« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

ビデオ屋から震災を。

何のきっかけだったか、市内ブロックMにあるDVD屋でドラマのDVDを全話(1クール分)大人買いしてきた。
民放のドラマやバラエティ等を録画したモノをダビング、いやDVDだから違うな、まあそれをレンタルしているビデオ屋がジャカルタ市内には何店かあって、NHK衛星放送しか見ることが出来ない在留邦人(特に御家族の方々)の心の拠り所となっている。
勿論厳密には違法なのだろうね。日本の国内法が適用されない外地での商売だけれど、(国外犯規定あるのかな?)今後地デジ化されて、10回以上コピーできないようになってしまうと、このビジネスも成り立たないような気がするし、在留邦人の家族は再度情報から隔絶されてしまうのかと心配になります。

さておき、そのビデオ屋、旬の時期を過ぎた作品のDVDは販売に出してしまい、同僚にも結構愛好者がいるようだが、今回落花生。が利用するのは初めて。
せめて無料で視聴できる民放放送局のビジネスが成り立っている形態は尊重しないといけないので、CMは飛ばさず全部見ることにしていたのだが、回が進むにつれ、東北地方での地震速報が目立つようになり、最終回放送分では画面の左と下に「被災地関連情報」「福島第一原発関連情報」L型画面が常駐し、テロップが常に流れている。そして、CMが激減、というか、殆どのCMがAC(公共広告機構)のモノに置き換わっていた。
震災後、ACのCMが多くて鬱陶しいとの苦情が寄せられたというネットニュースを見ていたが、これのことか。
図らずも、震災直後の日本の放送状況に実際に触れることとなった訳でした。

ちなみに見ていたドラマは「外交官 黒田康作」。初回・第2回でメキシコ大使館が犯罪者をかくまった共犯かのようなイメージで描かれていたため同大使館から抗議を受け、第3回目からは謝罪のテロップと、以降の登場国名が架空の国になってしまったといういわくつき。っていうか、情けなさ。"外交官"という表題の割に、中身は殆ど
刑事ドラマみたいなもんで、まあ外交ではドラマにならないんでしょうねぇ。「アマルフィ」で「無駄遣いは外交官の特権」とか言わせ、ステロタイプな役所叩き論に迎合した描き方をして外務省の反感も買ってたし。
個人的には、番組の最初の方では外務大臣・副大臣は新政権(民主党のイメージ)の閣僚という描き方をされていたのに、12年前のメキシコ事件の際に、元総理と一緒に政治力を発揮して(即ち、当時も与党)副作用のある薬を輸入させて薬害を拡大させた、というあたりの軽い矛盾が、ちょっと?でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

ティルタ・サニタ温泉

 先週末のスマトラの温泉でちょいといい気になったか、ジャカルタ近郊にも温泉がいくつかある、しかも火山で有名なバンドゥンあたりではなく、ジャカルタの南西方にもあるとのこと。
そういえば二三ヶ月前のコミュニティ誌にもそんな記事が載っていた記憶が。先週には事務所の先輩母子が行ってきたというので、週末の今日、ちょいと用向きを済ませた後、昼過ぎにクルマを西に走らせた。

 メラクへ向かう高速のタンゲランICから南、スルポンBSD-CITYを越えてBogor方面に1時間ほど、次第に道が細く、悪くなってきた上に雨も降り出してきた。なんと日頃の行いが悪いことか。
 それでも「Taman Wisata Tirta Sanita」の案内看板が現れたので左折して少し走って駐車場に入り、食堂で昼ご飯を食べながら待つうちに、ようやく雨も上がってきた。これ幸い。Rp8,000を払ってアスレチックやボート、プールなど観光地のような園内に入ると、池の一角に「VIP Kamar Mandi」と書かれた小屋がある。他に普通のMandi小屋もあるようだが、ここは先週のこともある。たいした額じゃないんだし、(比較的)綺麗な(と思われる)側に入ってみることにする。
 入浴料はRp10,000。夫婦であっても男女が同じ浴室に入ることを禁じる、なんて書いてある入浴室(なんだ、色々計画考えたのに、ダメぢゃん(笑))に入ってみると、先週のスマトラのに比べると、広く、新しく、まあそれなりに綺麗。せっかくだから着替えなどのために台のひとつくらいは置いて貰いたいもんだが。
入ってみると、バスタブ周辺が白く石灰化しているだけあって、注がれてくるお湯を舐めてみると随分としょっぱい。まあこれくらいなら日本人でも来られないことはないかな。
 せっかくなのだから、このような温泉を引いた宿泊施設を作って欲しいもんです。どこかにあるのかしらねえ。
Img2011052100110
Tirta Sanita温泉の「VIP」入浴施設。先週のスマトラのよりは少し綺麗なんで、載せときます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

プチ・乗り潰し by 幼稚園児の貸切列車で。

 座り心地の悪さと列車の揺れであまり眠れないまま、定刻から30分ほど遅れて04:25頃Kertapati着。取り敢えずこんな時間に行くところもないので、そのままホームで07:30発のIndralaya行きを待つことにする。
 インドララヤとは、Kertapatiからの本線を西に22km走ったところに新設された信号所「Pos Indralaya」から分岐する4kmほどの、2009年2月に新設された短い枝線で、近くのSriwijaya大学の通学用にKertapatiから朝07:30、09:00、Indralaya からは08:22、14:00の2往復の列車が設定されている。
 ところが、出発時刻の07:30が迫ってもインドララヤ行き「Seruni」号の発券窓口が開く気配はなく、駅員に聞いても「もうすぐ開くよ」と言うばかり。何回もしつこく聞くうち、案内所に招き入れられ、ゆっくりとした外国人にも分かり易く言葉を選んで話してくれる案内嬢曰く、この路線は大学の通学生がメインで、土日・休日は運行していない、土日休日は(パンフレットを指さしながら)幼稚園児用に貸切運転しているだけ、とのこと。 そんなこと、駅の発着案内時刻表にも、PT.KAIのHPにも一言も書いてないじゃないですか。この案内の写真を見て、わざわざ来たんですよ、これで乗れなかったら、またもう一度こなくちゃならないじゃないですか、云々と言っても仕方がない抗議を繰り返すうちに、「じゃあ、今日貸切りする幼稚園の園長先生に聞いてみて、OKが出たら乗ってよいですよ」という瓢箪から駒のような提案がなされた。
Indralayap10002662
インドララヤ駅に到着した貸切列車(右)。左は新型レールバス。使われてるの?

 へえ、言ってみるもんですなあ。但し出発は09:00の515列車のダイヤに合わせて、ということなので、1時間ほどの間、世間話、というか会話の練習をしつつ時間潰し。やがて現れたおばちゃん園長先生、この異邦人の便乗を快くOKしてくれ、別にお金も払わなくてよいですよ、とのこと。ありがとうございます。
 この臨時貸切列車は、この路線専用に製造された「レールバス」なる連接構造の不思議な新型ディーゼルカーを使用しているのが売りなんだけれど、実際にホームに入っていたのは、DLが2等Bisnis客車を2両従えた一般編成。あら残念。 定刻を23分ほど遅れて出発した列車は、先程乗って来た線路を走り、数年前に乗った時と同じ白い幹の北海道の白樺のような木がポツポツと生えた湿地帯を西に走り、Pos Indralayaで本線から分岐、流石に新設線だけあってよく路盤の整備された線路を快走、 30分今日ほどで、未来的なデザインの駅舎を持つ終点インドララヤに到着。 幼稚園児御一行様はこの駅で数時間遊んでからパレンバンに戻るようなので、こちらは駅前からスリウィジャヤ大学の方へブラブラ。道端でバスを待つうちに、目の前の家で客を下したトラフェルの運転手が、小遣い稼ぎに「パレンバンなら乗って行け」というので、便乗させて貰い(Rp20,000)市内のモールまで送って貰いました。

 今日の帰りは、なぜか一番安かったガルーダ(普通はライオンやその他の会社の方が安い)GA125便でジャカルタへ帰京し、ガンビル行きの DAMRIのバスで帰宅。
Indralayap1000275
鉄道の駅らしからぬデザインのインドララヤ駅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

温泉はいいんだけれど、

 昨晩は15時半にNapalPutihを出発してクルマを飛ばし、ブンクル市内のホテルについたのは21時半。ようやっとまともな宿で眠ることが出来ました。

 昨日あれだけのインパクトのある物を楽しんじゃうと、今日からの日程はもうおまけみたいなものになっちゃうのはある程度仕方がないかなあ。先ずはホテルにトラフェル(前にも書いたことのある、乗合都市間タクシーみたいなもの。Rp60,000) を呼んで貰い(昨日までクルマをチャーターしたのと同じ会社だった)、山を越え、ちょっと変わった雰囲気の伝統家屋の立ち並ぶ街を幾つか抜け、途中で食事をとったりして4時間ほどかかってLubulinggauの街についたのは15時近くだった。
 ここからパレンバンまでは鉄道がある、というか、寧ろパレンバン側からここまでの線路はオランダ時代に敷かれたもので、この辺りはやはり鉱山の積み出し施設として出来た街なんだろう。先述の「Majalah KA」誌2011年2月号の特集を読むと、沿線にいくつも鉱山があり、沢山の貨物列車が運行されているようだ。ルブックリンガウ自体はそれほど大きな街でもなく、線路は唐突にここで切れており、何があるんだろう?とは思っていましたが。
 駅の切符窓口は夜19時から、ということだったのだけれど、また満席となっては目も当てられないので、そこは外国人の特権、駅事務所で頼み込んで今晩のKertapati(パレンバンの街外れ)行きのチケットを1枚確保して貰い、今日はこれで一安心。

 それまでの時間は、温泉でも行ってみることにして、市内の旅行会社を2軒ほど覗いてみるが、いずれもトラフェルの連絡所という色合いが濃く、ツアーはおろか、スバンという街へのクルマのチャーターも出来ない由。さっきブンクルから走って来る途中の街なんで、バスがあるのは知っていた。そんなこんなするうちに、店のオヤジがバイクでスバンを経由してCurup迄向かうミニバス乗り場に連れて行ってくれ(お金は取られたが)スズキ・キャリー(1,000cc)に11人ほど詰め込んで、16時頃に出発。冷房なんかないけど、夕方の風が心地よい。親切な他のお客さんに色々教えて貰いながら、1時間15分ほどで40kmを快走し、スバンの街外れで降ろされ、客待ちしていたオジェック(バイクタクシー)で10分ほど走って温泉(Pemandian Suban Air Panas)へ無事到着。
Subanp1000232
スバン温泉の入浴施設。室内はちょっと写真を載せるのは抵抗感が。。。

 スマトラの山奥の秘湯かと思いきや、観光バスも停まっており、結構な人出だ。Rp2,000の入場料と、入浴施設の入口で更に入浴施設使用料としてRp2,000を払うが、「やたら安いな」と思ったら案の定、極めて衛生的に抵抗感を感じる個室入浴施設でした。写真は自粛しときます。せっかくいいお湯なんだから、10倍値段払ってもいいんで(それでも200円)、もう少し綺麗な施設を作ってくれるといいのだけれど… あとは温水プールがあって、地元の観光客のメインはこちらの方。特に若者達が楽しんでました。
再度バイクで国道に戻ると、ちょうどルブックリンガウ行きのローカルバスが現れ、長距離便らしく途中で食事休憩をとって時間は要したものの、19時半過ぎに無事に戻ってこられました。

 今晩の宿は21時発のKertapati行き1・2等急行「Sindang Marga」号。連休中ということもあって今日は繁忙期・週末料金のRp100,000だが、Bisnisとの料金差が3割程度しかないので、一等Eksektifは満席。早めに買っといてよかったよ。
Lubuklinggaup1000221
今晩の宿となる「Sindang Marga」号。そういえばこの国で夜行に乗るの、初めてかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

スマトラの奥地に謎の森林鉄道を訪ねて。

 マスジッドの朝はアザーンで明ける・・・のが通常なのだが、今日はまだ暗い朝5時前にクタフンの街を出発。
街を出て北へ暫く走った後、未舗装の道に入り走る事約3時間。8時過ぎについたのは、NapalPutihという小さな山奥の村。小さな村の中心を抜け、市場を過ぎたその先に、お目当ての森林鉄道の駅はありました。

 森林鉄道って呼ぶのが正しいのかどうか。ここNapalPutihから、山奥のLebongTandaiという集落までのおよそ33kmを結ぶ鉄道の存在を知ったのは、インドネシア唯一の鉄道雑誌「Majalah KA」の2010年12月号だった。オランダ時代の1907年にこのスマトラ、現在のブンクル州北部の金鉱山からの運び出し用の目的で、記事には「Trem Hutan(森のトラム)」と書かれたこの軌間600mmナローの軌道が敷かれ、最盛期にはLebongSoeili、MoegraSantanといった他の集落にも線路は伸びていたらしい(現在は廃止)。
 古いポーター製蒸気機関車や運行開始当時のものと思われる古い白黒写真から、歴史記事なのかと思ったが、中に一枚、2009年4月撮影と書かれたトロッコの写真があった。そして今年2月号の同雑誌には、外国人が2009年にこの地を訪問したという記事が掲載された。このトロッコ鉄道、まだあるんだ!!

 というわけで、その「駅」。出発を待つ1台の自走客車。近くの商店のオヤジは関係者らしく、平日は朝7~8時にかけて数台、日曜は8~9時にかけて数台の車輛が続行運転する、という。料金は片道Rp25,000。所要時間は片道2時間半。LebongTandaiからは12時頃に出発し、15時前に戻って来る。18時頃にNapalPutih発LebongTandai行きが運転されることもあり、その場合夜中0時頃にLebongTandai発NapanPutih行きが運転される。。。って夜行便かい!

 まだ出発まで少し時間があると言うので、近くの市場を一回りして朝食用にマルタバック(ホットケーキのようなもの)を買って駅に戻ると、自走客車は3台に増え、間もなく出発するから乗れ、と言われる。

 緑と黄色に塗り分けられた1両に乗り込んで、中国製のトラクター用と思しきディーゼルエンジンが廻り出し、さあ出発だー♪ 
 せっかくなので、今日はこの怪しい鉄道の写真を堪能していただきましょう。
Napalputihp1000102
NapalPutih「駅」全景。怪しい2軸の自走客車に期待が高まります。

Bp1000211
さあ出発! 草原を駆け抜け、

Lebongtandaip1000203
森を抜け・・・

Lebongtandaip1000191
立派な橋を渡り・・・

Bp1000204
段々線路が怪しくなってきて。。。

Bp1000196
次第に道なき道を行くようになり。。。

Lebongtandaip1000134_2
ヒヤヒヤするような箇所もそこかしこに・・・

Bp1000210_2
途中の"駅"で地元のおばちゃんたちを下ろし、

Lebongtandaip1000177
そして終着LebongTandaiに到着。食堂も一軒だけ有、宿はKepala Desa(村長)の家に泊まれる由。

Bp1000165
Lebong Tandaiは川に沿った小さな集落。

Bp1000168
元は鉱山街だったんで、村の中には積み出し設備が残る。

Bp1000162
さあ、そろそろ帰りましょうかねえ。。。

Napalputihp1000213
単端式の車両の転回は人力で・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

ブンクル州へ。

さてさて、来週火曜日は仏教際とやらで休日で、飛び石連休。月曜日有給とることにしたら、なんと金曜の午後になって突然「来週月曜16日は休日とする」とのお触れが出たとのこと。
というわけで4連休になってしまったから、ではないのですが、久々にちょっと旅行に出ることにしました。

今日の出発は結構のんびりなので、ガンビル駅からDAMRIのバスで空港に向かい、13:00発のバタヴィア航空Y6-551便Bengkulu行きにチェックイン。案の定50分ほど遅れて漸く出発。

Y6b3p1000073_2
ブンクル空港に到着。定刻に飛んだことのないバタヴィア航空B737-400

ブンクルってどこ?って感じですか。日本のガイドブックにも載ってないし、ネットでもほとんど情報引っかからないもんね。一応、ラフレシアの花で有名なところらしい。勿論一回くらいは見に行かなきゃ、とは思ってるけど、今回の目的は本能寺。

空港には事前にアレンジしておいたクルマに迎えに来て貰い(大人~!)市内の旅行会社に立ち寄って日程を確認、精算した後、海辺の国道をひたすら北へ向かって走り、今日の目的地はBengkulu Utama県のKetahunという小さな街。「ホテルは混んでるわけないから予約しとく必要ないよ」などという旅行会社の店の人の言うことを信じてそのまま18時半頃着いてみたら、街に2つしかないロスメンは、週末で炭鉱から降りてきた人たちで満員だという。だーかーらー、言わんこっちゃない。。。。  どうするよ。
取り敢えず晩御飯食べて、近くの宿がある街までは2時間は走るという。明日の朝は5時には出なければならないのに、2時間もロスしたら、3時に出なきゃならんじゃないか。

仕方がないので、街の中のマスジッド(モスク)の広場にクルマを停めて、野宿する羽目になった。
いい歳して、何やってんだか、一体。。。(-_-#)

Ketahun2011051400091
次に来る方、電話で予約した方がよいですよ。2軒のロスメンのうち、綺麗な方の看板。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

メルパティ、また落ちたらしいです。

 週末の今日は、散髪をしたり買物の雑用をこなし、午後最近開店した「小樽バームクーヘン屋」でお茶でも、と市内南部クマンあたりを走っていた時、14時過ぎだったか、カーラジオから、どうやらメルパティが墜落して犠牲者が出ているらしい、と聞こえてきた。
 勿論ネイティブ・スピードなのでよく聞き取れるわけではないのだけれど、そこは蛇の道はなんとか頑張ってみると、西パプアのソロンからカイマナ(これが聞き取れなかった)へ向かっていた乗員乗客27名を乗せたMZ8968便、MA-60型機がカイマナ空港の直前約500mのところで海に墜落、救出作業中なるも、既に十数名が救出されて病院へ運ばれている由(生死不明)。

 MA-60といえば、中国西安製の、元はと言えば古いアントノフ24の中国版デッドコピーの(運輸)Y-7型機の近代化版だったか。ASEANの雄として間接的に領土領海問題等を抱え、この地域の主導権を巡って必ずしも良好な関係とは言い難いイ・中関係だけれど、国営メルパティ航空がそんな機体を購入するような関係はあるのね。
 まあジャカルタ住人でも聞いたことないようなところを飛んでるローカル路線なんで、予想どおり日本人乗客は居なかったのでヤレヤレですが、やっぱり毎年1,2度の飛行機事故あるんですよね、この国。
Andirmz02300c
MZのMA-60、同型機ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

マカッサル土産。

さてあっという間に出張終わり。領事館事務所やJICAの方々に色々お話を伺ったりも出来、まあそれなりに有意義でした。でもどちらもだいたいいつも定時に仕事終われるっていうから、それは羨ましいなあ。牛乳が手に入らない(ロングライフのみ)とか、物質面では色々不便はありそうなマカッサルですが。

最後は空港に行くついでに市内のスーパーでお土産を。「Nomi-mono」という名のマルキッサ・ジュースにトラジャコーヒーなど。
Img2011050700074
マカッサル土産として勧められた「Nomi-mono」なるマルキッサ・ドリンク。さて、お味は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

マカッサルへ出張。

 今日からマカッサルに出張。昼前に事務所のセレナで空港に向かい、13:55発のGA610にチェックイン。事務所のスタッフが気を効かせて最前列の5Cをとっておいてくれたんで、足元広々。最近のガルーダはドメスでもB737-800、シートTVつきで、映画メニューにはなんと宇宙戦艦ヤマト(キムタクの奴。こないだ成田便で視聴済)が入ってたけど、マカッサル到着までに見終わらない(苦笑)。。。
Img2011050400066
お昼過ぎのGA国内線の機内食。まあ悪くないかな。

 8年前に来たときに工事中だった新空港から、事務所のイノーバで市内のアルヤドゥタ・ホテルにチェックインし、夕食は海鮮料理のSURYAという中華料理店。ジャカルタ出発前には、ローカルスタッフも含めていろんな人から「海鮮楽しんできてね」と言われてきたけど、蟹など美味しく頂いて参りました。
Wajo2011050400067
蟹、イカ、エビ等の美味しい晩御飯。出張中の楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »