« 1日中ヒヤヒヤでした。 | トップページ | 豪華客船に乗ってきました。 »

2010年11月27日 (土)

ハリム空港って知ってますか。

久々に予定のない土曜日、前から行かなきゃ、と思っていたジャカルタ市内南東のハリム空港へクルマを走らせた。
ここは以前1970~80年代には国際空港として活躍していたものの、その後1985年にジャカルタ西方チェンカランに現在のスカルノ・ハッタ国際空港が開港するまでの間、ジャカルタの空の玄関口として活躍していた空港で、3,000m程の滑走路を持つため、現在でも軍用機や各国からの大統領・政府専用機などはこの空港に発着したり、訓練やチャーターの小型機の使用に供されている。
そんなハリム空港ですが、ごく一部定期一般旅客便の発着もあるということなので、今後の国内旅行に使えるんじゃないかな、という確認も兼ねて行ってみたわけでした。

で、着いてみれば定期便は殆どないにもかかわらず、ファーストフード店が数件店を開けているあたりは若干意外な感じ。
幾つか並んだ航空会社のカウンターには、、、なんと一番大きいのはガルーダ。ここからの発着便はない筈なのだが。その他にはお馴染みのMerpati(昔はバンドゥンに飛んでいたが、今はバリ便がある事になっているが、飛んでいない模様で事務所も閉まっていた)、Sriwijaya(やはりフライトなし)、Trigana Air(Pangkalan Bunに飛んでいる模様(*1))、Susi Air(Bandung、angandaran、Cilacapに便があるらしい。これは使えるかも)といった感じで、後は今は定期便をやめてしまった国営Pertamina石油会社系列のPerita Airが精油基地のあるスマトラのドゥマイやプカンバル、カリマンタンのバンジャルマシンといった都市に一般客は乗れない専用便を飛ばしているようだ。

Halimp1140833
発着便がなく閑散とした昼間のハリム空港ターミナル

そんな中、今日の到着としてTV画面に映し出されていた見慣れない地名と航空会社「Travira Air」の「Matak」からの便。どこだそりゃ。
と思って調べてみたら、南シナ海のナツナ諸島の西のアナンバス諸島っていう、殆どマレー半島東のクワンタン沖のような僻地。石油会社の基地があるみたいで、従業員向けの定期チャーター便らしい。Travira Airという会社も、TRというちゃんと2レターコードを持った、100年以上の歴史のある航空会社なんだそうです(*2)。

(*1) 後日、このフライトは既にスカルノ・ハッタ空港発着に変更になったとの情報を頂戴しました。
(*2) これも間違いだという情報を頂戴しました。世界で最も古いKLMですら1919年設立で、100年経ってる訳がない、と。IATAのコードTRは確かに言われてみれば、Tiger Airwaysでしたね。Wiki情報を鵜呑みにしちゃあいけませんでした。失礼いたしました。

|

« 1日中ヒヤヒヤでした。 | トップページ | 豪華客船に乗ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/50148985

この記事へのトラックバック一覧です: ハリム空港って知ってますか。:

« 1日中ヒヤヒヤでした。 | トップページ | 豪華客船に乗ってきました。 »