« 来ましたよ、奴が。 | トップページ | 時刻表に無い汽車に乗る@チアンジュール »

2011年10月30日 (日)

ドリフターズ in ジャカルタ。

今日は朝から高速飛ばしてボゴール近くのSentulのJJCのグラウンドでソフトボール大会。1試合勝利に気を良くしつつ、キラ銀で早めのお昼ご飯の後、再度高速を飛ばして一旦自宅に戻ってから、タクシーでクマヨランのJIEXPOへと転戦。
今日は同僚のO條さんの誘いで、ここで開催される、当地タイヤメーカーのブランド名を冠した「Achilles Radial Formula Drift Indonesia 2011」なる、ドリフトの国際イベントの観戦。先般のモーターショーの際にもちょっとしたドリフト大会があって夜少し眺める機会があったのだけれど、今日は国際大会ということで、豪州、タイ、そして日本からも参戦するのだそうです。
昼過ぎに到着してみると、既に入場料金15万ルピア、20万ルピアのチケットは「完売」ということで、買えたのはRp25,000の立見席のみ。それでも中に入ってみると、メインスタンド側の席はチケットチェックが厳しいものの、バックスタンド側の15万Rpの席は全くチェックがなされておらず、そちらに座ってノンビリ観戦・・・いや炎天下だったんで、相当暑かったんですけどね。
それでもここジャカルタでドリフトですか。日本では市民権を得た、とは言わないまでも、自分が学生時代末期、深夜の高尾山あたりに通ってた頃とは大違いで、毎年何回もお台場あたりで大会が開かれているのは驚きなのですが、ここジャカルタではクルマはまだまだ学生がバイトして買えるような代物じゃありません。安いクルマは古いキジャンのようなMPVだったり、FFのセダンだったり。今の新車でも、ベンツやBMWのような欧州プレミアムブランドを除くと、FR車で正規に市販されてるのはMazdaのRX-8位か。RushやInnova、AvanzaなんかのMPV車は確かにFRであってもドリフト出来るような車種じゃない。

そんな事情もあって、本日のドリフトに参加しているのは、並行モノと思しき古いセフィーロやS13/S14のシルビアや180SX、32~34系のスカイライン、FDのRX-7、BMWといった車種が殆ど。日本人で唯一参加していた斎藤大吾氏のAltezzaがちょっと珍しいところ。
ドリフトは単純に速さを競うものではなく、ドリフトする際の角度や進入スピード、煙の上がり具合や、並走する他車にどれだけ寄せられるか、等、なかなか素人目には善し悪しの判断が付けにくい。
それでも16台の勝ち抜きトーナメント戦の、見事な腕前の走りをゆっくり堪能させて貰いました。結果は、上述の斎藤大悟氏が優勝、2位はインドネシア人、3位はタイ人選手でした。インドネシア人、プンチャックあたりの峠道で夜な夜な走っているとは思えないのですが、どこで練習してるんでしょうね。
Drift2011103000486
白煙をあげて滑りまくる出場車両達。。。 携帯カメラじゃあちょっとキツイな。

|

« 来ましたよ、奴が。 | トップページ | 時刻表に無い汽車に乗る@チアンジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/53124989

この記事へのトラックバック一覧です: ドリフターズ in ジャカルタ。:

« 来ましたよ、奴が。 | トップページ | 時刻表に無い汽車に乗る@チアンジュール »