« プロトンが買えるらしいですin Japan | トップページ | ディリへの新路線! »

2010年12月21日 (火)

交通事故 (私ではありませんが)

朝出勤して仕事をしていると、事務所の前の道の方で大きな衝突音。また追突事故でも起こったかな?と思ううち、セキュリティのスタッフから「事務所前で交通事故、ローカルスタッフが巻き込まれた」との電話連絡があり、慌てて様子を見に行くと、事務所のロビーのソファーには怪我をして担ぎ込まれた女性職員、門の前には前部が激しく壊れたホンダ・ジャズと1台のバイク。どうやら事務所の壁や門もぶつけられて傷ついているらしい。
もう一人の被害者、バイクの運転手は既に救急車で病院に搬送されたらしく、ついでウチの職員もようやくやって来た"警察の"救急車で近くの病院に搬送されていった。

病院には日本人職員が同行して行ったのだけれど、案の定病院では検査・入院時に支払保証の事を聞かれ、その日本人職員がポケットマネーで建て替えたとのこと。お金がないと緊急時の治療もしてくれないという国が多いと聞くが、ここインドネシアもその一つらしい。今回は事故の被害者だから、加害者側が負担するのが筋だけれど、それなのに被害者側としてお金を持って行かないと検査・治療して貰えないというのはちょっと非人道的な気がするが。そもそも救急車すら有料だというし。

勿論我々日本人は海外旅行傷害保険に加入しており、今回のアブディ・ワルヨ病院は東京海上と提携しておりキャッシュレス・サービス提供対象となっているらしいが、それにしても保険の証書を見せないと、保証金を預けなければいけないようだ。
ここインドネシアのような途上国でも、一定水準の医療サービスを受けるには、先進国並みのお金がかかる。今回も、頭部・腹部CTとレントゲン撮影、その他多少加療と1泊の入院で800ドル以上かかったとのこと。
我々外国人としては、保険の加入は必須だけれど現金も常にある程度すぐに支出できるように手持ちで用意しておかなければならないですね。

|

« プロトンが買えるらしいですin Japan | トップページ | ディリへの新路線! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/50384804

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故 (私ではありませんが):

« プロトンが買えるらしいですin Japan | トップページ | ディリへの新路線! »