« 今回もちょっと今一つです。。。 | トップページ | やっぱりね、国内線の遅れ。 »

2011年8月 1日 (月)

ストイックな鉄の方々。

今日は半日ツアー参加。一行の朝は5時半出発と激早。
なんでも日の出をバックに写真を撮りたいからなのだそうで、この2週間、殆ど毎日のようにこんな感じのスケジュールで過ごしてきているらしい。10数名の参加者は殆どがリタイア後と思しき結構高齢な方々。大した体力とバイタリティだなあ。

そんなわけでJemberの市内から30分ほど走った、落花生。的には2度目のPG.Semboro。入構手続きはガイドさん任せで一行を乗せた2台のミニバスは機関庫前へ直行。
すると既に出発準備を整えた「Ash Train」がJung製29号機に引かれて白い煙を上げている。去年とは色が違うな?と思ったら、黒のボディに金色の線が引いてあり、なんでも旧塗装なのだとか。
今日の午前中は、この灰捨て列車編成をフォトランパス、午後はサトウキビ列車編成をチャーターとのことで、贅沢なもんです。
Sp1010276 
これがチャーターじゃなくて、ホントに活きてる蒸機であれば言うことないのですが...

ここPG.Semboroは今なお広大なフィールド線を持つ製糖工場で、残念なことに現在では通常全てのサトウキビ運送列車がDLによる運行となってしまっている。また、他のPGでは既にトラックによる輸送となってしまっている灰捨てもDL列車で、通常運行している蒸機は、例のファイアレス2台のみなのだそう。しかし、その路線網を活かし、このような蒸機列車のチャーターランを副業でやっており、その料金は毎年上がる一方・・・なのだそうです。

そんな訳で今日の午前中はこの蒸機のフォトランパス、即ち列車に乗って撮影地に向かい、そこで降りて列車を戻して目の前を通過させて撮影、その後再度同じ列車に乗って次の撮影地に向かうという贅沢なお遊び~ を楽しみ、お昼ご飯に合わせて近くのTanggulの街へ向かい一行とお別れ。
12:50発の1日2本しかない急行「Mutiara Timor」を捕まえスラバヤに移動(Sidoarjoの渋滞にも引っかからず、この区間は列車が良いねえ)、ガルーダGA331で帰京と相成りました。
Sp1010329_3
ああ、曇ってしまった… お日様のいぢわる。。。。(-_-)     

|

« 今回もちょっと今一つです。。。 | トップページ | やっぱりね、国内線の遅れ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/52435980

この記事へのトラックバック一覧です: ストイックな鉄の方々。:

« 今回もちょっと今一つです。。。 | トップページ | やっぱりね、国内線の遅れ。 »