« 都心に残る。。。 | トップページ | 初海外オペ。 »

2011年12月29日 (木)

南国フルーツ三昧。

今日は東京からの来客、日本語教師としてインドネシアに赴任を希望している友人A井さんが、夕方の出発まで時間があるけどどうしようか、ということで、ちょっと前から気になっていたジャカルタ南東部の果樹園「Mekarsari」に出掛けてみることにした。
市内を走るクルマのリアハッチによくステッカーが貼ってあり(Taman Safariのが一番多いかな)、気になったのがきっかけだったこのMekarsari、ジャカルタ市内からボゴール方面にJagorawi高速を20分程走り、Cibuburのインターで降りて東へ走ること20~30分程で、その観光果樹園はありました。

一人Rp15,000の入園料と駐車料金を払って中に入ると、まだ朝10時前ながら結構な人出。取り敢えずInformation Centerで案内図を貰いながら話をすると、「Tour」と称する別料金のアトラクションがいくつかある。その中の一つ、温室等で果物を食べたりフルーツジュースが付いてきたりという「Green Land Tour」というのにRp50,000を払って参加してみることにした。
Img2011122900862
このトラム風のミニバス観光果樹園の中を巡るツアーに参加してみました。

30分おきに出発するこのツアー、園内を巡るトラム風デザインの2両連結のミニバスに乗せられた一行約20人、先ずはメロンの温室でもぎたてのメロンを切ったのをつまみ、フルーツジュースのプレゼント、そして園内左右の果樹の説明を受けながら、次はサラックの森へ向かい、こちらでは小さな籠一杯のサラックのお土産。続いてはスターフルーツの試食と、マンゴー、ジャックフルーツ、マンゴスチン、イチゴ、ドラゴンフルーツ、ドリアン、バナナ、みかん、グアバ等など。我々はマンゴーと、他に焼き芋のような味わいの不思議なフルーツをグラム単位で購入して試食。最後は園内の湖とスポーツ施設がある広場まで運ばれておしまいなのだが、その後また園内バスでセンターまで戻ると、マグカップやボールペンなど4種類から選べるお土産、最後には種苗センターで果樹の苗木までお土産にもらえるという、5万ルピアにしてはとっても満足な1時間半ほどのツアーでした。普段ホテルの朝食で出てくるフルーツはどうしても限られちゃうけれど、いろいろ試してみることのできるこのMekarsari、リーズナブルでお薦めかも。
Img2011122900866
やはりインドネシア。時々南国フルーツ食べたくなるんですよね・・・

Stickermakarsari3
このステッカー、ジャカルタで走ってると、よく見ますよね。

|

« 都心に残る。。。 | トップページ | 初海外オペ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/53611659

この記事へのトラックバック一覧です: 南国フルーツ三昧。:

« 都心に残る。。。 | トップページ | 初海外オペ。 »