わって機関車が動き出す頃になったら「あとは好きに写真撮ってね」とのこと。

 そんな訳で午後はサトウキビを工場に搬入するヤードと、トラックからローリーに積み替えるヤード付近で、甘い香りに囲まれながら幸せな時間を堪能したのでした。ちなみにこの日は蒸機が3,9,10の3両、ショーマ製のDLが3両。蒸機の燃料はバガスよりも木材が多いようでした。
Pangkap1130956
 あと、案内してくれた職員氏曰く、今年は例年に比べて収穫が遅れてるので、レバランの時期2日間は休むものの、基本的に9月末頃まで工場(=機関車)は稼働してるであろうとのこと。因みに前日にはヨーロッパ人のグループが、チャーター列車を仕立てて畑に出て行った由。1回150万Rp、3日前までに予約してくれればアレンジできるよ、とのことだそうです。客車はちょっと安っぽい印象でしたが、台車をよく見ると、1927年ハノーバー・HAWA製の古い貨車を改造したものでした。ローリーと併せた混合列車にすれば、それなりに絵になるかもね。
Pangkap1130987
走行距離は短いですが、蒸機を観光資源と認識しているこのPGはまだ暫く安泰のようです。

|

« 夕暮れのタンジュン・プリオクへ。 | トップページ | 体調崩す。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/49346052

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りでサトウキビ工場へ。:

« 夕暮れのタンジュン・プリオクへ。 | トップページ | 体調崩す。 »