« いつものコースで。 | トップページ | バビグリン探し。 »

2011年11月27日 (日)

臨機応変に楽しむ。

今日はソロ朝5時発のローカル列車でスマランへ向かう予定だったのだけれど、一昨日、ジョグジャの国鉄PT.KAI職員の友人からの連絡で、この列車は11月1日で廃止になったとのこと。
念のため昨日の夜ソロ駅で確認してみたけれど、やっぱり他には列車はない模様で、仕方がないので予定変更。
取り敢えずタクシーで東隣町のカランガンヤールにある製糖工場PG.Tasikmaduへ向かう。ここはシーズン中は蒸機の撮影で何回か、それに加えて以前別の友人と乗りに来た事のある「AgroWisata」こと元のサトウキビ輸送用のSLを使った園内観光列車にご案内。

Img2011112700672
タシクマドゥ製糖工場AgroWisataの蒸機。本音は工場内だけではなくフィールドを走って欲しい…

その後はミニバスでソロのターミナルへ向かい、直ぐに出発するスマラン行きのエアコンバスに乗り換え、途中のジョグジャ方面との分岐にあるBawenバスターミナルで再度ローカルのミニバスに乗り換え、アンバラワへ。
もうここも何度目かの「鉄道博物館」なのだけれど、また運の悪いことに現在改修中ということで観光列車はSL列車、湖畔を走るトロッコ列車ともお休みの由。あらら。
Ambp1020138
↑ アンバラワの車庫も改修中。
↓ 昔の旅客用と思しき古い蒸機がレストア中。来年5月目途に運転開始の由。

Ambp1020140

それでも静態保存の蒸機や、機関庫の中でレストア中の蒸機を眺めさせて貰い、連れの一人がなんとなく疲れ気味なのでタクシーでスマランへ移動。バスだと1時間以上かかる距離なのに、10万ルピア弱で乗せて貰いヤレヤレ。最後はスマランからSriwijaya航空の(狙いどおりの?)B737-200、SJ233便で帰京。
明日は早朝に一人、お昼にもう一人が日本に戻るのですが、体調不良が気になります。お大事に。
まあ、取り敢えずはお疲れ様でした。
Img2011112700680
Sriwijaya AirのB737-200。LionやBataviaがいつものように大幅遅れの中、15分遅れで出発は立派。 

|

« いつものコースで。 | トップページ | バビグリン探し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/53394273

この記事へのトラックバック一覧です: 臨機応変に楽しむ。:

« いつものコースで。 | トップページ | バビグリン探し。 »