« 遠方よりカモ来る。 | トップページ | ジャカルタで一日楽しむならば。。。(鉄分の濃い方限定) »

2012年7月 7日 (土)

高く広い空の下、鉄分濃い~一日♪

今日は朝06:05発Cirebon Ekspresで出発すべく、Cikini朝05:17の始発でガンビル駅へ。
ホントは7時半のArgo MuliaでTegal迄、というのがが良かったんだけれど、ちょうど学生の休みの時期とかで臨時列車も出るほどの混雑、全然切符取れず、仕方なく早起きすることとなった次第。Cirebon迄は3時間ということで、鉄な皆様にしては若干物足りないかな。
それでもまあ外国での初めての汽車旅というのはそれなりにウキウキするもんで、それなりのスピードを出すのに驚いたり、3人ともすっかり楽しんでいただき、朝9時ほぼ定刻にCirebon着。

ここからは接続列車がないので、廻しておいたクルマでTegal駅へ移動。お目当ては、Tegalから南のSlawiに向かう支線(その先の貨物線がジャワ島南本線のPrupuk迄伸びて、Pertaminaの石油列車が走っている。)の1日2本のディーゼルカー。なのだが、駅の時刻表には該当する列車が見当たらず、窓口に聞くと、「タクシーで行け」という。駅長執務室に回って尋ねてみると、どうやらこの列車、昨年の秋には廃止になった由。アーまたこのパターンかよ。。。そういう情報が、ジャカルタにいると全く伝わってこない。当国唯一の鉄道雑誌「Majalah KA」にも勿論書いてないし、PT.KAIのサイトにもそんな情報は書かれていない。前にもソロ~スマラン間のローカル列車に乗ろうとした時も、直前に廃止になってたのを思い出した。。。
2sragip1030904
この一枚に5台の蒸機。今日のSragiはSLだらけ♪

もう乗れないものは仕方がないので、次の目的地へ車で移動。今日はこのエリアのPG(製糖工場)の中から先ずはスラギを選択。Pemalangを過ぎ、勝手知ったるPG.Sragiのヤードに向かうと、5号,7号,8号,12号,16号,17号,20号... 数えてみると7両も稼働中。
次々とサトウキビを満載したトラックがヤードに現れ、各蒸機も忙しげに入れ替えに勤しんでいる。
相変わらずスタッフの皆さんは極めて好意的で、ちょっと会釈すると手を上げて歓迎してくれ、中には蒸機のキャビンに「乗れ乗れ」と誘ってくれるわ、ローリーが脱線したのを一緒になって線路に戻したりと、一同すっかりご満悦。ここはヤードと工場の間にちょっと距離があって踏切を渡ったりするのでそれなりの速度を出すんだけれど、やっぱりホントはフィールドに出て欲しいんだよねーーー。
2comalimage1
Comal駅を通過する特急Argo Bromo Anggrek1列車。あれ、客車が一般のArgo用だぞ?

というわけで、近くのComal駅に立ち寄り、Comalの街でお昼ご飯の後、次はPG. Sumber Harjoへ移動。ここは前回スカだったけど今日はどうかなー?
先ずは東のフィールドへ向かう路線の踏切番に聞いてみると、今日はこちら方面のロコはディーゼルだという。それじゃ仕方ないんで、今度は工場西口の外の計量台のある運転施設を訪問してみると、いましたいました。入れ替えに勤しむ7号機、そしてその先にはDucroo&Brauns製の11号機が、今にもフィールドへ向かって(一日の作業分のローリーを取りに)出発するという。

頼んでみると、「乗っていいよ!」というので、3人がキャブと炭水車(燃料は木片だから、木水車、かな?)に添乗、こちらはクルマで追っかけることに。
今日のルートは、西のフィールドのうち、南方に向かうSukalila村を経て、更に南方の分岐点から西の方のフィールド・・・って書いて判る人がこの世にどれだけいるだろうか。単行の機関車は3人と機関士らを乗せて、夕暮れ近い陽をノンビリ浴びながら30分以上走り、分岐点で小休止。ここで、フィールドから運ばれてくるローリーを1時間半ほど待つという。サトウキビを満載したローリーを繋いで走る列車を見て撮りたいところなんだけれど、3人はもう既に大満足。帰りの時間も気になりだしたので、今日はこの辺でお終い。

16時半頃出発し、Brebesから高速に乗ってスムーズに帰れるかと思いきや、高速が終わってインドラマユからチカンペックまでの国道がそこかしこで工事の為対面通行になっており、ジャカルタに到着したのはもう24時近かった。皆も疲れたけど、運転手Endangさん、一番疲れたよね。お疲れさま。
2sumberp1040039
Sumber Harjoのフィールドへ向かう11号機。やっぱり檻の外は違うんだよねー。

Pgsumberharjomap

PG.スンブルハルジョ周辺の現役線を地図にするとこんな感じでした。
勿論、その日の収穫場所にだけ走るので、毎日全部の路線に走るという事ではなく、シーズン中はだいたい毎日、この路線のどこかを走っている、という程度に捉えていただければ。


|

« 遠方よりカモ来る。 | トップページ | ジャカルタで一日楽しむならば。。。(鉄分の濃い方限定) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55168181

この記事へのトラックバック一覧です: 高く広い空の下、鉄分濃い~一日♪:

« 遠方よりカモ来る。 | トップページ | ジャカルタで一日楽しむならば。。。(鉄分の濃い方限定) »