« こんなの出来るそうです:ジャカルタMRT。 | トップページ | シンガポール出張。 »

2011年7月 3日 (日)

ダイヤ改正です。

昨日7月2日から、ジャカルタの近郊JABOTABEKの電鉄列車のダイヤ改正だそうです。
今回の改正での大きなニュースは、ボゴールへのPakuan Ekspres、その他Bekasi EkspresやタンゲランへのBanten Ekspresといった近郊の急行電車が廃止され、Ekonomiと従来のEkonomi-ACに相当するCommuterに統合されるという事でしょうか。これまで1時間弱だったジャカルタ=ボゴール間は1時間20分程度と相当時間がかかることとなってしまったのですが、他方通過駅では乗車機会が増え、急行通過駅だった落花生。の家最寄りのチキニ駅あたりでは、相対的に便利になっただろうか。

今回の改正では、更にEkonomi列車が大幅減便され、全列車の1/3程度の本数になってしまった印象。そもそも低所得者向けの交通機関な面も相当あった首都圏電鉄ですが、これで本数の限られたEkonomiの混雑は更に増し、屋根上乗車も続くことが予想されます。PT.KAIの職員の言を借りれば、近い将来すべての近郊列車はAC付とし、Ekonomiは廃止、収入増(チキニ=コタ間でEkonomiはRp1,000、CommuterはRp6,000。デポックまで同料金)を図るということらしいです。

なお従前の情報では、運転区間も大きく変更し、Bekasi=(中央線)=Kota、Bogor=Sudirman=北廻り=東線=Mangarai、等と、一番流動の多いボゴール方面から中央線コタ方面への直通がなくなるという衝撃的な話も耳にしていたのですが、それは流石にそうならなかった模様。

そんなわけで、ガンビル駅で最新の時刻表を入手したので、纏めてみました。元はボゴール方面中央線とベカシ方面東線が別々の時刻表だったのを統合したのですが、一部異常に近接した、殆ど同じ時間に走る時間が見られますところ、誤植なんでしょう。
また、この時刻表ではEkonomi列車もGambir駅に停車するように書かれていますが、確認した限りでは、まだEkonomi列車は従来どおりGambir駅を通過している模様です。さてこれからどうなるでしょうかね。「KRL2011.7.1kaisei.xls」をダウンロード  (←今回の改正時刻表です。誤植は元データからですのでご了承を)

M7000p1000990
高架区間を快走する急行電車も見納めです・・・。

|

« こんなの出来るそうです:ジャカルタMRT。 | トップページ | シンガポール出張。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/52132710

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正です。:

« こんなの出来るそうです:ジャカルタMRT。 | トップページ | シンガポール出張。 »