« ジャカルタに戻ります。 | トップページ | マカッサルへ出張。 »

2011年4月30日 (土)

チレボンでバティック。

週末の今日は日帰りでジャワ島北海岸のチレボンへ。ジャカルタのガンビル駅から朝06:00発の「Cirebon Ekspres」に乗っておよそ3時間。趣味的に面白いものあるの?と聞かれそうだが、今日の目的はバティック。へぇ~そんな趣味あったんだ?と意外視されるかもね。
出発時間を勘違いしていて危うく乗り遅れそうになりかけたが、無事に定刻に列車は出発。10人ほどの一行は、今日はバティック目当てということで、流石に在留邦人の女性が殆ど。羨ましい?いやいや。あとで女性の物欲、いやお買い物にかける情熱をいやというほど思い知らされるわけで。

今日はACつきのEksektifが売り切れということで、2等のBisnis(エアコンなし)での旅立ちとなったが、朝早起きしたこともあり、途中ウツラウツラするうちにあっという間にチレボン到着。先ずは借り上げのクルマで市内の南外れにある賀集さんという方のバティック工房へ。
P1000008_3
真剣な面持ちで作業する女性職人の皆さん。

ここはペンギンの絵柄のバテッィクで在留邦人には結構有名なところで、前々から行ってみたいと思っていたところ。裏の工房では20人ほどのスタッフが熱心に作業中だったが、仕事場のあちこちに可愛らしいペンギンのイラストが描かれ、小物を幾つかと、ちょっと時間がかかる特注品まで頼んでしまったのだが、大勢の女性陣の勢いに押され、ちょっと遠慮がちになってしまった。。。(^_^);;
P1000010_2
工房のあちこちに、こんな楽しい注意書きが。「仕事中は携帯いじってちゃダメ!」

その後は、市内のシーフード料理店でお昼ご飯の後、やはり市内のTrusumi地区のバティック屋さん街でお買い物。メガ・ムンドゥンと呼ばれる雲柄のデザインがここの特徴らしいが、勿論いろんなデザインの物がある。ジャカルタと比べれば、お値段は半額くらいか。

そんな訳で、あっという間に数時間が経ち、帰りは18:15発のチレボン・エクスプレスで今度はエアコン付きのEksektifでゆったり、晩御飯など食べながら、あっという間に帰って参りました。
たまにはこういう旅行もいいですね。なにせ、手配を全部任せてしまうのって、楽~♪ 某政府系援助機関JのS部さん、ありがとうございました。

|

« ジャカルタに戻ります。 | トップページ | マカッサルへ出張。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/51553034

この記事へのトラックバック一覧です: チレボンでバティック。:

« ジャカルタに戻ります。 | トップページ | マカッサルへ出張。 »