« 一時帰国でしたが。 | トップページ | 新年度になり、 »

2011年3月27日 (日)

インドネシアからの救援チーム。

地震から半月、一週間前から被災地に入っていたインドネシアの救援チームが帰国するというので出迎えに空港に向かった。
震災の被害が次第に判明するにつれて、数多くの国々から支援の申し出が先を争ってなされ、普段から他国の災害の度に日本の国益にも一見関係なさそうな国に対してまで支援の手を差し伸べていたのが、こうやって帰って来るんですね。

実際のところ、多くの支援物資を海外から送って貰っても、成田から被災地までの運ぶ手段がないとか、外国製の薬は日本政府厚生労働省の承認を受けていないから、薬害なんかが発生した時の責任の所在がどうなるとか、外国の医師免許しか持ってない医師が来ても日本国内では医療活動をする法的根拠がないとか、NGOの人が来ても現地でガソリンも食料も手に入りにくいから、全部自分で自己完結で来て貰わなければならないとか、色々な障害はありますが、今回は結構「超法規的措置」で目を瞑ってる部分があるみたいで、きっと将来問題が起こることもあるかもしれませんが、今この非常時、少しでも救われる人がいればいいんだとと思います。
Rescueteamp1160195
帰国報告をするインドネシアの救援チーム。右には塩尻駐インドネシア大使の姿も。

で、その15人のインドネシアチーム、一関を拠点に、気仙沼、石巻、鮎川といったあたりを廻り、動きのとれなくなっていた数十人のインドネシア人被災者を救出して東京経由で帰国させるのに一役買ったとか。
確かに今の日本政府(中央・地方とも)に、外国人を(特に遺体で発見された場合など)アイデンティファイして、母国に送り届けるだけのキャパはないかもしれません。そこをもう手弁当で自国民保護をやってくれるのであれば、助かった、と思っていいんでしょうね。

逆に日本人が海外で被災した場合、大使館や領事館(あるいは本国から)はどこまで助けに行けるでしょうか。
二次災害の恐れがある場合なんか、特に。今回のインドネシアチームは、国家防災庁の職員、医師、軍人等の混成チームだそうですが、日本の場合、相手国によっては、自衛隊は「海外派遣(派兵)だ」とかいう議論になって、いつまでも送れなかったりする可能性も大いにありますもんね。

|

« 一時帰国でしたが。 | トップページ | 新年度になり、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/51284790

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアからの救援チーム。:

« 一時帰国でしたが。 | トップページ | 新年度になり、 »