« またダイヤ改正だそうで・・・Jabotabek電鉄線。 | トップページ | すしエアー。 »

2011年12月10日 (土)

Cilacap支線へ。

今日は随分前から懸案となっていた(?)Cilacap行き。といっても知ってる人も殆どいないと思いますが、
Cilacapはバンドゥンとジョグジャの間の南海岸に面した港町。プルタミナの精油所やセメント工場などが立地し、どちらかと言えば工業都市に近いか。ここにバンドゥン=クロヤ=ジョグジャ=ソロ・・・と結ぶジャワ南本線から分岐する約20.8kmの短い盲腸線があり、一日2本しかない旅客列車のウチ、1本はジャカルタから直通の1・2等急行「Purwojaya」。未乗だったので、取り敢えず行ってみることにした。

出発はガンビル駅06:30。スマトラ象さん以来の同行者Aさんのたっての希望で今日は2等Bisnisを選択。走ってればそれなりに涼しいんだけど、今日は暑くならないことを希望。
06:40、10分遅れで出発した列車はほぼ半分程度の乗りであったが、市内外れのJatinegaraで大勢乗り込んできてほぼ満席に。週末の長距離列車はどれ乗ってもいつも混んでる感があるなあ。
朝ご飯なのか、プラ箱に入れたナシゴレンを売りに来るが、こちらは朝ガンビル駅で朝食を買ってきているので、こちらはパス。通常の特急であれば、皿に載せて売りに来るのだけれど、若干ランクが下の列車ということなのか、Bisnisクラスはそういう扱いなのかな。
Purwojayap1020143
ジャワ島の背骨の山越区間を走る「Purwojaya」号。

ちょっと早起きの影響もあっていつの間にかうつらうつらするウチに、列車は時刻表では通過扱いになっているCirebonに到着。最近では、Jabotabek電鉄線の終点のBekasiに長距離列車が止まらなくなる一方で、こういった停車駅の変更が結構あるんだなあ。これを全部網羅的に把握する手段がないのがちょいと困ります。

さておき、Cirebonで北本線からジャワ島の背骨を横断する南本線側に分岐、暫く農村地帯を走った後、次第に山越えの区間にかかってきた。今日は機関車次位の荷物車の次の1号車ということもあり、唸りを上げるディーゼル機関車の音が一段と高まってきた。戦前オランダ時代に建設された路線だけあってトンネルが少ないインドネシア鉄道だが、この区間にはトンネルもあれば見目麗しい産業遺産的デザインの橋梁も幾つか越え(車窓からは中々見えにくいのが残念なところ)、定刻を少し遅れてPurwokerto着、乗客の半分ほどがここで下車。そうか、この列車の名前はこの街からとっているんだな。この列車はこの街の需要をメインにしているらしい。
機関車の付け替えがあり(何故か2両の回送客車を連結)、暫く停車する間に沢山の物売りが乗り込んできたので、お昼ご飯になりそうなもの・・・ということで、ロントン(蒸し米)に野菜と揚げ物を載せて甘辛いピーナッツソースをかけた定食を6,000Rpで購入。
Lontongp1020156
今日のお昼は車内売りの定食?お弁当?

バンドゥンからの南本線と合流したKroyaで長時間停車してスイッチバック、今度は一番後ろになった。車内は更に空いて、ここからの各駅は出口が前側だから、前の車両に移動するように勧められ、荷物を持って移動。暫くバンドゥン方面(西)に走った列車は、Maosの先の信号所で左手に分岐し、いよいよ未乗区間へ。更に途中でセメント会社Holcimの敷地内にあるKarangtalunへの支線を分岐し、終点Cilacapには、およそ10分ほどの遅れで無事到着。随分長時間停車があったのに?と思ったら、Kroyaはダイヤ上33分停車なのを、切り詰めて調整したみたいだ。この駅の建物は、以前日本軍の爆撃で破壊され、その後進駐してきた日本により再建されたという歴史的なものらしい。

駅前からベチャに乗り、一旦港の方に行きかけるが、目的のパガンダラン近く、Kalipucang行きフェリーは朝1本しかないよ、と言われ、仕方ないのでバスターミナルへ移動、途中にSidarejaでバスを乗り継いで今晩の目的地Pangandaranについたのは、もう18時半近くになってしまいました。

晩ご飯は宿泊先のSuryaホテル近くの海岸縁でシーフード。お魚、美味しい♪
Cilacapp1020171
ジャカルタから7時間で終点Cilacap到着。

|

« またダイヤ改正だそうで・・・Jabotabek電鉄線。 | トップページ | すしエアー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/53506036

この記事へのトラックバック一覧です: Cilacap支線へ。:

« またダイヤ改正だそうで・・・Jabotabek電鉄線。 | トップページ | すしエアー。 »