« 週末小旅行♪ | トップページ | JKT48だそうです。 »

2011年9月11日 (日)

手軽にTegal...

朝は6時に起床。朝食を食べてすぐ出発、国道を東に走り、隣町のPemalangから南に折れ、既に3度目のPG.SumberHarjoへ。ここは中部ジャワでは唯一のフィールドへ列車が出る製糖工場。工場手前の踏み切りと工場西口の運転詰所で尋ねると、ここ数日東線方面に蒸機が出る、8時半頃に出て夜20時頃に戻ってくるというので、1kmほど歩いた開けたポイントで待ち受けるが、いつまで経っても来ない。
…と思いきや、10時近くなった頃、運転手からSMSが入り、機関車がエンコして動かないとの事。
また線路端をテクテク歩いて戻ってみると、故障して動かないのはDLで、肝心のSLの方はといえば、西口詰所のあたりで入れ換えやってるだけのようで、今日はもう外に出ないとの事。この臨機応変さというか、情報の不正確さに泣かされるんだなあ…(涙)
Fortunerandlokop1010651_2
サトウキビ畑の悪路に分け入るために四駆にしたんですが。
PG.SumberHarjoの西門詰所前で、稼働中の7号機と。

仕方ないので東のPekalongan手前のPG.Slagiへ転戦。国鉄スラギ駅に立ち寄ると、なんと旅客列車の停車は一本もなくなってしまっており、Madiun近郊のPG.Soedhonoと並んで数少ない鉄道だけで行けるPGだったのだが…
で、そのPG.Slagi、積み替えヤードにいってみると、ひっそり静まり返り、運転関係の職員が暇そうにお喋りしているばかり。聞いてみると、今年の作業は今朝でおしまい、機関車はもうしまっちゃったよ、だって。ホントだったら、なんてタイミングの悪さ。残りのサトウキビは西のパンカー西の運んで行っているというので、今度は車を西に走らせ、Tegalの南のSlawiの西にあるPG.Jatibarangを年のためチェックするも、こちらももう店仕舞い済み。再度Slawiから東に向かい、最後の砦、PG.Pangkahに辿り着いてみると、こちらはようやく盛業中。アドミに顔出すと、入場許可料「250,000ルピア」等と強気な価格設定をいうので(普通は5万~10万位)、こちらはジャカルタ在住だから、とDomestic料金のRp.150,000にまけさせ、夕暮れまで積み替えヤードと工場への搬入口の入れ換えあたりで日暮れまで楽しみました。
Pangkahp1010741
今日はLumix GF2のフィルター機能を使って遊んでみました。PG.Pangkahにて。

帰りは18時半過ぎに出て案内表示の足りない田舎道で苦労してPemalangで19時。それでもBrebesからCirebonの西まで新しい高速道路が70kmほど出来ていたので快調に飛ばし、12時半過ぎにはジャカルタに帰りつけました。やれやれ。
Retrop1010785
こちらは「レトロ調」フィルター風。

|

« 週末小旅行♪ | トップページ | JKT48だそうです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/52777509

この記事へのトラックバック一覧です: 手軽にTegal...:

« 週末小旅行♪ | トップページ | JKT48だそうです。 »