« Cepu森林鉄道の蒸機チャーター。 | トップページ | 学園祭行ってみました。 »

2012年2月 4日 (土)

ポンドク・チャベ空港って知ってますか。

随分以前に書いたハリム空港に続き、ジャカルタのマイナー空港の2回目です。
今日は土曜日なんだけど、ジャカルタ市内南西部、ポンドクインダー病院まで行った帰り、まだ10時半ということで直ぐに帰っても仕方がないので、ちょっと足を延ばしてみることにしました。
外環高速を越えて、MRT(都市高速鉄道)1号線の終点となる予定地のレバック・ブルスを過ぎて南下、渋滞の中を暫く行った右手に突然空港の敷地は現れました。一旦滑走路の南側廻って敷地内に入ろうとすると、軍用空港でもあることから当然セキュリティで止められて「何処へ行くんだ」「いや、Pelita Airのオフィスへ・・・モゴモゴ」」等と言っているうちにアッサリ通してくれました。
Img2012020401007
エプロンには各社の古い機体が放ったらかし…。いや、整備を待つ現役機か?

ここポンドク・チャベ空港(IATAコードはPCB)、2,000m程の滑走路を持ち、報道によれば一時期、LCC用の首都圏第三空港として整備するという計画もあったそうです(資金不足でその後頓挫したそう)。
早速Pelita Airの事務所・・・出発ターミナルのチェックインカウンター(が存在する!)の脇にある事務所を訪ねてみると、現在残念ながら定期便はおろか、当てにしていた同社の定期チャーター便もこの空港は現在使用しておらず全てハリム発着、この空港は回転翼機(ヘリ)のチャーターの発着のみで、あとは固定翼機はメンテナンスの時に飛んでくるだけなのだそう。そういえば、エプロンには古いB737が何機もストアされているし、ハンガーの中には同社のF100も見えるなぁ。
チャーターが必要なら何時でも来てね、と、どうみても客にならなさそうな突然の外国人の来客の相手をしてくれ、飲み物まで出してくれたPelita Airのパイロットさん、ありがとうございました。それでも、カリマンタン島に飛んでいる一部定期チャーター便は、空席を一般向けにも販売する便がある、と判ったのは収穫でしたか。
Img2012020401008
チャーター・ヘリ用だけにしては随分立派な出発ターミナル。

|

« Cepu森林鉄道の蒸機チャーター。 | トップページ | 学園祭行ってみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/53903298

この記事へのトラックバック一覧です: ポンドク・チャベ空港って知ってますか。:

« Cepu森林鉄道の蒸機チャーター。 | トップページ | 学園祭行ってみました。 »