« エア・アジアの世界。 | トップページ | 事故りやがった… »

2012年9月 5日 (水)

Mr. First Lastって誰よ。

ジャカルタではやっと先週着任した後任に、夕食とりながらブリーフし、今朝は早起きして空港へ直行。今日のスラバヤ行きは07:50発のQG801便、ガルーダのLCC子会社のCitilinkを使ってみる。こちらも最近まではガルーダのお古のB737-300,400ばっかりだったのが、最近は殆どが緑色の尾翼のA320に更新されているようだ。
Qga320_img2012090501837
ガルーダの青が緑の濃淡に変わり、なかなか爽やかなCitilinkのA320だが。。。

それはいいのだけれど、問題はチケット。1週間ほど前にネットで予約したとき、予約完了画面に出てきたEーticketの氏名の表記が「Mr. First Last」。ファーストネームとラストネームを打ち込むところが、何故かそのまま記載されているじゃないか。なんだそりゃ。
早速同社のコールセンターに電話して訂正を申し入れると、後で訂正した予約表をメールで送ることとなったが、これがいつまでも来ないので、事務所近くの同社の支店に出掛けて文句を言うと「ウチはただの販売代理店だからわかりません。空港のチケットセンターに行ってください」と言われてプチ切れる。そもそもおたくのネット予約システムの不備でこんなんなってるんだろう、それを片道1時間かけて空港まで来いとは何だ、なんとかしろ!と(代理店の窓口をいつまでも問い詰めても仕方がないので)その場でコールセンターと再交渉、結果、画面上は出ないけど(画面上の記載を変えるには、変更手数料20万ルピアかかるので)、システム上はちゃんと名前入れたから、そのままチェックインしてください、ということを言われていた。

で、今朝だ。案の定、チェックインカウンターのコンピュータの画面には「Mr. First Last」のまんま。一旦外に出て、発券窓口ですったもんだするうちに、どうやらどこかに落花生。の名前を発見した模様。E-ticket 写しに何か書き込んでスタンプを押し、「これでOKです。」と相成った。で、再度チェックインしてみると、ペラペラのレシート搭乗券の表記はやっぱり「Name: last/first」… これでこの便が墜落したりしたら、乗客名簿には落花生。の名前は現れないのだろうな… 
Img2012090501836
「Name:last/first」の搭乗券。次からはもう代理店で直接買うか。

|

« エア・アジアの世界。 | トップページ | 事故りやがった… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55612073

この記事へのトラックバック一覧です: Mr. First Lastって誰よ。:

« エア・アジアの世界。 | トップページ | 事故りやがった… »