« 超個人的ジャカルタB級グルメ その4 | トップページ | 来ましたよ、奴が。 »

2011年10月23日 (日)

連絡船に乗ってゾウさんに乗りに。

土曜日は船会社勤めの友人Aさんと共謀し、朝6時半にジャカルタを出て高速を西にMerakへ向かった。
船に乗りたいので付き合え、と言われたのだが、Merak-Bakahueni間の航路と言えば、落花生。的には絶対に旧宇高連絡船の「阿波丸」に片道は乗らねばなるまい。8年ぶりだ。8時半頃に着いたMerak港では、数本の便は待つつもりであったのだけれど、今日はなんという幸運か、図ったように割り当てられた船は9時発の「Titian Murni」。まさにその船に乗れることになり、クルマ毎スムーズに乗船。料金はRp232,500ということで、遠い昔、8年前の記憶にある9万ルピアからは随分値上がりしたもんだ。それでも運転手を含め3人分の運賃込み(何人乗っていても車種別の同額らしい)だ。
Titianmurnip1010960
Merak港からTitian Murni号、旧「阿波丸」にクルマごと乗船。

出港後はちょっと話をして操舵室に入れて貰い、例の「阿波丸測深板」も無事に残っていることを確認して一安心。最近のスケジュールは(ドック入りの時などを除き)Merak発09:00、15:00、21:00、03:00の1日4往復な由、船長さんは高松からの阿波丸見学ツアーも受け入れたそうで、この船に乗りたい日本人大歓迎だそうです。
Awamarup1010995_2
「例のモノ」ですよ。これは絶対に後世に残しておかなきゃならないんですよね。
JR四国さん、買い取れないですか?

Shikokup1010973
こんなのも、ちゃんと残ってました。。。

さておき、バカウニ港の着岸混雑で暫く待たされ、漸く下船できたのは12時頃。港を出てからはバンダル・ランプン方面への幹線道路ではなく、東海岸のローカル道路を走ること2時間半、看板に従って横道にそれ、向かった先はWay Kambas国立公園。ここは自然保護区となっており、開発や乱獲で追われたスマトラ象を保護し、観光客に開放しているところだ。入場料は外国人2万ルピア、但しWNIはRp2,500でいいということで、外国人登録証に相当する身分証明証を見せたらインドネシア人扱いとなった。これにクルマ1台Rp6,000、保険代などが加算されたが、3人でRp18,000という安さで入場。
そこから9km程走って着いた駐車場で下車すると、奥手の方には既に数頭のゾウさんたちが観光客をのせてゆったりと歩いているのが見える。おーゾウだー象だ(^^)/
Fortunerp1020021
国立公園に入ります。寄ってくるのは「象用のエサ」を売りに来たオバちゃんたち。

この象さんたち、保護区運営料の足しにするためか若干高めながら、1人当たり30分で15万、1時間でRp25万の料金を払うと、タイ北部の山岳民族の村を巡る奴のように籠の座席のついたものではなく、マットレス1枚かけただけの背中に乗せてくれ、(これがなかなかバランスをとるのが難しいのだけれど、今迄落ちた人はいないとのこと)広い公園内を回ってくれる。坂を上り下りしたり、藪をかき分けたり、沼地を歩いたりするのはちょっとしたスリルがあり、最後の方ではお尻が痛くなったりしたものの(帰ってから見てみたら、靴ずれのように尾骶骨の両側の皮が剥け、真っ赤になっていた)、なかなか面白かった。公園の入口の近くにはエコロッジと称する宿泊施設もあるし、1泊2日で出掛けるのがいいでしょう。ジャカルタ在住の皆さん、お勧めです。
Gajah2011102200468
今回乗せてくれたベリー君。カワイイ?実は当方ビビりまくりです。

帰りは西回り、メトロ、ランプン市街経由でバカウニへ向かったのだけれど、こちらは距離も若干長いのに加え、バカウニ=ランプン=パレンバンを結ぶ幹線国道に入ってからは、鈍いトラックの交通量が激増し、更に道路状況も思わしくなく、既にバカウニ港に着いた時点で22時、今度は朝の船より大型の「Panorama Nusantara」号(調べてみたら、元は1972年製、神戸~今治航路で活躍した三宝海運「ほわいとさんぽう」らしいです)でメラクに着いた時点で24時を過ぎ、ジャカルタに帰りついたのは午前2時を廻ってしまっていました。
Gajahp1020045
こんな感じで観光客を乗せて歩いてくれます。

|

« 超個人的ジャカルタB級グルメ その4 | トップページ | 来ましたよ、奴が。 »

コメント

UKさま、
はじめまして。コメントありがとうございます。
ジャカルタ御在住でらっしゃいますか? でしたら、ちょっとした週末のお出かけに、お薦めです。
UKさまお薦めのミニトリップ先も是非教えてください。(^^)

投稿: 落花生。 | 2011年11月 5日 (土) 01時06分

とっても楽しそうな旅ですね。
船と象、今度乗りに行ってみたいです。

投稿: UK | 2011年11月 3日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/53066819

この記事へのトラックバック一覧です: 連絡船に乗ってゾウさんに乗りに。:

« 超個人的ジャカルタB級グルメ その4 | トップページ | 来ましたよ、奴が。 »