« 墜落!?じゃなくて良かったです。 | トップページ | 超個人的ジャカルタB級グルメ その1 »

2010年11月 5日 (金)

チャーター便だったとは。

 報道によれば、インドネシアのフレディ・ヌンベリ運輸大臣と東ティモールのダシルヴァ社会基盤整備相が両国間の航空に関する了解覚書に調印したとのこと。この了解覚書は去る7月27日に両国外相により署名された両国間の航空協定に基づき作成されたもので、これにより、両国の航空会社は合意されたルートの定期便を週14便まで就航することが出来ることになるんだそうです。

 が、ちょっと待てよ。かって落花生。が毎月ジャカルタとの間を往来していた時のメルパティ・ヌサンタラ航空便は、無許可便だったってことですかい? と思ったら、ちゃんと書いてありました。
 これまで東ティモール便はメルパティ航空が飛ばして来ていたデンパサール・ディリ便は、正確には「チャーター便を」なんだそうだ。

Mz070_2
東ティモール時代にお世話になったメルパティ航空。このF100よりB737-200が多かったな。

 茨城空港に飛んで来ている春秋航空も確かそんな扱いだったっけ。だからメルパティのホームページには載ってなかったりしたのかな。

 ともあれ、これまでいつまでたっても飛ばなかったティモールの翼も、ようやく定期便を開始する事が出来るのでしょうか。久しぶりに行ってみようかな。

|

« 墜落!?じゃなくて良かったです。 | トップページ | 超個人的ジャカルタB級グルメ その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/49949629

この記事へのトラックバック一覧です: チャーター便だったとは。:

« 墜落!?じゃなくて良かったです。 | トップページ | 超個人的ジャカルタB級グルメ その1 »