« 船の科学館と青函連絡船「羊蹄丸」。 | トップページ | 帰ってきました。 »

2011年8月26日 (金)

「鉄道ホビダス」に紹介されちゃいました。

今日は午後から買物と夜の飲みだけなので、昼前にのそのそ起き出してメールチェック等してたらビックリ。このblogのアクセスが今日半日だけで2000件近くになってる。普段はせいぜい50~100PBなのに何が起きたのだ?とアクセス解析してみたら、どうやら産業用ナローゲージ鉄道に造詣の深いネコ・パブリッシングのレイル・マカジン誌編集長名取紀之さんのblog「編集長敬白」から飛んできているようだ。

このblogが紹介されたのは、暫く前にスマトラ・ブンクル州の森林鉄道の話しを書いて、これを以前にもやり取りしたことのある名取氏にご紹介した事があり、それを同編集長がご自身のblogで取り上げてくれた模様。
結局今日一日で4,000件ほどのアクセスがあり、流石は商業誌のblogの集客力だが、リンクされた先がこんな素人が片手間に綴ってるようなので、こちらが恐縮してしまいますね。

鉄道ホビダスはTetsuhobi_ov_new_2 こちら。      

|

« 船の科学館と青函連絡船「羊蹄丸」。 | トップページ | 帰ってきました。 »

コメント

ケンP太郎さま、
はじめまして。コメントありがとうございます。
仰るとおり、森の中を走ってはいても、林業用ではないので、森林鉄道といっては(?)ですよね。オランダが植民地政策の一環として建設したのですから、本当に「植民軌道」なのかもしれません。いずれにしても、お楽しみいただけたようでなによりです。 ご友人の方も含め、是非ご訪問を! 

投稿: 落花生。 | 2011年9月 4日 (日) 00時14分

はじめて
私もレイル・マガジンの方からきました
はっきり言ってあの密林に敷かれた線路を走る車両の写真は衝撃的です!
私としては森林鉄道と言うよりかつて北海道にあった簡易軌道(殖民軌道)に当てはまるかと思います(簡素な線路と手作り感覚の車両と言い)
私も実際に行ってきたいですが、どうやら?(友達でよくインドネシアに行くヤツがいるので紹介はしてみましたが)
ちなみに私もレイル・マガジンにはよく世話になっています(トワイライトゾーンやRM NEWSや最近では今日の一枚the Movie。あと、YouTubeも。基本、地元ネタ専門です。方針は大阪、関西地区の話題を世界へ、です)

投稿: ケンP太郎 | 2011年9月 3日 (土) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/52595207

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道ホビダス」に紹介されちゃいました。:

« 船の科学館と青函連絡船「羊蹄丸」。 | トップページ | 帰ってきました。 »