« 優しい先輩でしょ。 | トップページ | シンカラク湖畔、三度。 »

2012年4月28日 (土)

スマトラ横断陸路旅。。。

朝食後、まずはメダン駅へ。ホテルの前から"いつも安心”ブルーバードに乗ったら、下車時に「ミニマム料金」は20,000RPだといって揉める。ドアのところに「ミニマムRp.20,000」て書いてあるのは、電話で配車オーダーした場合のミニマム料金だろう。社員教育がなってないな。そういうことやってると本社に報告するゾ。

Medan_p1170504
メダン駅で出発を待つ急行「Sribilah Pagi」号U2列車。駅舎は改装工事中。

気を取り直して、今日の出発は、以前2010年11月に一度乗ったSribilah  Utama号のU2列車。前回のBisnis  ACではなく、普通のEksekutifで、車内は7割り程の程よい乗り。ジャカルタで切符の事前手配が出来ないのは相変わらずで、せっかくPT.KAIの公式サイトで時刻検索が出来るようになったんだから、あと一歩進めて購入も可能にして貰いたいな。

さておき、列車はパーム椰子のプランテーションを快走。途中やたら売り込みの激しい車販嬢からお昼ご飯を頼み、前回訪問時からの宿題となっていた、この本線と平面交差するナロー路線が存在するのもAek Loba駅であることを確認(再訪はまた宿題…)、30分ほど遅れて13:46、無事に終点 Rantau Prapat着。
Sribilahp1170555
パーム椰子のプランテーションを縫って列車は南へ走る。。。

ここから、バスターミナルやら色々たらい回しにされた後、当初考えていたPekanbaru経由で行く場合、路線バスが夜までないことが判り、結局西海岸側のSidempuan迄の乗合タクシー、L300(三菱のワゴン車に12人乗り)で15時半に出発。駅前に接続する形でトラフェルがいっぱい並んでるんじゃないかと思ってたのだが、ちょいと意外だ。で、この乗合タクシー予想外に混んでおり、こちらに指定されたのは運転席横のエンジンの上の座面が固い席で、1時間で既にかなりお尻に来た感。途中で後席の客が下車して移れたのでホッとする。

だったのだが、悲劇はなお続く。20時過ぎに着いたシデンプアンからのパダン方面行きミニバスがまた結構混んでおり、同行S尾くんと二人は2台に別れ、しかも二人とも運転手脇のエンジンの上の席が残っていたのみだったので、選択の余地なし。ああこれで夜行便か…
L300_img2012042901259
このミニバスで夜のスマトラ街道を突っ走ることに。。。

|

« 優しい先輩でしょ。 | トップページ | シンカラク湖畔、三度。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/54600778

この記事へのトラックバック一覧です: スマトラ横断陸路旅。。。:

« 優しい先輩でしょ。 | トップページ | シンカラク湖畔、三度。 »