« タンゲラン線、久々。 | トップページ | 併用軌道のSL! Jaladara Train »

2012年6月 8日 (金)

ソロの素敵なホテル.

今日は日本出張の代休で午後半日(休)を貰い、来週の団体ツアーの送金をしてから空港へ。昼御飯(と遅れを見越して)有料ラウンジに入り、定刻15:45発のところ30分ほどの遅れでJT538 便は無事にソロへ向けて離陸。Lion Air、遅れ、なんだか最近少なくなってるかな。良い事だ。

ソロ空港からはBatik Transのバスで市内へ(非接触型カードを導入してる!と思いきや、チケットを売った分だけ、カードを投入するのだ、という車掌嬢の話を聞いて、なんだそりゃ。このバスの写真が入ってたんで、一枚売ってよって言ったら、1枚なくすと3万RPの罰金だからダメ~って)。
2roemahkoe2012061001397
中央の建物を取り囲む形で客室が11室、その間には水場とちょっとした飾りもの♪

で、30分ほどで着いたPurwosari駅からベチャに乗り換えて、今晩の宿はRoemahkoe (今のスペルではRumahku:俺ん家の意) Heritage Hotel。その名のとおり、昔のジャワ様式の邸宅を改造して客室数11室のB&Bにしており、雰囲気もそのまま、調度品にも気を使い、部屋は水回りも含めて清潔。これは素晴らしいです。料金はRp.525,000からスイートでも100万少しと、リーズナブルなお値段。お薦めです。
2solobus2012060801353
Solo Batik Transのバス。市内までRp10,000。各停留所はホームか階段付き。

そしてもう一つおまけに素晴らしいのが、このホテルの裏口が、直ぐにバティック屋さん街に繋がってるんです。ソロはバティックの産地としても有名なところ。まあ観光地価格なんですが、今回同行の一人のヨルダン人のおばちゃまなんか喜んでシルクのものも含めて買いまくってたし、チレボンのそれとはまた違ったデザインのものも多く、せっかくなんで当方も10万ルピアほどの生地を1着分買ってみたりしました(喜)。
2roemahkoep1030277
↑ ホテル正面入口。普通の民家みたいですよね。
↓ ホテルの中央部分の周りは回廊になっており、こんな感じになってます。
2roemahkoe_2012061001390


|

« タンゲラン線、久々。 | トップページ | 併用軌道のSL! Jaladara Train »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/54931712

この記事へのトラックバック一覧です: ソロの素敵なホテル.:

« タンゲラン線、久々。 | トップページ | 併用軌道のSL! Jaladara Train »