« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月25日 (金)

被災地へ。

今回の出張、行き先はクライストチャーチ。ジャカルタから一番行き易い方法は、シンガポールから直通のSQ便があるようなのだが、クライストチャーチ(以下CHC)空港がまだ国際線は回復していない由。日本からの緊急援助隊を乗せた政府専用機はCHCに降りたようなのだが、これは特別らしい。仕方ないのでオークランド経由で入ることにして、取り敢えず、昨日24日、午後のマレーシア航空MH720便でKL、3時間ほどの乗り換え(+1時間ほどの遅延)でオークランド行きMH131便に乗り換え。これが所要時間10時間半って、日本からヨーロッパ並みじゃないか。オセアニアって遠いんだね。

Aklp1160153
オークランド空港には、緊急援助隊を運んできた政府専用機が。

 昼過ぎに着いたオークランドでは国内線ターミナルまで延々歩いて乗り換えるも、1時間ほど遅れていた影響で、予定していた国内線NZ535便には乗れず、CHC行きの便は援助関係者やメディアが大勢集中しているせいで大混雑しており、ウェイティングかけて乗れたのは夕方17時のNZ547便。L&Pとかいうこの国オリジナルのソフトドリンクを楽しみながら、1時間20分程でCHC着。機窓からはそれほど被害を受けた街には見受けられない。
 普通であれば、到着時の空港には事務所のスタッフが迎えに来てくれている筈なのだが、今回はその連絡が全然取れなかった。後で聞いたのだが、CHC事務所の入っているビルも地震で階段が落ちたりして、使用不可能になっているのだそうで、メール・テレックスの類も全く読めない状況にあった。そうとはつゆ知らず、こちらはタクシーやバスが難しければレンタカーでも借りて事務所の近くに行くしかないなと思っていたら、それでも事務所の若手が空港で我々2名を迎えてくれて一安心。

 空港から市内への道沿いは、ちょっと塀の壊れた家がある程度で、とてもそんな大被害が出たとは思えないような状態だったが、市内中心部の被害の大きかったエリアは警察によって立入禁止になっており、周辺には崩れた建物もチラホラ見える。
 事務所はホテル…というよりモーテルの2室を間借りした仮事務所。夕食は、事務所のローカルスタッフが作ってくれた炊き出しのようなカレー。自分たちも被災して、電気や水が使えなかったり、クルマが潰れたり、といった被害を受けながらも、我々応援出張者のために仕事をしてくれ、感謝です。
Chcp1160164
クライストチャーチ市内中心部には、倒壊した建物も多くみられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

突然の出張。

このところ暫く落ち着いた日々が続いており、これから3月の国内出張と、これが終われば3月末の一時帰国かな?等とのんびり構えていたら、突然状況が一転。

今日夜、今週末に離任する予定の同僚と事務所の近くで夕食を食べていたら、突然上司からの電話連絡。「悪いんだけれど、明日から出張に行ってくれない?」行き先はニュージーランド。勿論キウイや羊と戯れてらっしゃいなんて話な訳はないな、今の状況下では。昨日発生した地震で、大勢の学生が生き埋めになっているとの報道があり、クライストチャーチにあるウチの事務所も大変な状況になっているらしい。取り敢えず応援出張ということで、慌てて切符の手配と引き継ぎの準備を行い、明日の午後のマレーシア航空便で出発する事になった。厳しい出張になるだろうな。NZが落花生。には似合わない、なんて言ってくるヤツも居そうだが、これは仕事だ。せめて応援してくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

ドライブっていいね。

毎日ジャカルタ市内の渋滞の中でトロトロ走っていると、たまには郊外のすいた道を爽快に走り回ってみたいという欲求に駆られることがある。まあ、こないだのプンチャックからの帰りも大渋滞だった訳で、郊外に出たとしても、観光地はきっと週末はまた渋滞なんだろう。でもどっか行きたいな… 
というわけで、あまり観光客はおろか在留邦人の方々でも行かない(行く用事のない)エリアを一回りして見ることにし、アパートからタンジュン・プリオク港方面へとクルマを走らせた。

この港、日本からの中古電車が運び込まれる港ということで、ごく一部の筋の方には有名なのだが、この日は特段そんなイベントもなく、日曜の午後ということで、長閑だ。ここからクルマを東に向けると、港湾荷役エリアを過ぎると、現れたのは湿地、というか池が一杯。エビの養殖でもしてるのかな。
そんなエリアから、畑の中、小さな名もない集落を縫って細い道を走り、1時間ほどでジャカルタ首都圏の東のはずれ、ベカシの市街地に入り、やっぱり渋滞に巻き込まれてしまった。まあ仕方がないな、帰ろう。
P1160142
ジャカルタ市内から30分も走れば、のどかな田園風景が広がる。

というわけで、これまで時々触れてきた落花生。の愛車、TOYOTA FORTUNERについて、ページを纏めてみました。「日本で買えない日本車」なんですが、北米や欧州仕様とちがって、アジア・途上国向けモデルって、あんまりにもメディアに相手にされなさ過ぎですよね。トヨタの屋台骨を支える重要な一連のモデル・シリーズなんですが、ちょっと可哀そうなんで、自分で少し書いてみることにした訳です。ご関心のある方のみ、ドーゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »