« 鉄道記念日です♪ | トップページ | ジャカルタでの休日。 »

2012年9月29日 (土)

人命救助しちゃったよ。

今日はジャカルタに来てるんだけれど、
今さっき、駅で人命救助しちゃったよ。
夕方18時過ぎ、ジュアンダ駅でホームに降りた時、娘(幼稚園児くらい)の手を引いて駆け込み乗車して来た父娘連れ、父親が乗り込んだところでドアが閉まり、電車が動き出してしまった。
ここの電車、ACつきの自動ドア車でも、ラッシュ時に客が溢れるとドア開けたまんま走ってしまうから、父親の片手が挟まって娘が車外でぶら下がったままスピードが上がっても、緊急停止する気配もない。娘の足がホームと電車の間に落ちている。このまま転落したら、万一電車に轢かれたら手か足切断しかねない。目の前に時速30キロくらいに速度をあげつつある電車からぶら下がる娘が近づいてきたので、すれ違いざまにその両腕を掴みホームに引き上げた。父親は手を離したらしい。列車はそのままスピードを上げ、コタ駅方面へ走り去り、案の定車掌は安全確認なんかしちゃあいない。当初は呆然、そして泣き叫ぶ少女、あの父親はおかしい!と周りの野次馬に叫ぶ一部始終を見ていたおばちゃん。
ようやく警備らしい制服の若者2名がノンビリ現れて少女をホームの詰所に保護していったが、すぐに次の駅か電車に連絡するんじゃないのか? こっちもまだ心臓が少しドキドキしてるよ…。ともあれ、無事で何よりでした。
Tamansari2012092901951
この電車ではないけど… 運用再開した103系「東京」行き。

|

« 鉄道記念日です♪ | トップページ | ジャカルタでの休日。 »

コメント

Kazさま、
そうですよね。何が起こったのかわからず、最初はキョトンとしていた女の子も後で号泣してましたが、事態を呑み込んでいたのかどうか。

O塚さま、
全く仰るとおりです。運転席でお喋りしてる位ならホームの安全確認くらいすれば?とちょっと投書したいくらいです。ホームの警備員も、まるで他人事で、所掌事務以外の事に責任感がなさすぎる。このあたりは日本の鉄道会社を見習っていただきたいもんです。

投稿: 落花生。 | 2012年10月 4日 (木) 01時02分

お手柄でしたね。

ジャカルタの電車は扉が開いたままでも普通に走っているから戸閉連動(戸閉め知らせ灯が点灯しないとノッチが入らない安全装置)なんて切にしているんでしょうね。これまで当地で見た限り扉扱いは前で行い、閉じ操作したらさっさと首引っ込めて出発監視はおろか閉じ状態の確認すらしていないから起こるべくして起こったと言えますね。

投稿: O塚 | 2012年10月 2日 (火) 23時06分

おぉ、そんなことが。GJ!でしたね。
駆け込み乗車はホント危険…無事で良かったけど、その女の子がどれだけ怖かったかと思うと…子供にとって安心できるはずの親との外出でそんな目に遭って、親と離れてしまって。その子の心の傷が大きくなければいいんですが。

投稿: kaz | 2012年9月30日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200655/55775822

この記事へのトラックバック一覧です: 人命救助しちゃったよ。:

« 鉄道記念日です♪ | トップページ | ジャカルタでの休日。 »