« 「鉄道ホビダス」に紹介されちゃいました。 | トップページ | 鉄道は危ない? »

2011年9月 2日 (金)

帰ってきました。

あっという間にお休みもおしまい。
の最終日まで、友人とお昼につきあって貰った。帰ってきてすぐ人間ドック受けたけど、最終日近くになって受診してたら、恐らく相当悪い数値が出たんだろうなあ、と心配する位の毎日飲み続けでした。前回と同じか。
昨1日晩の帰りはシンガポール経由で、羽田からANAの夜行便。新宿西口からリムジンで羽田の新国際ターミナルに直行し、ここで10数年ぶりの韓国時代の友人から突然ヘルプTELが入るというサプライズがあったりしながらも、ラウンジで最後の山菜うどん(キツネ乗せ)を頂いてからNH151便のビジネスクラスに搭乗。

今回はSFCの4ポイントでアップグレードして貰ったんですねー。間もなく導入される新型機B787と同じものが設置されているというのが売り物の新シート「クレイドル」。
なのですが、いざワクワクしながら座って動かしてみると、座面と背もたれ、フットレストが一つのボタンで自動調整されながら動くようで、ある程度まで背中を倒さないとフットレストが経ちあげられない。例えば足だけ水平方向に上げて背もたれは直角に立てて読書/TV視聴、というスタイルが取れないようなのだ。座席の表皮のファブリックも最近の新しいエコノミーと同じでどうも肌に触れた感じが安っぽくて好きになれない感じ。
夜行便ということもあり、食事は直ぐに持ってくる軽食(数年前に米国線で話題となったハンバーガーなど)か朝食(和洋)の選択のみ。両方はダメなの?。和食の朝食を選択してみたけれど、ご覧のとおりトレイはスカスカ。朝から「仕事前にシッカリ」というコンセプトからすると、ちょっとガッカリ感強いかな。
シンガポールでは3時間ほどの待ち合わせの後、満席のSQ956ジャカルタ戻り。
Img2011090200358
シンガポール到着直前の朝食。特に前方のスカスカ感が強いのは、カトラリーが忘れられている為。

|

« 「鉄道ホビダス」に紹介されちゃいました。 | トップページ | 鉄道は危ない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/52639709

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきました。:

« 「鉄道ホビダス」に紹介されちゃいました。 | トップページ | 鉄道は危ない? »