« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月29日 (日)

シンカラク湖畔、三度。

朝4時半に目的のPadang Panjang着。8時間、尻の皮は随分酷使された模様で、若干靴擦れの如くなっているに見受けられる。 それよりも、夜中に街灯もない山道を時速90kmでカーチェイスして回る運転ぶりには参った。前を見るとヒヤヒヤして怖いんで、目を瞑ってうつらうつらしてたんだけど、シートベルトもなく、公共交通機関としては相当なもんだ。あ、ナンバーが黄色ではなく黒の一般ナンバーだけど、ツアーバスみたいな扱いなのかな?
Lubuk_sikarah2012042901261
Solok駅で出発を待つ“Danau Singkarak”観光列車。左にタイ人の鉄っちゃん1名。

ともあれ、無事に着いたことを感謝しつつ、実は3回目の訪問になる、シンカラク湖の観光列車が出るPadang Panjang駅に入ると、駅舎の窓に、「Danau Sinkarak観光列車は、Solok始発に変更になったというショックな掲示。バスで移動したら2時間はかかるがどうしたもんか…と思ううち、駅構内のWISMAとかかれた国鉄経営の簡易宿舎の管理人のオヤジさんが出てきて、話をするうち、もうすぐ職員がsolokに出勤するから、そのクルマに乗せてってくれるという。おやおや親切に。
2tenbop1170600
後展望(某O田急社員S尾君命名)でくつろぐ筆者。これも上のシンカラク湖観光列車。

お陰でsolok駅には7時半頃無事到着、Solok-Sawahlunto-BatuTebal(シンカラク湖畔)-Sawahlunto-Solokとの運転に変わった観光列車に無事乗車。Sawahluntoからの戻りは後展望となるEkusektif車には、タイ人の鉄っちゃん観光客も乗り合わせる盛況。 なのだが、とっても残念だったのは、Sawahluntoの動態保存SL、Mak Itam号が故障して、修理に必要なスタッフと部品がこないので、運転再開時期は未定ってこと。直前に電話で聞いた時には「走ってる」ってことだったんだけどなあ。こういう情報をちゃんと伝えられないと、ちょっと観光客誘致は厳しいんじゃないかなぁ。2sawahluntop1170592
サワルントの車庫。ダブルルーフの客車の向こうの車庫の中に、Mak Itam号が保管中。

このあとはシンカラク湖畔の終点Batu Tebal駅で観光客や駅員に混じって湖の魚などでお昼ご飯、路線ワゴン車とトラフェルを乗り継いで麓のRubukAlungまで下り、そこからPaliamanからの普通列車のEkonomi AC(家庭用エアコンつき)客車でパダンへ。こんなとこでも走ってるんだね。でも、出札窓口で何も案内がないのはちょっとどうかと思うよ。。。 
ともあれ、パダンに到着後、以前も2回来たことのある、海岸沿いのレストランNelayanでシーフードの夕食の後、最終20:20発のJT255で帰京。 あぁ疲れた。お尻が痛い。
2kohanp1170607
シンカラク湖畔を快走する観光列車。出来ることなら蒸機「Mak Itam」牽引で、更にはラックレール区間まで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

スマトラ横断陸路旅。。。

朝食後、まずはメダン駅へ。ホテルの前から"いつも安心”ブルーバードに乗ったら、下車時に「ミニマム料金」は20,000RPだといって揉める。ドアのところに「ミニマムRp.20,000」て書いてあるのは、電話で配車オーダーした場合のミニマム料金だろう。社員教育がなってないな。そういうことやってると本社に報告するゾ。

Medan_p1170504
メダン駅で出発を待つ急行「Sribilah Pagi」号U2列車。駅舎は改装工事中。

気を取り直して、今日の出発は、以前2010年11月に一度乗ったSribilah  Utama号のU2列車。前回のBisnis  ACではなく、普通のEksekutifで、車内は7割り程の程よい乗り。ジャカルタで切符の事前手配が出来ないのは相変わらずで、せっかくPT.KAIの公式サイトで時刻検索が出来るようになったんだから、あと一歩進めて購入も可能にして貰いたいな。

さておき、列車はパーム椰子のプランテーションを快走。途中やたら売り込みの激しい車販嬢からお昼ご飯を頼み、前回訪問時からの宿題となっていた、この本線と平面交差するナロー路線が存在するのもAek Loba駅であることを確認(再訪はまた宿題…)、30分ほど遅れて13:46、無事に終点 Rantau Prapat着。
Sribilahp1170555
パーム椰子のプランテーションを縫って列車は南へ走る。。。

ここから、バスターミナルやら色々たらい回しにされた後、当初考えていたPekanbaru経由で行く場合、路線バスが夜までないことが判り、結局西海岸側のSidempuan迄の乗合タクシー、L300(三菱のワゴン車に12人乗り)で15時半に出発。駅前に接続する形でトラフェルがいっぱい並んでるんじゃないかと思ってたのだが、ちょいと意外だ。で、この乗合タクシー予想外に混んでおり、こちらに指定されたのは運転席横のエンジンの上の座面が固い席で、1時間で既にかなりお尻に来た感。途中で後席の客が下車して移れたのでホッとする。

だったのだが、悲劇はなお続く。20時過ぎに着いたシデンプアンからのパダン方面行きミニバスがまた結構混んでおり、同行S尾くんと二人は2台に別れ、しかも二人とも運転手脇のエンジンの上の席が残っていたのみだったので、選択の余地なし。ああこれで夜行便か…
L300_img2012042901259
このミニバスで夜のスマトラ街道を突っ走ることに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

優しい先輩でしょ。

今日は学生時代の後輩S尾君が遊びに来るというので、運ちゃんに空港でピックアップして貰い、終業後コタ駅に向かい、駅撮りをしていた後輩と先ずは再会。
今回は相手を先輩と思っていない遠慮のないアレンジのリクエストや訪問希望地(店)に関する調査依頼が数々あり、まずこの週末は北スマトラのメダンに飛ぶ。なんでも赤道を陸路で越えたいのだそうで(ホントは赤道の南と北で渦巻きの回り方が違うのを見たいのだそうで。)、北スマトラ鉄道の終点から、西スマトラ鉄道の走るパダンまで陸路で移動することとなった。さあどうなることやら。

取り敢えず今日はLion Airの最終、21:30発のJT218便メダン行き。空港のソラリアで夕食をかき込んでから、搭乗。夜のライオンなんて遅れないわけがないと思ってたら案の定、それでも30分ほどの軽い遅れでやれやれ。ポロニア空港からはKAHAで予約したGaruda Plaza Hotelのクルマにピックアップして貰い、途中スーパーに立ち寄って貰って缶ビールを仕入れ、ちょっと打ち合わせだけして1時前には無事就寝…。
Lion_jt218_20120427
夜のLion Air。例の罰金導入以来、少しは遅れにくくなった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

古い鉄橋とトンネル巡り。

インドネシアの鉄道は、かつて植民統治をしたオランダが敷設したのがその起こり。幹線鉄道の多くはオランダ当地時代に建設されているのですが、その当時に建設された鉄道構造物が未だに数多く供用されており、近年では産業遺産的に価値を見出されて来ているのは、途上国でありながら立派で喜ばしいところです。
今日土曜日は、以前から行ってみたかった、ジャカルタ=バンドン間の鉄道にある、これら鉄道遺産を訪問してみる事にしました。
今日の同行者は在留邦人の同行組織であるジャカルタ写真部にも所属する、OLYMPUS PEN使いのAさん。
落花生。的には去年買ってからあまり使いこなせていなかったミラーレス一眼の使い方について若干の指導を得られればという下心ありあり(笑)。
Cibisorop1020605
Cibisoro橋を渡るBandung行き特急Argo Parahyangan号。

ジャカルタ市内を早朝に出発、チカンペックからバンドン方面に高速を南下し、Purwakartaのインターチェンジを過ぎて暫く行った左手に、先ず現れたのはCikubung橋梁。駅で言うとSasaksaat~Cilame間に位置します。
1906年に建設された全長300m、高さ80mのこの鉄橋は、一応インドネシア鉄道最長の橋梁で、1953年のこの区間のディーゼル機関車の導入に伴い、重量級ディーゼル機関車の通過に備え、橋桁の下側に円弧型の補強がなされているのが、このエリア一帯の橋梁の多くと共通の特徴。
並走する高速道路の高架橋から左手に望む事が出来、路側帯にクルマを記念撮影しているグループもあるので、こちらもちょっと一枚。まあこんなにタイミング良く通過列車がある訳はないので、橋の上をのんびり歩いて行く地元の農夫と思しき人たちを眺めつつ、残念ながらそのまま次へ移動。 

Cikubangp1020538
インドネシア鉄道最長のCikubang橋梁。列車が走ってくるタイミングで通過したいとこです。

更にこの地点からバンドン方向へ進み、駅で言うとCilame~Padalarang間にあるのがCibisoro橋梁。
全長290mと前述のCikubung橋とほぼ同じ長さで、1906年と同時期に建設されて、現在も当時のオランダ設計そのままの姿をほぼ留めているという。
こちらは並走する高速道路の路側帯からそのままガードレールを越えるとちょっとした緑地というか、地元民用の犬走り道があり、そのまま高速道路を跨ぎ、線路を潜って北方へ向かう生活道路に繋がっている。
クルマを次のパダダラン・インターチェンジから外に出し、橋梁のたもとへ近付いてみると、いやなかなか立派な美しい構造をした橋です。
ちょうどバンドン方向から普通列車がやって来たので一枚カメラに収めたのち、高速脇の小道に下りて、餘部鉄橋のような美しい橋を眺めながら暫く待つうちに、今度は下りのコンテナ列車、続いて下りの特急22列車「Argo Parahyangan」が通過していった。
Cilamep1020636_2
Cilame駅西方の小橋梁を渡る下り普通列車。

このあとは近くのCilame駅とその西方の小橋梁で、案内してくれた駅員と下りの普通142列車を待ちうけた後、再度Purwakarta方にひと駅分戻り、国道から外れて暫く走り、Sasaksaat駅。ここから線路端をMaswati駅方面に15分ほど歩き、Sasaksaatトンネル(インドネシア語でTerowonganと言います)の南西坑口へ。
独特な石の積まれ方をしているトンネルポータルの上には「1902-1903」と書かれているところ、この時期に建設され、1906年のジャカルタ~バンドン間の開業にあわせ供用開始されたようだ。
全長は950m、発破を使わずその殆どを人力、恐らくは徴用した原住民を酷使して建設する間には、多くの犠牲者も出たと思われる。
ともあれ、これらのトンネルや橋梁によりジャカルタ~バンドン間の鉄道が開通し、従来のスカブミ廻り(現在は途中のトンネル崩落により一部区間不通)より大幅に時間短縮となったのでした。
Sasaksaatp1020671
Sasaksaatトンネルから飛び出してくる特急Argo Parahyangan24列車。

今日の鉄道遺産巡りはこれまで。昼食の後Padalarangに向かい、ローカル快速列車(Patas KRD)でバンドンへ出て、最後はバンドン16:30発のアルゴ・パラヒャンガン27列車で帰京。
さあ次はどこに行こうかな。
Bandungpatasp1020706
↑ バンドン近郊を走るローカル列車、日本製気動車の快速列車でバンドン到着。
↓ 今日のArgo Parahyanganには「バティック客車」を連結。
Keretabatikp1020703_2






 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

地形図様を買いに♪

旅行好きな人(だけじゃないけど)の好きなものの一つに地形図がありますね。地図一般的に好き、見てるだけで一日潰せるって人も多いけど、国土地理院発行の地形図は、郵便局や廃線跡、お立ち台なんかを廻るのに欠かせないという人も多いことと思います(若干意味不明な方は乞スルー)。

昔韓国にいた時も、国立地理院発行の地形図を携えて随分地方周りをしたもんですが、市販されている地図が、ジャカルタ近郊と一部の地方都市、観光地以外は殆ど役に立たないここインドネシアにも、地形図、あります。Bakosurtanal、即ちBadan Koordinasi Survei dan Pemetaan Nasional・・・国家測量地図調整庁とでも訳せばいいのだろうか、この政府機関が日本政府の技術協力も得つつ、結構立派な地図を発行しています。
残念ながらまだ全国すべてをカバーするまでには至っておらず、ジャワ島とヌサトゥンガラ諸島は1:25,000と1:250,000でほぼ全ていけるのですが、スマトラは1:50,000と1:250:000なんだけど、5万分の1の方は、人口の多いところを中心に半分弱程度でしょうか。

その地図は、残念ながら市内の大型書店では販売されておらず、全国10か所ほどの直営販売所に行って買う必要があります。このBakosurtanalの本部はボゴール近くのチビノンというところにあり、お役所だから土日は営業しておらず、普通にサラリーマンやってる以上、まず訪問するのは無理。ジャカルタ市内では、クマヨランのメガ・グロドックという(昼でも半分以上シャッター閉じてる)3流モールの中に何故か小さな店舗を出しており、ここで毎週火、木、金の週3階、11時~15時まで(昼休みあり)という短時間ですが、買うことが出来ます。落花生。の職場からだとお昼休みに行って帰ってくるのはちょっとギリギリキツイ位。
因みに1枚Rp40,000です。日本の地形図とはちょっと雰囲気や色合い、凡例等がちょっと異なっているところ、是非お見せしたいところですが、ここに地図を写真撮って載せるのはちょっとまずいかな? やめときましょうか。
Bakosultanal2012041901231
Bakosurtanalの地図販売店。怪しい店構えですが、係のおっちゃんは親切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

ガルーダ羽田便、安っ!

今年日本線開設50周年を迎えるガルーダ・インドネシア航空、JAL撤退後バリ島のデンパサールに直行便で乗り入れるのはガルーダだけだったのですが、そのJALとは対象的にこの度4月27日(DPS発)から、デンパサール・羽田線を新たに開設する事になったそうです。機種は恐らく、ジャカルタ便でも使われているエアバスのA330-200だろう。
この手の新路線開設に当たっては、キャンペーン価格のチケットが売りだされることがしばしばあるんですが(以前全日空のジャカルタ線開設の時、確か450ドル++位の安売りチケットで運よく一時帰国出来たことがあったっけ。)、今回のは相当ーに安いのが出ている模様。

市内の日系旅行会社に貼ってあったチラシが、↓これ。CGK-DPS-HND往復でなんと170米ドル!って、14,000円ですか。まあこれに税金が$352加わるんだそうですが、それも28,000円ほど。安っすいなあ。しかもマニア垂涎の初便も含んでるじゃないか。
バリに飛ぶ時間を考えると、ジャカルタ発の便と違って仕事終えてから乗れないし、バリで1泊なんて自由度はないんだろうけれど、ご家族の方とか、時間に余裕がある時は助かるお値段。最近のガルーダは、飛行機も平均機齢6年代、機内の映画なんかも結構日本のものがあったりして、悪くないですよ。
Ga_promo20120417
うーん、この値段だと、Air Asia羽田便も勝ち目なしか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

アチェ沖で大地震発生!

午後、(上司も休暇中だし)マターリと仕事をしていたら、電話が鳴って「アチェでマグニチュード8の大地震発生!」の一報。それは大規模だ。スマトラ沖のあの一帯、地震が多いのみならず、大津波を伴うことが多く、つい2年半前の2010年10月の地震では西スマトラ州パダンを中心に400人以上の死者を出しているし、2004年のアチェ沖のマグニチュード9の大地震では、タイやスリランカ等も含め22万人の死者を出す大被害を引き起こしているだけに、事務所内の雰囲気は一瞬で凍りついた。

ただちに情報収集と在留邦人の安否確認に手分けして取りかかるが、報道や政府関係機関、被災地スマトラ北部周辺の関係者等にコンタクトしても、今回は被害状況が全然伝わってこないのが意外だった。TVを見ていても、避難しようと大渋滞になっているアチェ市街の模様は放映されるのだが、建物の倒壊等も殆どない。「まさか通信手段が途絶している辺境で村ごと壊滅してたりするんじゃないだろうな?」なんて嫌な想像をしてみたりもしたが、どうもそうでもないらしい。そうこうするうち、津波観測の国際機関が警報を解除するようになり、どうやら今回は大きな津波が発生しなかったらしい。これで無事に終わればヤレヤレだ。
それでも数多くの大型地震を経験し、北西スマトラ地方一帯、警報システムが整備され、地域住民は「地震→高台へ避難」という習慣が身について来ているらしく、これは進歩ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月 5日 (木)

マンダラ航空運航再開!

国内航空会社大手の一つだった、旧軍系のマンダラ航空が経営状況悪化から運行を休止したのは去年の1月だったか。その後、LCC大手の一つ、Tiger Airwaysが資本参加して経営再建を図るという動きが報道されていたのだけれど、去る2日、日本から戻ってきた際のスカルノ=ハッタ空港の一角に、マンダラ航空の機体が見えた。なのだが、昔の塗装とは異なり、垂直尾翼がタイガーエアウェイズの虎刈り模様になっているじゃないか。オッといよいよなのか。

そんなわけで、今日5日、新生マンダラ航空がジャカルタ=メダン線から運行を再開した模様。報道によれば、近くシンガポールやKLへの国際線も運行開始するそうで、Air Asiaが当地の航空会社を買収して、インドネシア・エアアジアとして、予約システムなど一体としてサービスを提供しているのと同じような形態になるらしい。同社のサイトも、まだあまり美しくないものの、一応稼働再開。検索かけると、Tiger Airwaysのサイトに飛んでゆき、「RI○○便」って出てくる。

取り敢えずメダンに行く用事は現時点ではないけれど、新生マンダラ航空、一度利用してみるかな。
Mandala2
↑マンダラ航空の新塗装(左)・・・ これはA320かな?
↓同社の現在のサイト、こんな状態です・・・


Mandalasite2

| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月)

帰ってきましたー。

全日空NH937便の成田発、少し遅くなったとはいえまだ朝09:30とエラく早い。1時間半前に着こうと思うと新宿発06:34のN'EXに乗らなければならず、自宅を6時前に出てタクシーで新宿駅に向かう。新宿南口からN'EXホームへの動線、高架のコンコースから他線のホーム経由で一旦地下に降りて再度1階のホームへという長い道のり、ちょっとなんとかして欲しいもんです。まあ新南口の改修工事が終われば、改善されるのかな。

チェックインの際に聞いてみると、運よく最前列窓側の15Kが空いているというので割り当てて貰えた。この便の機材はB767なんだけれど、B787納入の遅れのお詫びに格安で納入されたという新型のウィングレット付きの機体。座席はB787と同タイプだという、背もたれが後ろに倒れず、座面が前方にせり出して"リクライニング"するタイプ。即ち、リクライニングすると膝元が凄く狭くなってしまうので、その影響のないこの最前列座席は"当たり"度が高いと感じるんですが、皆さん如何でしょう。

今日は強い偏西風の影響で少し時間が余計にかかり、15時半頃ようやくジャカルタ着。それでも荷物はすぐに出て来たし、高速もSemangiの手前までは結構空いていたので、16時半過ぎには事務所に着いて、不在中の書類にザっと目を通してから帰宅。
まあしかし、こうやって帰ってくると、ジャカルタって渋滞は激しいし、空気も悪いなあ、っていうのを実感。事務所の中も改修工事の影響か、空気がいつまでも悪いらしく、喉への刺激も強いなあ。。。
Img2012040201169
今日の全日空・東京→ジャカルタ便の朝ご飯(和食)。中々のボリューム。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

さあ戻ります。

今回は随分長いお休みをいただきました。いつもの休暇と変わらず毎日昼病院・夜飲み会の日々でしたが、お陰で学生時代の恩師の退官講義にも出られたし、四半世紀来の旧友の完乗にも(強風で電車が止まったり、倒木に列車が突っ込んだり色々ありましたが)立ち会えたし、とても中身の濃い日々でした。帰りのスーツケースは色々の買い出しや、友人からの頼まれもの等で一杯になってます。
これで帰任すれば、あと数カ月でもうジャカルタ来てから2年になるわけで、そうするとまた人事異動の話も聞こえてくるかもしれません。(早ければ)あと数カ月、友人の皆様におかれては、是非遊びに来て下さいな。
そんな訳で(?)明日朝のANA便で帰国します。あと買い忘れた物あったかなー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »