« 高く広い空の下、鉄分濃い~一日♪ | トップページ | スラバヤへ(まだ転勤ではない)。 »

2012年7月 9日 (月)

ジャカルタで一日楽しむならば。。。(鉄分の濃い方限定)

今日は一日有給。をわざわざ取って、来客アテンド…鉄3名だからねぇ。
平日の朝ということで、まず目的は日本でも有名になった、あれです。
我がアパートのあるCikiniの一駅南、環状線と中央線、Bekasi方面とが合流・分岐する乗り換え駅(北近畿Xネットワークの福知山みたいなもんだ)となっているManggarai駅に向かい、暫くは駅撮り・・・目的は、この乗客を屋根上まで満載し、ドア開けっ放しで走るEkonomi列車です。そういえば、ゆっくり狙って撮った事はなかったなぁ。
2ekonomiimage1
ジャカルタ名物、屋根まで満員乗車。良い子は真似しないようにしましょうね。
1976年日本車輛製、最初の円借款で導入された2扉車のみ4連の編成美!
2ekonomi76p1040160
屋根上乗車防止のための措置は随分試されてきたとはいえ、ここ1年程の間にEkonomi-AC→Commuterの新型の中古電車の導入に伴って本数はドンドン増える一方、Ekonomi列車の本数は激減、現在では3本に2本はACつきとなっており、貧困層の貴重な足の筈のEkonomi列車を狙って乗る人たちにとっては、乗れる列車がドンドン限られて来ている状況。つい先日には、タンゲラン線の全列車がCommuter化され、Ekonomi列車は消滅したとか。今後Jabotabekの全線からEkonomi列車が撤退する日も近いのかもしれない。
そのラッシュ時の上りのEkonomi列車には流石に乗る気になれず、たまたまやって来たメトロ6000でコタ駅へ移動。
2bumip1040110
1日1本の珍しい架線下DC、Sukabumiから直通のBumi Geulis編成がやって来た。
東西線5000、千代田線6000、東西線05、3世代の東京メトロ車両の横並び。
2kota_metrop1040216
鉄道の仲間ではないけれど、一行の希望でTrans Jakarta1号線(コリドー1)に試乗後、Blok-Mのバスターミナルで都バスや名鉄バスの中古車に遭遇、鉄道模型の走るカフェ「Trainz」を目指してPondok Indahモールを目指すも、こちらは閉店となっており残念無念。やっぱりこういうコンセプトでは集客は難しいのかなぁ。

その後は近くのPondkRanji駅へ向かい、上りのこれまたデッキまで満員(なのにモノ売りが回って来るのが一行驚き)の客レで再度コタへ向かい、最後はMangga DuaのITCで怪しいお買い物に付き合い、最後Gambir駅から空港行きのリムジンバスに2人を乗せこみ、アテンド・ミッションは無事終了。
あー疲れたけど、こちらもすっかり楽しませて貰いました。次の任地、スラバヤではこうは行かないだろうなあ…。
2tobusp1040238
ジャカルタの都バスは、飛ばすんです・・・(没)

|

« 高く広い空の下、鉄分濃い~一日♪ | トップページ | スラバヤへ(まだ転勤ではない)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55168377

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタで一日楽しむならば。。。(鉄分の濃い方限定):

« 高く広い空の下、鉄分濃い~一日♪ | トップページ | スラバヤへ(まだ転勤ではない)。 »